どうしても眠い!生理前に襲われる睡魔の原因と対策

おかし女性

 
生理前や生理中は異常に眠い、という女性は結構多いようです。中には気絶しそうなくらいの眠気に襲われたりする人もいるそう。大事な会議や試験と重なると本当に困ってしまいますね。ましてや毎月のことだからやっぱりどうにかしたい。

こちらでは、生理前の襲われる睡魔の原因と対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク


生理前に眠くなる理由

月経関連過眠症

コーヒーを飲む女性

生理前や生理中に、どうしようもなく眠気を感じる人は少なくないようです。これは「月経前症候群(PMS)」の症状の1つで「月経関連過眠症(月経前過眠症)」と呼ばれているものです。

これには、2つの女性ホルモンが大きく関係しています。女性の生理周期は、おもに「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンによってコントロールされています。2つのホルモンのうち睡眠に関係しているのは、プロゲステロンです。排卵が終わると次の生理までの約2週間、卵巣から出るプロゲステロンの分泌が増えます。このホルモンは、もともと妊娠しやすいように体を休めさせる役割があります。生理直前にひどく眠気を感じるのは、このプロゲステロンの力によるものなのです。

実際に月経が始まってプロゲステロンの分泌が減っても、眠気はすぐには治まりません。特に経血量の多い前半は、睡眠中に生理用ナプキンから漏れるのではないかと、なんとなく心配で寝返りを避けたり、月経痛やイライラ感、だるさなどに悩まされたり、安眠できない人が多いのが現実です。ふだんから栄養が不足して貧血気味であったり、睡眠不足気味であればなおさらのこと。眠気が増し、集中力が欠けて頭もボ~ッとしてしまうのです。

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)の他の症状も眠気を誘う原因になります。この時期は生理から排卵までの期間に比べると、プロゲステロンの働きにより0.6度ほど体温が上がります。また、体もむくみやすく、ほてりがちです。黄体ホルモンの働きによって腸管から水分が引かれるので便秘になりやすい時期だったり、また、気分も変動しやすく、イライラしたり落ち込んだりが激しいという人も。甘いものについ手を伸ばしてしまいがちなのもこの時期です。このようなことが引き金となり、さらに寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりと睡眠の質が悪くなってしまう人もいます。

生理の眠気対策

眠気があまりにひどい場合、婦人科に相談に行くとピルを勧められると思います。排卵を起こさせないようにすれば強い眠気はなくなりますが、副作用などの心配もあって抵抗がある人も多いですよね。そんなときは、まずこうした対処法をやってみましょう。

下半身を温める

下半身を温めると女性ホルモンの分泌バランスが良くなり、ホルモンバランスが正常になれば、生理時の困った症状がなくなってきます。なので、普段から下半身を温めることを心がけてみてください。お風呂もぬるめのお湯にゆっくり浸かり、体の芯までしっかりと温めましょう。

ツボ押しをする

眠気がでたら手のツボを押すと効果的です。中指の爪の、人差し指側の生え際から2ミリ程度下にある「中衝」。逆の手の親指と人差し指で、中指をつまむようにして強めに押しましょう。「合谷」は手の甲側の、親指と人差し指の間、筋肉が盛り上がっているところにあります。逆の手の親指と人差し指で挟むこむようにして強めに押すのがポイントです。

鉄分をしっかり摂る

鉄分が不足すると脳に酸素が回らなくなって眠たくなるんだそう。そんな時はサプリや食事で鉄分を補給してみると、たいぶ違ってくるんだそうです。夜に摂れば朝がとってもラクになります。

ビタミンB6も大事

これはニンニクを食べるのがオススメ。ビタミンB6は月経前症候群の解消に効果的だと言われていますが、このビタミンB6をたっぷり含んでいるのがニンニクなんです。臭いが気になる方はサプリメントを摂るのもオススメです。

カフェインの摂り過ぎに注意

眠気覚ましに良いからといってコーヒーなどのカフェインを摂り過ぎてはいけません。カフェインを過剰摂取してしまうと、ホルモンバランスを崩す要因となってしまいます。ほどほどにしておきましょう。

生活リズムを整える

普段から生活リズムを整えるのも大事です。早寝早起きや軽い運動などで体を健康に保ちましょう。そして、つらいときこそ無理は禁物。女性ホルモンにより、からだに「休め」のサインが出ているこの時期はストレスをためないよう、余裕のあるスケジュールを組むなど工夫しながら過ごすと良いですね。

まとめ:生理前の睡魔を追い払おう

生理前や生理中に感じる眠気はホルモンの関係で起こるもので、「月経前症候群(PMS)」の症状の1つです。病院でピルを処方してもらうのも良いですが、対処方法をおさらいしておきましょう。

  • 下半身を温める
  • ツボ押しをする
  • 鉄分をしっかり摂る
  • ビタミンB6も大事
  • カフェインの摂り過ぎに注意
  • 生活リズムを整える

生理は毎月避けて通れないもの。この記事を参考に、睡魔を追っ払って上手に乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment