寝苦しい夏の夜をのりきろう!! 涼しく眠れるひんやり寝具の選び方

広告ロゴ
月

夏の熱帯夜は、寝苦しくてツライですね。睡眠が充分に取れないと、体力が低下し免疫力が落ちて、さまざまな病気の原因ともなります。しかしエアコンをつけっぱなしにして眠ると体がだるくて疲労がたまってしまいます。

本記事では、夏を涼しく乗り切れるようなスグレモノの寝具をご紹介していきます。どういう素材の寝具が夏には適しているのか、またどんなアイデアグッズの寝具があるのかをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

涼しく眠れる夏の寝具を選ぶには!?

思う

夏の寝具を選ぶときに大切なことは吸湿性と発散性の高い素材、熱をこもらせず拡散させる効果のある寝具を選ぶことです。

夏が寝苦しいのは、背中の湿度が80%以上になることがあるからです。発汗量も普通より多くなるので、不快を感じて安眠ができなくなってしまうのです。夏の快眠の秘訣は、背中をさわやかな状態に保つことによって、ほぼ解消されます。

朝までぐっすり安眠するために、夏に適した布団、シーツ、タオルケット、枕などをそれぞれご紹介していきますので自分に合った寝具を探してみてください。
優れた快眠寝具を手に入れて、脱・熱帯夜を目指しましょう

夏でもやはり羽毛布団

「え? 羽毛布団は、冬には確かに暖かいけれど、夏は暑いんじゃないの?」
と思っている方はいませんか? 実は羽毛は、冬は暖かく夏は涼しい、吸湿発散力がもっとも高い布団素材なのです。

寝具には、薬品、樹脂を使用していない天然素材が一番適しています。天然素材には植物繊維と動物繊維がありますが、布団には特に動物繊維が良いと言われています。そして寝具に必要な機能をすべて満たしているのが水鳥の産毛なのです。冬はもちろん保温性があり、夏でもむれずにさわやかなのが羽毛布団です。

暑い夏の夜にオススメのシーツ

やはりシーツも天然素材の植物繊維、「麻」(リネン)がオススメです。
ポリエステルなどの化学繊維に比べ、植物繊維の綿も吸水性はありますが、さらに麻は、放熱性にも優れ、汗や火照りをすばやく吸収、発散してくれます。麻の敷き寝具をマットレスの上などに敷くと、背中のむれも防いでくれるので気持ちが良いです。

また麻の他にも、吸湿性と通気性のある、いぐさのシーツがお勧めです。硬めなので好みにもよりますが、体との間にわずかな空間ができるので、涼しく感じられるのが良いですね。

やっぱりヒンヤリ敷きパッド

敷布団とシーツの間に敷くのがパッドですが、暑い夏の夜には、汗を吸い取ってくれる有難い寝具ですね。やはり素材としては、麻や綿などの天然素材がオススメです。さらさらとした手触り感のキルトなどが人気のようです。洗濯機で丸洗いができるのも嬉しいですね。

また最近では、冷却ジェルの入ったジェルパッドも人気ですね。ただ表地は麻や綿でも裏地にはポリエステルを使っているものをあるので、素材を確かめて購入することが大切ですね。

夏と言えばタオルケット

タオルケットは綿がおススメです。さらにパイル状のタオルケットは、吸水性がさらに優れ、放湿性も増します。やわらかいタオルケットの肌触りは気持ち良いですね。夏は薄着で眠るので、肌に直にあたるものは感触が大事ですね。

夏掛け寝具としては、他にはガーゼとタオルの両面を利用できるものがあります。ガーゼは新生児の衣類や寝具にも適している素材なので、肌触りが最高です。

夏でも安眠できる涼しい枕

そば殻の枕は、吸湿性が優れていて、暑い夏には最適です。またストロー状のパイプが小さく切られて入っている枕も、通気性が抜群で温度上昇も少ないのでオススメです。硬めの枕の好きな人には良いですね。

また最近では、竹の枕が人気です。通気性が良いので、頭のむれを防いで快眠できるようです。竹の枕やそば殻の枕などの植物性の天然素材の寝具は、害虫がつきやすいというデメリットがあるので、できるだけ頻繁に日向干しを心がけましょう。

その他の夏の寝具のスグレモノ

枕の代わりに冷却ジェル枕や氷枕で頭を冷やすと、脳の深部体温が下がり眠りやすくなります。また氷枕の代用としては、乾いたバスタオルを冷凍庫に冷やしたものを使ってもOKです。

またジェルマットや立体メッシュ、送風マットなどいろいろな夏対策の寝具が開発・販売されているので、自分の睡眠状態にマッチしたものを選んでください。

まとめ:夏の夜を乗り切る快適な寝具を選びましょう

本記事では、夏の寝具の選び方をご紹介して来ました。寝具によって素材などの選び方が違うので、もう一度簡単にご説明しておきます。

  • 夏の寝具、布団は動物繊維の羽毛布団がオススメ
  • 夏のシーツは、麻100%がオススメ
  • 夏の敷きパッドは、吸湿性の優れた綿や麻の天然素材がオススメ
  • 夏掛けのタオルケットはパイル状の綿やガーゼがオススメ
  • 夏の枕は通気性の良いものがオススメ
  • 自分に合った安眠グッズを選びましょう

夏の快眠は、暑さとの闘いです。いかに気持ち良く眠れる寝具を選ぶかが大切です。やはり化学繊維よりも天然素材の寝具の方が吸湿性、通気性に優れていますね。寝具を購入するときは、必ず素材のチェックをしましょう。また冷却ジェルなどを上手に工夫して利用し、熱帯夜を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。