腰が痛くて眠れない!腰痛がある場合の敷布団の選び方のポイント

広告ロゴ
座る

腰痛は現在では一種の国民病となっているということができるほど広く蔓延しています。腰痛がある場合には敷布団に配慮することで心地よい睡眠をとることが可能となります。腰痛がある場合にはどのような敷布団を選べば良いのでしょうか。

また、腰痛といっても、その症状は慢性のものに加えて、ヘルニアなどにより腰痛があるケースもあります。ヘルニアによる腰痛の場合にも敷布団の選び方は配慮されることが大切です。本稿では腰痛がある場合の敷布団の選び方のポイントについてまとめていきます。

スポンサーリンク

腰痛持ちの方にとって敷布団選びはとても大切

見て

私たちは毎日、体を敷布団にあてた姿勢で眠ります。この当たり前のことが腰痛をお持ちの方にとっては、とても大変な問題となります。

腰痛持ちの方にとっては敷布団選びによっては朝起きた時に腰痛が一層ひどくなってしまうこともあります。一方でご自身の腰痛に適した敷布団を選べば、それだけで安眠することが可能となります。腰痛持ちの方にとって敷布団選びは毎日を気持ちよく過ごすことができるかどうかの非常に重要な「キーポイント」となります。

腰痛持ちの方は一体どのような基準で敷布団を選べばよいのでしょうか。腰痛の症状は、慢性のもの、急性のもの、あるいはヘルニアによるものなどケースバイケースですので、あくまでも一般論ではありますが、以下のようなポイントに配慮して敷布団を選ばれることがおすすめできます。

腰痛と敷布団選びのポイント1-慢性腰痛の方は柔らかい敷布団はNG!

まず、慢性的な腰痛の方は、あまり柔らかい敷布団を使うことはおすすめすることができません。慢性腰痛の場合、柔らかすぎる敷布団はNGということができます。

柔らかい敷布団の場合、横になることで臀部(お尻)から腰までが敷布団に深く沈み込むことになります。そのため、腰が反ってしまう姿勢で睡眠をとることになるので、腰にさらに負担がかかり、腰痛がひどくなってしまいます。

慢性的な腰痛をお持ちの方は敷布団は、柔らかすぎないものを選ぶということが重要となります。(一見すると柔らかい敷布団は負担がかからず健康に良いような感触を感じてしまうので、注意したいポイントと言えます)

腰痛と敷布団の選び方のポイント2-ヘルニアの場合は専門寝具店も検討を

次に、ヘルニアによる腰痛持ちの方は、敷布団の選び方はさらに重要となります。ヘルニアとは、体の臓器などが本来あるべき場所から別の場所に飛び出してしまっている状態をさしますが、腰のヘルニアの場合には、椎間板という腰の骨の間のクッションが飛び出して神経を圧迫してしまっている状態です。そのため、神経が圧迫され、ひどい痛みを伴う腰痛となることもあります。

ヘルニアによる腰痛の場合には、ヘルニアの治療をすることで腰痛を解消することがもっとも重要と言えます。しかし、それと同時に、敷布団に配慮し、毎日の安眠を確保することも重要と言えます。

ヘルニアの方向けの敷布団としては、専門の寝具販売店を尋ねてみることがおすすめできます。ヘルニアによる腰痛に対しては、一般に販売されている敷布団では当然対応していませんので、寝具専門店でヘルニアによる腰痛の方向けの敷布団を探されることがおすすめできます。

ヘルニアによる腰痛対策の敷布団としては、例えば、低反発の敷布団などが効果的と言われます。

ただ、一般にヘルニアによる腰痛に良いと言われる敷布団であってもそれぞれの症状に対して必ず有効な敷布団であるとは限りません。ヘルニアの症状の程度、重さは人それぞれとなるので、「ヘルニアに良い」とめいうっている商品でもご自身に合うかどうかは別問題であるためです。

ヘルニアによる腰痛対策効果がある敷布団は、必ず、ご自身が横になるなどして試された上で購入されるか、返品可能なものを購入されることが賢明と言えます。

腰痛の場合には敷布団以外の寝具にも配慮してみることと根本的な治療を

また、腰痛をお持ちの場合、敷布団以外の寝具に配慮されることも効果的と言えます。例えば、敷布団以外では抱き枕が慢性の腰痛の場合にはおすすめできます。

抱き枕は体重を分散させて腰にかかる負担を軽いものにします。また磁器マットなども効果的です。腰痛に対して敷布団をどうするか、寝具をどうするかということは根本的な解決方法ではなく、心地よく毎日眠るためのひとつの手段と言えます。

敷布団などの寝具に配慮しながら腰痛を根本的に治療する方法を考慮されることが大切です。

まとめ:腰痛と敷布団のまとめ

以上、本文で述べました腰痛と敷布団に関するポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 慢性の腰痛の方の場合、敷布団は柔らかすぎないものを選ぶことが大切です。柔らかすぎる敷布団は腰部の負担を強めてしまい、腰痛の症状を悪化させてしまうことにつながります
  • ヘルニアによる腰痛の場合には、寝具専門店でヘルニア専用の敷布団を探されることもおすすめできます。ヘルニアによる腰痛に対応した敷布団は寝具専門店で取り扱われています
  • 腰痛がある場合には敷布団だけではなく、抱き枕を利用されてみるなど様々な寝具の利用を考慮されることが効果的です。また、寝具選びととも腰痛の根本治療に意識を向けることが大切ということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。