雲の上のようなふわっふわな寝心地、シモンズベッドの評判と口コミ

広告ロゴ
ホテルの部屋

帝国ホテルやウェスティンといった高級ホテルで使われているベッド、通称「ヘブンリーベッド」をご存知でしょうか。ベッドメーカーシモンズの名を世界に轟かせた究極な寝心地のベッドの事です。 数多くの有名人に愛用され、日本の約30%が使用していると言われています。

人気があるので、百貨店以外でも量販店や家具屋さんでも売られています。アメリカのメーカーではありますが、実は日本で販売されているシモンズのマットレスやベッドなどは日本製で、なんと静岡の工場で作られています。今回はシモンズのベッドの人気の秘密と口コミの評判をしらべてみました。

スポンサーリンク

シモンズベッドの特徴

ベッド

シモンズの製品にはAAとBBRというシリーズがあります。 AAは世界の標準としたマットレスです。色んな性別・人種・体格などすべての方に満足していただけるスタイルになっています。 全世界の統計を取ると約70%の方が柔らかいタイプを好む傾向にあり、詰め物を改良して、特別の柔らかさを手に入れました。

(AAシリーズでもハードタイプのものもあり、一概にすべてが柔らかいというわけではない。)表面の生地はベルギー産の縫製を使用しており、滑らかな肌触りはすべての人に満足のいく心地よさを提供しています。

モデルとなった人物像が日本人の平均体形より大きいため日本人には若干、バネの反発力やキルティングが大きいとなります。しかし柔らかさは世界基準の為、大柄の方を基準にバネの反発力を決めていますので体重の軽い日本人には特に底に付く感じがなく、ふわふわとフィットして柔らかい眠りを体験できます。

BBRシリーズは”日本人”を標準に考えたマットレスになります。 長い間、板の間・畳などで寝起きしてきた日本人は骨格に大きな違いがあり、柔らかいマットレスでは腰痛や肩こりの症状が治りにくいと言われています。(こちらも一概に柔らかいマットレスが原因ではありません。その人によって合うマットを選んでいないから起こる症状です。)

BBRシリーズは畳を見本として、少し固めのマットレスを製造しました。中に入っているポケットコイルはどちらも同じですが詰め物に大きな差があります。コイルは圧縮と反発を調整してハードタイプからソフトタイプまでを用意しました。生地は日本製の縫製で特に畳の感覚を表現するために細かいキルティングを施しております。日本限定のシリーズとなっています。

シモンズベッドの評判

シモンズのマットレスは口コミで見てもかなり評判がよく、揺れがきにくいので、ダブルなどで二人で寝る人には特におすすめです。一度寝ると忘れられない寝心地と有名人が多く愛用するのもうなずけますが、値段の高さがネックになっています。

百貨店以外の量販店で買うと驚く様な割引率で購入できるという裏情報もネットに乗っていますので、購入する際は、まず初めにギャラリーやショールームでベッドに触れて、その後購入場所をネットで検討するといったパターンが数多く見かけます。

シモンズベッドのショールームには2種類あり、メーカーが直接運営に携わるシモンズショールームとギャラリーと2つあるようです。日比谷シモンズギャラリー、札幌シモンズギャラリー、広島シモンズギャラリーなど幾つか全国ににはギャラリーがあります。

最も評判が高いのは日比谷と大阪、名古屋などの主要都市にあるシモンズギャラリーです。これは、生活スタイルの点で新築や新しく購入したマンションなど、インテリアコーディネートの検討に多く活用されているようです。

ショールームは、エリア別にあるため、北関東、北陸など地方に多く、優待では予約制を取っており、ゆっく製品の説明を受ける事ができます。東京では伊勢丹や高島屋、島忠などが正規取り扱い店になっています。

シモンズベッドの口コミ

「マットレスの寿命は約10年と考えると、耐久性でシモンズのは上位だと感じてます。腰痛の方に特にお勧めです。」 「シモンズはダブルクッションが良いです。一度寝ると手放せません。」 「某ホームセンターで売られているのは、非正規品らしいけど、ちゃんと違いを教えてくれました。」 「島忠のものは、”島忠モデル”というらしいよ。」 「良いけど高い!!ホームセンターでも29万以上かぁ、やっぱり二の足を踏んじゃうなぁ。」 寝心地に関しては、悪い評価は殆ど聞かれません。

ホテルで使われるだけの品質に間違いはないようです。ただ値段が高く、マットレスだけでも7~8万という値段に躊躇する方は多いようです。ただ、マットレスの厚みは30センチもあるため、カバーに関しては選択肢は限られているようです。

まとめ

いかがですか。耐久性も寝心地も抜群のシモンズベッド。雲の上の寝心地が10年以上続くなら、購入する価値はありそうです。多くのギャラリーや百貨店で寝心地を試せるので、一度いかれてみてはいかがでしょうか。値段が高いとの評価が多くありましたが、ネットで激安情報もでていますので、こまめに探せば欲しいベッドが格安で手に入るかも知れません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。