簡単な節約レシピをご紹介!パパッと作れておいしい節約レシピはこちら

広告ロゴ
料理

節約レシピの情報は巷にあふれています。いかにおいしく、どれだけ安く作れるか…本もたくさん出ていますし、ネットで検索すれば一年分のレシピに困らないほどです。

ですから、ここでは「簡単に」作れることにこだわり、なるべく手間をかけずに、材料も少なく、パパッと作れる節約レシピを紹介してみたいと思います。

もちろん、調理器具や洗いものも最小限に! 特別な器具がなくてもできる簡単節約レシピです。

スポンサーリンク

いつでも安く手に入る食材を切らさないこと!

節約レシピの「三種の神器」食材とは

鍋

節約食生活の大前提は、ズバリ! 安い食材を切らさないことにあります。

冷凍をしたり、日持ちのするおかずに作り変えたりして、さまざまに利用できます。

特に、季節関係なくいつでも安く手に入り、なんにでも使えておいしい…そんな食材を三つ挙げますので、ぜひ、今から挙げる食材を冷蔵庫、冷凍庫に常備してください。

まず、ひき肉。豚、牛、合挽き、なんでも安くおいしいですが、とにかく安さで言えば鶏ひき肉にはかないません。しかしここは、好きなものを選んでかまいません。

ひき肉は傷みやすいというイメージがありますが、他の肉と同様、小分けにして冷凍すれば問題ありません。買ってきたらすぐに冷凍してしまいましょう。

次にもやしです。安い野菜の王道ですよね。大量に入って、とにかく安価です。これも冷凍でき、しかも栄養価はくずれないので、どんどん冷凍してしまいましょう。袋状のジップロックが便利です。

そして、三種の神器の最後は豆腐です。これも多い量をとても安く買えます。そして、ここがほかの食材と違うところですが、豆腐は凍らせるとまったく別の使い方が楽しめるんです!

「高野豆腐」をご存知ですか? 「凍み豆腐」とも言いますが、つまり凍らせた豆腐を戻したものです。食感が固くなり、歯ごたえが出てきます。火を通す調理法ではすぐに崩れてしまう豆腐も、こうするといろいろなレシピに使えるんです。

絹でも木綿でも大丈夫ですので、ぜひ、安売りのときに少し多めに買って、パックのまま冷凍してください。

さて、主要な食材がそろいました。では、さっそくこの三種を中心とした節約レシピを紹介していきたいと思います!

「簡単にできる」にこだわった節約レシピ!

【豆腐ハンバーグの簡単レシピ】

ひき肉、木綿豆腐、水溶き片栗粉を少々。これらを好みの分量混ぜてよく捏ねます。

味付けは醤油、塩コショウ、ソース、なんでもいいです。濃い目が好きなら多めに、素材の味を生かしたければ塩コショウだけでも充分です。

少し緩めのタネができたと思います。そうしたらフライパンに油を引いて、好みの大きさにしたタネを焼きましょう。あとは普通のハンバーグと同じ要領です。

コツはただひとつ、ちゃんと片栗粉を入れることです。卵やパン粉などのツナギを使っていませんので、片栗粉を入れないとまとまってくれません。

焼きあがったハンバーグには、お好きなソースをかけていただきます。豆腐が主流ですので醤油だけでもおいしいですし、マヨネーズとケチャップを混ぜたオーロラソースもとても合います。

【そぼろもやしの簡単レシピ】

ひき肉を、油を引いたフライパンでパラパラに炒ります。

塩コショウを振り、色が変わってきたらもやしをそこに好きなだけ入れて一緒に炒めてください。お互いが絡み合ってきたら、醤油をひと回し入れます。これでタネは出来上がりです。

そのままフライパンを洗わず、水溶き片栗粉をフライパンに入れて熱します。そこに醤油、みりん(なければ砂糖少々)を足し、甘辛い「あん」を作ります。

熱しすぎると「あん」は固くなってしまうので、醤油などが混ざったらすぐに止めます。そして、もやしとひき肉を炒めたものに「あん」をかけます。

これで完成です。ご飯にかければ丼物に、あったかいうどんやそばに乗せてもとても合います。コツは、「あん」を作るとき、火を通しすぎないことです。

【豆腐ピザの簡単レシピ】

豆腐は、一度凍らせたものを自然解凍します。手で水気を絞ると、固い触感になっているのがわかると思います。これをアルミホイルに並べます。

豆腐の上にケチャップ(あればピザソース)、とろけるチーズを乗せ、トースターで800度、8分焼いて出来上がりです。

具は、ピーマンやマッシュルームがあればベストですが、冷蔵庫にあるものなんでも乗せておいしくいただけます。本当になにもなければ、冷凍してあるひき肉の出番です。ケチャップ、チーズの上にひき肉を少量乗せて焼き上げれば、お腹にたまる豆腐ピザになります。

作り置きして「もう一品」に!節約食材で作るお惣菜レシピ

【豆腐ともやしのニンニク和えのレシピ】

豆腐は凍らせたものを戻します。それを食べやすい大きさに切っておきます。

それを電子レンジで使えるボウルに入れ、もやしを好みの量入れてよく混ぜます。

よく混ぜたら、ラップをしてレンジで1分から1分半加熱します。出したものをもう一度よく混ぜ合わせ、水をよく切って、チューブにんにくを好みの量と、醤油を少量、塩コショウを少量入れて和えて出来上がりです。

冷蔵庫で3日ほどは持ちます。にんにくが苦手な人は、梅肉を代わりに使ってもおいしいですよ。

簡単にできる節約レシピ、コツのまとめです!

  • 安くて使える食材は、切らさないように冷凍庫でいつでも保存!
  • 日持ちのするお惣菜を作っておいて「もう一品」に!
  • 豆腐は、凍らせると「別の食材」になる!いろいろ試してみよう

節約レシピというと、どうしても質素すぎるイメージや、かえって面倒くさい工程が想像されがちですが、常備食材があれば、工夫次第で毎日でも違うものを作って食べられるんです。

「今日はこれを食べたいから、ないものを買いに行こう」という発想から、「今日は家にこれがあるから、これを使って食べたいものを作ろう!」という発想にシフトチェンジすると、案外簡単に、ラクラク節約生活がはじめられます。参考にできるレシピがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。