敷布団に生えてしまうカビを予防するための3つのポイント

広告ロゴ
驚く

敷布団を久しぶりにあげてみたら、真っ黒なカビがびっしりと付いていた…このような経験がある方は少なくないかと思われます。敷布団にカビが生えてしまった場合には、布団の買い替え、クリーニングなどで費用も手間もかかってしまいます。敷布団のカビは可能な限り防止するようにしたいものです。敷布団のカビを防止するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

敷布団に生えるカビと健康への悪影響

ショック

一人暮らしの方などでありがちな「生活のちょっとしたトラブル」のひとつに敷布団にカビが生えてしまったということがあります。特にフローリングの部屋にマットレスなしでじかに敷布団を敷いたままにしておくと、カビが生えてしまうことが多くあります。

真っ黒いカビが毎日横になる敷布団に生えているというのは大変気持ちが良くないものです。また、カビは気持ちが良くないといった精神的な理由だけではなく健康にも非常に良くない影響を与えます。つまり、カビを吸っていると気管支炎など呼吸器の病気につながったり、肌に悪影響が生じてアトピーの原因などになります。

敷布団には、カビが生えてしまわないよう、極力注意したいものです。

敷布団にカビが生えてしまうことがないようにするためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。

敷布団のカビ対策のいろいろ

敷布団にカビを生やしてしまわないようにするためには、以下のような対策をすることが効果的です。

敷布団のカビ対策1-部屋と布団の湿気を高くしない

カビは湿気が多いと発生してしまいますので、湿気を減らすことが敷布団のカビを予防するためにはとても大切です。特にフローリングの部屋の場合には、部屋の構造として、湿気を調節する構造が少ないため、湿気を意識的に減らすようにすることが効果的です。

具体的には、敷布団の近くで洗濯物を干さない、敷き布団を太陽が当たる場所に引く、週に1回程度は天日干しをするなどといったことが効果的です。これらは基本的なことですが、基本的なことをしっかりと行うことで敷布団にカビが生えてしまうことを予防することにつながります。

敷布団のカビ対策2-銀イオンスプレーの利用

次におすすめすることができるのが銀イオンスプレーの利用です。銀イオンスプレーは非常に殺菌力が強く、病院など衛生面を重視する場でも実際に有効なものとして用いられています。

銀イオンスプレーは敷布団だけではなく、部屋そのもの、ゴミ箱周辺などで利用してもカビ・殺菌の効果があり、部屋全体の清潔感を保つために効果があります。銀イオンスプレーは低価格でありつつも、カビその他の雑菌を防止するために有効なものとしてとてもおすすめです。

敷布団のカビ対策3-布団乾燥機の利用

さらに、布団乾燥機を購入して利用してみるというのもひとつの方法です。布団乾燥機は、文字どおり、布団を乾燥させますので、カビの繁殖を非常に強く防止します。

布団乾燥機は冬などの寒い季節に寒気で布団が湿気を含みがちな時期が続く地域の方には特におすすめできます。(逆に、布団乾燥機は春・夏などは、布団が暖かくなりすぎてしまうため、やや使いにくいというデメリットがあると言えるでしょう)

布団乾燥機は、購入に少し費用がかかってしまいますが、冬の季節に敷布団のカビを除去して心地よく眠るためにはとてもおすすめできます。

敷布団にカビが生えてしまったら

敷布団に生えるカビは、湿気を防止したり、銀イオンスプレーを利用するなどすることで発生自体を防止することがもっとも望ましいことではあります。しかし、やはり敷布団にカビが生えてしまうこともあるでしょう。そのような場合にはどのようにして対処をすれば良いのでしょうか。

敷布団にカビが生えてしまった場合にはお風呂などで敷布団を水に浸して、カビ除去の洗剤を利用すれば一応ご自身でカビを落とすことは可能です。しかし、すすぎと脱水の手間が大変なものとなります。

そのため、敷布団にカビが生えてしまった場合には、布団のクリーニング業者に布団の洗濯を依頼するか、買い換えるということが現実的で効果的と言えます。

敷布団にカビが生えてしまうと手間・費用が掛かってしまいますので、布団を干すなど基本的なことをこまめにしっかりとして敷布団に湿気をためないようにすることで、カビ防止をすることがもっとも大切ということができます。

HITACHI ふとん乾燥機 HFK-SD10-P HFK-SD10-P
日立
売り上げランキング: 269

まとめ:敷布団のカビ予防とカビが生えた場合の対処

以上、本文で述べました敷布団で生えるカビ予防の方法と、布団にカビが生えてしまった時に対処のポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 敷布団にカビが生えてしまうことを防止するためには、何より布団に湿気がたまらないように日々配慮することが重要です。具体的には、こまめに布団を干すこと、敷布団のそばで洗濯物を干さないようにすること、敷布団を太陽が当たる位置におくことなどが効果的です
  • 敷布団のカビ予防には銀イオンスプレーや布団乾燥機などの道具を利用することもとても効果があります
  • 敷布団にカビが生えてしまった場合には、お風呂場でカビ取り洗剤を利用すれば洗い流すことは可能ですが、クリーニング業者に洗濯を依頼することや敷布団の買い換えをかんがえる方が費用対効果では効率的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。