Home / 健康 / 健康全般 / 睡眠 / 意外に危険!ブルーライトに伴う睡眠障害を防ぐ方法
PC操作
PC操作

意外に危険!ブルーライトに伴う睡眠障害を防ぐ方法

PC操作する男性

近年、ブルーライトと睡眠障害の関係が話題となっています。

ブルーライトというのはパソコンや薄型テレビ、スマートフォンなどに使用されている青色領域の光のことで、紫外線に近い光だと言われています。太陽の光の中にも含まれているため、すべてをカットする必要はありません。また、体や意識を目覚めさせたり、体内時計を調整したりなど良い働きをするものでもあります。

それなのにどうしてブルーライトが睡眠障害のような体調不良の原因を作ってしまうのでしょうか?それは、私たちの使い方にあるのです。ブルーライトを長時間見続けることによって目の疲れが誘発され、脳も疲れを感じ、疲れているのによく眠れないという状態に陥ってしまうのです。

このようなことを避けるためには私たちの側にも努力が求められます。ではパソコンやテレビ、スマートフォンなどを有効活用しながらも、目を守ってより良い睡眠を得るためにどうすることができるか、ご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ブルーライトで目を痛めないための対策方法

ブルーライトをあびて寝る男

最近では職場や学校でスマートフォンやタブレットを持っている人たちは非常に多くなっており、逆に持っていない人たちの方が少ないくらいの時代です。

また、パソコンを仕事にしている人たちや、パソコンが主な業務ではないけれども仕事データの整理などはすべてパソコン、というような会社がたくさんあります。ですから、良い睡眠が取れないという理由でブルーライトを完全に避けることなど到底できませんし、そうする必要もないことでしょう。

ではどのようにこのブルーライトと共存していくことができるのでしょうか?この記事で幾つか取り上げてみたいと思います。

ブルーライトと共存して睡眠障害を防ぐアイデアその1:時間を決めて電子機器を使う

ブルーライトによる睡眠障害を防ぐ最初の方法は時間を決めて電子機器を使うということです。もちろん仕事の時間は決まっていますので仕事でパソコンやその他の電子機器を使って帰ってきた場合、目はかなりの疲れを感じているはずです。

そこにプラスして、時間の際限なくテレビを見たりスマートフォンを使ったりしているなら、目はどうしようもないほど疲れてくることでしょう。こうなってしまうと、いざ寝ようと思った時に寝付けなくて睡眠障害の原因となってしまいます。また寝る時間も遅くなってしまうと思いますのでますます睡眠時間が短くなり、疲れが取れにくくなります。

寝る前の何時間か前からは電子機器を使わないと前もって決めておくなら、ブルーライトによる睡眠障害を防ぐことができることでしょう。

ブルーライトと共存して睡眠障害を防ぐアイデアその2:ブルーライトをカットする眼鏡を使う

最近巷で話題となっているブルーライトをカットする眼鏡をご存知だと思います。実際に使っておられる方も多いことと思いますが、効果は絶大です。

まず朝起きた時の目覚めが違います。毎日普通の眼鏡でパソコンの仕事をしていると、目の疲れがたまり気分が悪くなってきます。そして夜の睡眠もしっかりとれていないので朝起きた時に疲れが取れていないことを感じます。しかし、ブルーライトをカットすることのできる眼鏡を使用するなら、前の日に長時間パソコンを使ったとは思えないほどすっきりとした目覚めを経験できます。ブルーライトを常に見ていなければならない仕事をしておられる方は、この眼鏡を必ず付けた方が良いでしょう。

とはいえ、この眼鏡はブルーライトを100%カットできるわけではありません。長時間パソコンを使っていなければならないとしても、「この眼鏡をかけているから大丈夫」と思うのではなく、目を痛めて良い睡眠を奪われてしまわないようにこまめに休憩しましょう。

またものよってはただ単に視界を暗くするだけの眼鏡もあるようです。「安物買いの銭失い」とならないように、パソコン専用眼鏡を選ぶ際には質の良いものを選びましょう。

ブルーライトと共存して睡眠障害を防ぐアイデアその3:モニターのバックライトを弱める

大抵のパソコンやスマートフォン、テレビなどには画面の明るさを調整する機能がついていると思います。ブルーライトで目を痛めないために、この明るさを少し暗めに調整しましょう。

少しまぶしさが軽減されると思いますので、ブルーライト対策として効果的だと思います。

まとめ:自分なりに工夫をしてブルーライトとうまく共存し、質の良い睡眠を摂りましょう

ブルーライトとうまく共存し、より良い睡眠を得るための方法を幾つかご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?ブルーライトは現代社会になくてはならない光です。とはいえそれを効果的に活用できるかは私たちにかかっています。この記事を参考に自分なりの工夫をなさって、ブルーライトで睡眠を妨げられないようにしてください。

スポンサーリンク

Check Also

寝室

快適なベッドルームにするためのコーディネート術

一日の疲れを取るためのベッドル …

2 comments

  1. Thanks so much for the article post.Really thank you! Great.

  2. You’re so cool! I do not believe I have read anything like this before. So nice to find someone with some genuine thoughts on this topic. Really.. thanks for starting this up. This web site is something that is required on the internet, someone with some originality!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です