睡眠中に視力回復!コンタクトを使ったオルソケラトロジーの安全性

広告ロゴ
疲労

視力が悪くてコンタクトやメガネが手放せない…。このように視力が悪くて毎日コンタクトレンズを使っている人の中には、視力回復のレーシックなどを検討している人もいるでしょう。

しかし、レーシックは怖い、失敗したら困ると二の足を踏むことも多いのではないでしょうか。そのような方には、レーシックより安全なオルソケラトロジーをお勧めします。

「オルソケラトロジー」は、睡眠中に専用のコンタクトをつけるだけで翌朝には視力が回復し、コンタクトのいらない日常が過ごせるものです。ただ、存在は知っていても詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこで、本記事では睡眠中のコンタクト装着と、オルソケラトロジーの安全性についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

オルソケラトロジーとは

コンタクト

オルソケラトロジーは、アメリカではパイロットの近視治療法として認可された安全性の高い視力回復方法で、利用者は100万人を超えると言われています。ただし、日本では、2009年にやっと厚生労働省に認可を受けて国内での製造や販売が開始されたため、比較的新しい視力回復方法として認知されています。

やり方はとても簡単です。通常のコンタクトレンズとは異なり、専用のコンタクトレンズを夜の睡眠中に装着するだけ。専用のコンタクトレンズによって角膜の形が矯正されて、昼間はコンタクトが要らないくらい視力が良くなるというものです。

睡眠中のコンタクトはダメだと聞いたけど…

コンタクトをつけたまま睡眠をして、翌朝目が痛くなったり、白くかすんでいることはありませんか。睡眠中にコンタクトレンズをしてはいけない理由の一つに「酸素の供給が減る」という理由があります。

目の角膜の下では角膜上皮細胞が絶えず再生を繰り返していますが、その再生のために必要なのが酸素です。コンタクトレンズを使うことで酸素の供給が減るのにも関わらず、睡眠中までコンタクトで酸素の供給を止めることは、角膜上皮細胞のエネルギーを止めると同じです。

長時間のコンタクト装着によって酸素が不足した角膜上皮細胞は、代わりに乳酸をためてエネルギー源としますが、角膜に乳酸がたまると、細胞が腫れて角膜の透明度が低下したりダメージを受けやすくなったりします。そうして目が痛む、白く濁るという症状が出てきますが、酷いときには充血が治らなくなったり、失明することもあります。

最近は睡眠中も連続装着できるコンタクトが出てきましたが、それでも「できるだけ睡眠中のコンタクトは外しましょう」と推奨している眼科医も多いようです。

睡眠中のコンタクトでもOKな理由

このように通常のコンタクトレンズを睡眠中に使うと、角膜の酸素不足により目に悪影響を与えると言われています。ではなぜ睡眠中のコンタクトでも大丈夫なのでしょうか。

オルソケラトロジーではコンタクトは睡眠中につけるだけで、日中のコンタクトレンズの使用は必要としていません。そのため、日中はコンタクトにより酸素供給が減ることがありません。また、オルソケラトロジーで使うコンタクトは通常のものに比べ、酸素透過率が高い専用のハードコンタクトを使用しているため、安全性は高いとされています。

レーシックと比較すると

専用のコンタクトは特殊な形状をしており、睡眠中に角膜に載せ続けることで角膜の形を変化させることができます。理論としては近視用のメガネなどと同じ仕組みで、角膜の中央部分を薄く、また周辺部を厚くすることで焦点距離を伸ばし、遠くまで見えるようにします。

レーシックの手術でも同じ理論が使われていますが、レーシックでは角膜を削り取るため、一度手術をすると再生は不可能とされています。しかし、オルソケラトロジーでは角膜を取り除いているわけでないので、コンタクトの装着を止めるだけで変化した角膜はもとの状態に戻すことができるのです。

角膜が元に戻ってしまうため、レーシックのように一瞬で変化することはありませんが、連続してコンタクトを装着することで次第に視力が上がっていきます。中には1週間で0.3から1.0と3倍になっているケースもあるのです。

オルソケラトロジーの注意点

このように安全性の高いオルソケラトロジーですが、もちろん注意点もあります。

①定期的な診断が必要
安全性の高いコンタクトを使っているからと言っても、直接目に異物を入れているわけですから、炎症や充血などのトラブルが全くないわけではありません。定期的に眼科に行って、継続的な装着で目に異常が出ていないかのチェックをする必要があります。

②装着してすぐには視力が安定しない
装着開始から1ヶ月程度は視力が安定しにくいとされています。安全性の裏返しともいえますが、すぐに一定の視力になるわけではないことを理解しておきましょう。

③不向きな人もいる
海外ではオルソケラトロジーは子供の視力矯正に利用されています。しかし、日本のガイドラインには20歳以上の使用と定義されているので、子供には使えないようです。また、睡眠時間を利用するため、睡眠時間の少ない人も向いていません。

他にも、コンタクトレンズを装着するため、角膜や網膜の病気がある人は使えません。また重度のドライアイであったり、強度の近視や乱視がある人も難しいとされています。(近視の場合、進化系のオサートが向いています)利用するときは素人判断ではなく、医師の判断に従い、適切な対応をしていきましょう。

まとめ:睡眠を活用しよう

ここまでで、睡眠中のコンタクト装着とオルソケラトロジーの安全性についてご紹介してきました。睡眠中にコンタクトによって矯正するオルソケラトロジーは、睡眠を有効活用できる効率のいい視力回復術です。

オルソケラトロジーにかかる金額は12~16万と高額です。しかし、コンタクトを購入し続けるのも意外と多くの金額がかかっていることを考えると、そこまでの金額ではないようにも感じます。

レーシックを考えている人は、より安全性の高い、効率的に睡眠を利用できる視力回復方法であるオルソケラトロジーも選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。