スギやヒノキだけではない、5月から始まる白樺花粉症

白樺

花粉症と言えばまず思い浮かぶのがスギやヒノキの花粉症ですが、北海道にはスギやヒノキはあまりありません。北海道で花粉症を引き起こすのは白樺の木から飛散される花粉によるものが多いのです。

白樺花粉症、本州以南の人にはあまりなじみの無い言葉ですが、北海道ではこれが問題となっています。

白樺花粉症の特徴や注意点とは?

スポンサーリンク

白樺花粉症のシーズン

白樺の木が花粉を飛ばしだすのは丁度ゴールデンウィークから6月の初めころまでです。

この時期本州~九州の地方では梅雨で湿気が多いため花粉の飛散は少なくなりますが、梅雨の無い北海道ではこの白樺花粉症のピークシーズンとなります。

4月の中旬頃に温かい日が数日続くと白樺花粉症のシーズンが始まります。

白樺花粉症の対策

白樺花粉症の特長として、温かい晴れた日ほど花粉の飛散量が多くなります。これはとても分かりやすい例で、その日の天気予報で花粉の飛散量がだいたい予測できます。温かく晴渡った日は白樺の木にはあまり近寄らないようにしましょう。

その他の白樺花粉症に対策はスギやヒノキと同様にマスクやメガネなどで花粉が体内に入るのを防ぎましょう。通常のマスクやメガネで体内に侵入する花粉の量は3分の1まで減らす事が出来ます。花粉症用のマスクとメガネでは6分の1まで花粉の量を減らす事ができます。

外出から戻ったら家の中に花粉を入れないように注意しましょう。玄関先で衣服にや髪の毛に付いた花粉を払い落し、帰宅後はなるべく早めに入浴を済ませ、花粉を洗い流しましょう。

白樺花粉症の特長

白樺花粉症には他の花粉症には見られない特徴があります。それは白樺花粉症患者の何割かは口腔アレルギー(果物過敏症)を併発してしまうという点です。

口腔アレルギーの人が特定の果物を食べると口の中が痒くなったり腫れたりします。重症になると吐いたり呼吸困難に陥ったりしてしまうので注意が必要です。

白樺花粉症で口腔アレルギーを併発してしまった人が食べないほうが良いと言われている果物はサクランボ、キウイ、梨、イチゴ、メロン、桃、プラム、リンゴ、柿などです。科にもニンジンやセロリ、クルミに反応して口腔アレルギー症状が出る人も居るので、食べないほうが良いとされる食べ物も人それぞれです。原因はカバノキ科の植物の花粉のたんぱく質とこれらの果物のたんぱく質が良く似ていることからおこります。

また白樺花粉症の人の中には豆乳によってアレルギー反応が起きる事例が報告されています。健康志向が高まり牛乳に代わって豆乳を飲む人が増えていますが、白樺花粉症の人がはじめて豆乳を飲んで入院に至ったケースも報告されています、特にアレルギー体質のお子さんがはじめて豆乳を飲む時は少しだけ飲んで様子を伺うなどの対処が必要です。

北海道だけではない白樺花粉症

白樺花粉症は何も北海道に限った事ではありません、白樺の木は北海道以外にも自生しています、また白樺花粉症の人が反応してしまうカバノキ科の植物も多くあります。

カバノキ科の植物で白樺花粉症の人が反応してしまう植物ではオオバヤシャブシ、ハンノキ、イチゴなどがあります。

白樺花粉症を改善していくには

白樺花粉症に限らず花粉症を改善していくには様々な方法が考案されていますが、即効性のある具体的な方法は見つかっていません。病院で抗体を注射していくにもショック反応などの危険が伴います。

白樺花粉症などのアレルギー体質を改善するにあたっては、体質そのものを少しずつ改善していく他に今のところ方法はないと言えます。アレルギー体質の改善方法については様々なメディアデでも紹介されていますが、免疫力の高い健康的な体を作っていくしかありません。免疫力を高めるにはバランスのとれた食事や充分な睡眠、運動などが必要となります。また最近注目の集まる薬効の高いお茶などで足りない栄養要素を補ったり、注目の栄養素で抗酸化作用・抗アレルギー作用のあるポリフェノールを意識的に摂取する事も効果的と言えるでしょう。

白樺花粉症対策を万全にして気持ちの良い初夏を

スギやヒノキがほとんどない北海道にまで及ぶ花粉症患者、現在日本人の25%が花粉症といわれており、国民病と言われるまでに拡大してしまいました。先述したとおり花粉症の対策は、まずは花粉の多い場所に行かない事、室内に花粉を持ちこまない事など、マスクやメガネで実を守る事、花粉症に強い体を作っていく事でしかありません。

白樺花粉症対策を万全にして、気持ちの良い初夏を過ごして下さい。

5月から始まる白樺花粉症のまとめ

  • スギやヒノキがほとんど自生していない北海道で問題となっているのが5月から始まる白樺花粉症。
  • 白樺の花粉は晴れた日ほど飛散量が多くなる。
  • 白樺花粉症の人が併発しやすい口腔アレルギーに注意!
  • 白樺花粉症の人が豆乳アレルギーを併発した事例も報告されている。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment