シャワーの水漏れの状況別の修理方法

シャワー

お風呂で多くの人が利用することのあるのがシャワーです。中には、シャワーだけでお風呂を済ませるという人も少なくありません。しかし、長年毎日使っていると、シャワーが水漏れしてしまうということも起こりかねません。

シャワーの水漏れと一言で言っても、シャワーヘッドからホースの根元までがシャワーですから、水漏れの箇所もさまざまです。そこで、シャワーの水漏れの状況別に修理方法を紹介します。修理屋さんに来てもらうとかなりの金額とられますから、自分でできることがあったらやりたいですね。

スポンサーリンク

ホース部分から水漏れしている場合

シャワー

ホース部分から水漏れしている場合には、パッキン不良が考えられます。パッキンの交換は簡単にできますから、自分でやってみましょう。

まず、シャワーヘッドを手でつかみ、シャワーヘッドとホース部分の接続部分を反時計回りに回して、シャワーヘッドを外します。次に、接続部分の部品をホース側に下げます。そうすると、ホースに黒いパッキンが付いています。シャワーの水漏れの原因は、このパッキンによるものですから、パッキンを交換することで直ります。

パッキンの入手方法については、メーカーの相談窓口に蛇口の品番、またはホースの品番を伝え、パッキンの品番を入手してメーカーに注文します。ホームセンターにもサイズが合うものがあるかもしれませんが、確実にあるとは言い切れません。

パッキンは交換しなくても、一度外して拭き上げるだけでも直る場合があります。交換する前に、一度拭いてみましょう。

シャワーエルボやホース接続部から水漏れしている場合

シャワーの根元部分にあたる、シャワーエルボやホース接続部から水漏れするということもあります。この場合の主な原因には、次の3つが考えられます。

  • ・接続ナットが緩んでいる
  • ・パッキンの不良
  • ・エルボの故障

ほとんどがナットの緩みによるものです。3つの修理方法を挙げますので、確認しながらやってみましょう。シャワーを取り付けて間もないようであれば、施工業者に連絡しましょう。

①接続ナットを締める

ホースとエルボ、クリックタイプのシャワーの場合にはもう一つ部品が付いていますが、その部分のナットを手で時計回りに回し、締めてみましょう。接続部からの水漏れであれば、ほとんどこの方法で直ります。ゴムパッキンですから、それほど力は必要としません。工具を使わなくてもできます。

②ナットを締めても直らない時は、ナットを緩めてパッキンを確認する

接続ナットを締めても直らない場合には、パッキンの不良が考えられます。ゴムパッキンでしかも、平パッキンなので、劣化してもなかなか水漏れしないものですが、接続の際の失敗によってパッキンがねじれているという場合もあります。
パッキンを確認して、ねじれているようであれば手で直し、再度組み付けて締めましょう。
もしパッキンの状態が悪ければ、パッキンを交換することになります。パッキンをホームセンターに持っていき、同じサイズのものを購入すればいいでしょう。

③蛇口本体とエルボの間から水漏れしている場合

シャワーエルボの付け根から水漏れしている場合には、エルボ部分のパッキン不良が考えられます。この部分のパッキンはホームセンターでの入手は難しいですから、メーカーから取り寄せましょう。エルボ側の不良も考えられますので、もし長期間使っているようなら、エルボごと交換することも必要かもしれません。

シャワーヘッドから水漏れしている場合

シャワーヘッドから水漏れしている場合の原因として、次の3つが考えられます。

  • ・バルブが故障している
  • ・本体が故障している
  • ・シャワーヘッド内の残留水の滴下

そこで、修理方法を紹介します。

①まず調べる

シャワーヘッドの残留水によるものかどうかを最初に調べることが大切です。残留水とは、ホースの中に残っている水のことです。残留水の滴下は、故障ではないので修理はできません。残留水かどうか確認するには、シャワーヘッドの水が出る面を天井に向け、水がずっと出ているようならバルブか本体の故障ということになります。出てこなければ、残留水の滴下となります。
残留水の滴下については、ヘッドを上に向けて置くようにして、滴下しないように工夫しましょう。

②故障で水漏れしている場合

バルブや本体の不良で水漏れしている場合には、部品または本体の交換が必要です。多くの場合、バルブ交換で直ります。
自分で交換する場合には、メーカーの相談窓口に蛇口の品番を伝えてバルブの品番を入手したり、メーカーのホームページでバルブの品番を入手したりして、通販やメーカーから購入しましょう。
交換方法は、止水栓や元栓を閉めて水が出ないようにしてからハンドルを外します。ハンドルを引き抜いて外し、内部の部品やナットも外します。すると、バルブの軸が見えますので、引き抜きます。新品のバルブを入れて、元通りに組み直せば出来上がりです。

もし、バルブを交換しても直らない場合には本体の故障が考えられます。そのような時には修理依頼をしましょう。

アラミック スリーディ・アースシャワー 3DE-24N
アラミック
売り上げランキング: 170

まとめ:パッキンやバルブの状態をよく見ると、交換で直るものもある

水漏れの多くは、根元やシャワーヘッドの接続部周辺のものが大半です。必要なら部品をなくさないように注意しながら、外せる部分を外して、パッキンやバルブの状態を見てみましょう。交換するだけで直ることが多くありますよ。

ただし、自分で修理してみても直らない場合は、無理せず業者を呼んで修理してもらいましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment