睡眠の悩みを改善するための病院探しの具体的なポイント

医者

睡眠障害を患ってしまったと感じた場合には、遠慮なく病院に行くことが重要です。

睡眠障害というと、軽く考えてしまうきらいがあり、わざわざ病院に行くことにためらいを感じられる方もおられます。

しかし、睡眠障害は、毎日の生活がすっきりしないなどのパフォーマンス低下というデメリットにとどまらず、ケースによっては事故の原因や背後に大きな疾患を抱えている可能性もあります。睡眠に問題を感じられた場合には、遠慮なく病院を探して治療をすることが重要です。

スポンサーリンク

様々な睡眠障害と通院の重要性

女性

 睡眠に障害には様々なタイプがあります。最もメジャーな睡眠障害としては、「夜眠ることができない」「睡眠が浅い」などの不眠症があります。一方で、その逆として「睡眠をいくらとっても眠さが取れない」「昼間、眠くて意識を失いそうになってしまう」などの過眠症などもあります。

さらに、一時期「突然死」を招くなどとして問題となった睡眠時無呼吸症候群などの病気も存在します。

 これら睡眠に関する様々な悩みや問題を総称して睡眠障害といいます。睡眠障害は実に身近な問題であり、ある調査では日本人の5人に1人程度の割合で睡眠障害を患ってしまっているという調査もあります。このように睡眠障害は私たちにとって身近な問題の一つです。

 ただ、睡眠障害というと「単に眠れないだけ」(不眠症の場合)とか「単に眠いだけ」(過眠症の場合)などの理由で、病院に行くまでもないとして放置される方も多くおられます。
しかし、睡眠障害は実は放っておくことで大変な事故を招くこともあります。

例えば、車を運転される方であれば、不眠症で集中力が低下した状態で運転をすることで事故の危険性が極めて高くなります。過眠症の方であれば、突然意識を失う(一瞬睡眠状態に入ってしまう)ことでこの危険は一気に高まります。

さらに、不眠症が実は背後にうつ病などの疾患を抱えていてその表れであったなどというケースも考えられます。このように睡眠障害は場合によっては大きな事故や病気の引き金となってしまいかねないものです。

そのため、睡眠障害を感じられた場合には、早めに病院へ向かわれることが非常に重要です。

 

睡眠障害に対応する病院の具体的な探し方

 睡眠障害を解決するための治療を行ってくれる病院の探し方の具体的なポイントは、以下のような方法となります。

インターネットを利用して探す

情報を検索するにあたって、現在もっとも有効な手段は、なんといってもインターネットです。まずはインターネットを利用して、睡眠障害の状態を治療してくれる病院を検索することが効果的です。

インターネットで睡眠障害に対応してくれる病院を探す場合のポイントとしては、(よほど重篤で病院の治療が命に関わるようなものでない限り)通院が可能な範囲を限定して検索すること、治療内容の詳細から、ご自身の症状に対応した治療をしてくれる病院かどうかを確認すること、口コミや感想が記載されている場合には病院の対応の善し悪しを確認して比較するなどがポイントとなります。

ただ、インターネットは大変便利ですが、インターネットだけの情報では説明が不十分であったり、虚実混合な内容が掲載されていることもありますので、あくまでも病院の検索、最低限度の参考程度にとどめておく(内容を鵜呑みにしない)という姿勢も重要です。

電話帳を利用して探す

次に、睡眠障害に対応してくれている病院を電話帳を利用して探すという方法もひとつの有益な方法です。インターネットの普及で電話帳を使用することが少なくなった向きもありますが、電話帳には、業種別で連絡先が一覧となっており、個人開業の病院などはインターネットよりも電話帳に連絡先を掲載している場合もあります。

そこで、電話帳を利用して、睡眠の悩み・疾患に対応してくれる病院を探すという方法も有益な方法となります。

電話帳を利用して、睡眠障害に対応してくれる病院を探す場合のポイントとしては、病院の名前に着目することがひとつの重要なポイントとなります。つまり、睡眠障害を専門に診察をしている病院であれば、「○○睡眠外来専門」などの形で、病院名に睡眠障害を専門として扱っている旨の名前が入っている場合が比較的多くあります。

病院名に睡眠障害に対する治療専門の旨を記載しているのですから、その道の専門として確立している病院である可能性が高く、ご自身の睡眠の悩みに対応してくれる治療を扱っている可能性が高くなります。このような睡眠障害を専門に扱っている旨の記載がある病院は要チェックということができます。

一般には、神経科や精神科、心療内科などが睡眠障害を扱っていますので、近隣に専門的な名前の病院が見つからない場合には、精神科や心療内科などの病院を探すこととなります。

電話帳で検索する場合のメリットでありデメリットである点として、1件1件電話をして現在の症状に対して治療を行ってくれるかを確認する必要があるというポイントを挙げることができます。

1件1件電話で尋ねることは手間がかかってしまうというデメリットと同時に、受診の可能性を電話越しに確認することができるというメリットが生じます。そのため、電話帳で病院を探す場合には、1件1件電話をかける手間と同時に、症状をしっかりと伝えて無駄足を省くことができるというメリットとデメリット双方を考慮することが重要です。

・低反発 枕 マクラ ふんわり低反発枕 まくら 48cm×30cm
midoriya22
売り上げランキング: 6,614

まとめ:病院の治療で快適な睡眠生活を

ここまで述べましたことを簡単に箇条書きでまとめさせていただきます。

  • 睡眠障害には不眠症や過眠症など様々な症状があります
  • 睡眠障害は、安易に放置しないで早めに病院へ行って受診することが重要です
  • 睡眠障害に対応してくれる病院を探す場合、インターネットを利用すれば様々な情報をすぐに入手できる反面、情報を鵜呑みにしないことが重要です。
  • 電話帳を利用して病院を探す場合には、病院名に着目することで効果的に睡眠障害を取り扱ってくれる病院を探すことができます。この場合には、電話でご自身の症状を伝えて、その症状に対応した治療をしてくれるかどうかを確認することが重要となります

睡眠障害は「国民病」の一つといっても過言ではないと、私は思います。睡眠障害を感じた場合には気軽に病院を探して治療を受けることで快適な毎日を取り戻すことができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment