シャワーヘッドからの水漏れの原因と対処方法

入浴剤

シャワーヘッドから水漏れしていると、水がもったいないので早く修理したいものです。シャワーヘッドから水漏れしているときにはどのような原因が考えられるのでしょうか。

また、対処方法についても紹介します。

スポンサーリンク

考えられる原因

シャワーヘッドから水漏れしている場合には、次の3つの原因が考えられます。

  • バルブの故障
  • シャワーヘッド本体の故障
  • シャワーヘッド内にある残留水から水が出ている

シャワーヘッドからの水漏れの原因をはっきりさせるには、まず水漏れがシャワーヘッド内の残留水によるものかどうかを確認しましょう。残留水の場合には、故障ではありませんので修理によって水漏れを改善させることはできません。

水漏れの原因が残留水によるものかどうかの確認方法は、シャワーヘッドの水が出る面を上に向けてみます。この時にもまだ水が出るようであれば、原因は残留水ではなく、故障の可能性が高くなります。水が出てこなくなれば、残留水によって水が出てきているということですから、修理して直るものではありません。

シャワーヘッドからの水漏れの対処方法

風呂桶

残留水によって水漏れが起こっている場合、修理はできません。しかし、気になるときにはシャワーヘッドを上向きにして置いておくといいでしょう。

故障によって水漏れが起こっている場合には、バルブやシャワーヘッド本体が故障しているということがほとんどです。そのため、水漏れを改善させる対処方法としては、バルブやシャワーヘッドの交換を行うということが挙げられます。これらの部分は、自分で交換することもできます。メーカーの相談窓口で蛇口の品番を言ってバルブの品番を教えてもらうようにしましょう。メーカーによっては、直接部品を購入できるようなものもありあす。

バルブの交換方法は、まず止水栓や元栓をキチンと閉めて、水が出ないようにしておきましょう。水が止まっていることを確認してから、ハンドルを外していきます。ハンドルにはビスで固定するものと、差し込んでいるだけのものがありますので、それぞれに合った方法で外すようにしてください。

次にナットを外していきます。ナットを外すと、バルブの軸が見えてきますので、引き抜きましょう。バルブを外したら、新しく用意したバルブを入れて、元のように組み立てていきます。作業になれていない方は、バルブを購入した際に添付している説明書を見ると分かりやすいです。

シャワーヘッド本体の問題への対処方法

バルブを交換しても水漏れが改善されない場合は、シャワーヘッド本体に問題がある可能性が高いです。シャワーヘッド自体が古くなっていたり、シャワー板が目詰まりしたりすると、故障の原因となります。シャワーヘッド自体が古くなっている場合には、非常に簡単にシャワーヘッドの交換ができますので、ホームセンターなどで購入して交換しましょう。最近では、シャワーヘッドの種類がとても充実していて、マッサージ機能が付いたものや、丸型、角型、浄水機能がついたものまでさまざまあり、値段も幅広くあります。自分の生活に合ったものを選びましょう。

シャワーヘッドの交換方法については、古いシャワーヘッドを左に回して取り外します。注意点としては、シャワーヘッドのねじがメーカーによって異なる場合があります。新しいシャワーヘッドにはいくつかのアダプターが付いているはずですが、どれも会わないようならば別売りのアダプターが必要になります。アダプターを付けたら、新しいシャワーを右回しで取り付ければ交換完了です。

シャワーヘッドの目詰まりが原因で水漏れしている場合には、シャワー板を外して裏側を見てみましょう。水垢が溜まって流れが悪くなっていることがあります。シャワー板を掃除すると解消されることが多いので、洗いましょう。
まず、シャワーの穴に一つ一つ針を刺して水の通り道を確保します。次に、使用済みの歯ブラシに中性洗剤をつけて、シャワー板の裏側をよく擦り洗いします。洗い終わったらシャワー板をシャワーヘッドに取り付ければ完了です。

アラミック スリーディ・アースシャワー 3DE-24N
アラミック
売り上げランキング: 196

まとめ:シャワーヘッド本体やバルブをチェックして、水漏れを改善しよう

シャワーヘッドから水漏れしている場合、慌てて専門業者を呼ぶ前に自分で点検・修理する方法もあります。自分でもシャワーヘッド本体やバルブをチェックしてみて、最小限の費用で水漏れが改善できるといいですね。

例えば、シャワー板を上向きにして水漏れがあるかどうかを確認します。この時に水漏れする場合には、故障の可能性があります。バルブを取り換えたり、シャワー板の裏側を掃除したりして改善を試みてください。シャワーヘッド本体が故障している場合には、ホームセンターなどに売っている新しいシャワーヘッドと交換すれば改善できます。

年に1回程度シャワーヘッドを点検して、水漏れを未然に防ぐようにすることも大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment