睡眠中にビクッとなるのを防ぐ4つの方法

居眠り

会社の昼休みに仮眠をとろうとウトウトし始めたら体がビクッ!、電車で居眠りをしていたら体がビクッ!周りの人にクスクス笑われてしまい、気持ちの良い居眠りが台無し…そんな経験をされた方は多いのではないでしょうか。また夜、布団の中でも夢うつつになりながらも、体がビクッとして起きてしまったという方もいらっしゃるかと思います。実はこの現象、人間の生理現象の1つなんです。

本記事では、睡眠中にビクッとなる現象とはいったい何なのか、その原因と、睡眠中にビクッとなるのを防ぐための4つの方法をご紹介します。よく寝ている最中にビクッとなってしまうという方は、本記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

睡眠中の「ビクッ」そのメカニズムとは?

電車内

睡眠中に体の一部がビクッと動く現象、一般的に「睡眠時ひきつけ」、「睡眠時ぴくつき」、「ジャーキング」などと呼ばれています。この現象は、医学的にも証明されている一種の生理現象なのです。この生理現象は、誰にでも起こるとされておりますが、大人になってから経験をしたという方が多いようです。また、約6割から7割の方が一生のうちに一度は経験をするといわれています。

それでは、なぜこのような現象が起きるのでしょうか。
私たちの体は睡眠に入るとき、筋肉がだんだんと休み始め弛緩状態になります。そして脳は、覚醒状態から睡眠への状態へと移り変わります。しかし、このときの脳の状態は安定しておらず、起きているときと脳が勘違いをし、突然指令を出します。すると、あの睡眠中のビクッとなる現象が起きてしまうのです。

睡眠中のビクッとなる現象は、「脳の錯覚」が原因だったのですね。しかし、睡眠中のビクッとなる現象は全ての方に起こるわけではありませんよね。では、なぜ一部の方だけに起こるのでしょうか。次に、その原因をみていきましょう。

「ビクッ」となる現象の原因とは?

睡眠中のビクッとなる現象は、一般的に次の5つが原因と考えられています。

  • 「1」睡眠不足
  • 「2」疲れがたまっている
  • 「3」ストレスがたまっている
  • 「4」睡眠中の環境がよくない
  • 「5」なんらかの疾患によるもの

「1」から「4」が原因で、睡眠中にビクッとなる場合、あくまで一時的なものなので問題はありません。しかし、「5」の「疾患によるもの」が原因である場合、とても危険です。
睡眠中にビクッとなる現象は、「周期性四肢運動障害」や「こむら返り」、「睡眠てんかん」などといった病気の場合にあらわれるといわれています。ずっと睡眠中にビクッとなる現象が治らず長期的に起こる場合は、病院で詳しく診断してもらうことをお勧めします。
それでは次に、上記の原因に基づき、睡眠中にビクッとなる現象を防ぐ方法についてご紹介します。

睡眠中にビクッとなるのを防ぐ4つの方法

睡眠中にビクッとなるのを防ぐ4つの方法とは、次の通りです。

  • 食生活を見直す
  • カフェインは控える
  • 夕方以降の運動は控える
  • ストレスをためない

では次に、上記の4つの方法について詳しくご案内します。

食生活を見直す

体の疲れが原因の場合、栄養のあるエネルギーがあるものをしっかりと摂取しましょう。たんぱく質が豊富で脂質が低いものを選ぶと良いですよ。肉類や魚貝類、乳製品や豆類などをバランス良く摂りましょう。鶏のささみ部分や豆腐、低脂肪の牛乳などがおすすめです。

カフェインは控える

睡眠中にビクッとなる現象は、まだ詳しくは解明されていないのが現状ですが、コーヒや緑茶などに含まれているカフェインが、この現象を引き起こすともされています。カフェインは脳を興奮させ、眠りを妨げるという効果もあるので、就寝前にカフェインの摂取は控えましょう。

夕方以降の運動は控える

睡眠中にビクッとなる現象は、体の疲れが原因となることは前述でも述べました。そのため、夕方以降の運動は控えましょう。日が昇ると、人の体は活動的になります。一方で日が沈むと、人の体は休む準備をします。その際に運動をすると体は疲れてしまうため、運動はできるだけ朝方に行いましょう。

ストレスをためない

体の疲れに大きく影響するのがストレスです。精神的に疲れてしまうと、睡眠の質を大きく妨げます。結果、ご自身で睡眠中にビクッとなる現象を起こしやすくしてしまいます。週末は、ストレス発散のためにご自身の趣味や、やりたいことに時間を費やしましょうね。

まとめ:日ごろのご自身の生活を見直してみましょう

本記事では、睡眠中にビクッとなる現象とはいったい何なのか、その原因と、睡眠中にビクッとなるのを防ぐための4つの方法をご紹介してきました。もう1度、その4つの方法についておさらいしましょう。

  • 食生活を見直す
  • カフェインは控える
  • 夕方以降の運動は控える
  • ストレスをためない

頻繁に睡眠中ビクッとなるという方は、一度ご自身の生活を見直してみましょう。きっとそこに原因があるはずです。そして疲れた体と心を癒して快適な睡眠を実現し、睡眠中にビクッとなる現象を改善してくださいね。規則正しい生活を送ることが、睡眠中にビクッとなる現象を治すための近道です。そのために、本記事がお役に立てれば大変嬉しいです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment