電話番号を変えずにスマホの通話料を節約する方法

広告ロゴ
電話する

月末になると携帯電話会社から届く請求書。料金明細を見て「あれ?こんなに通話で使ったかな?」と思ったことはないでしょうか。LTE対応のスマートフォンに機種変更して、料金プランを変えた場合、心当たりがある人が多いと思います。

なぜ、LTE対応にしてから、通話料が増えたのかといいますと、実は、3GとLTEとで料金プランが大きく異なるからなのです。

NTTドコモとauの3G用料金プランは、月々どれくらい利用するかによって、基本使用料のプランをユーザーが選び(タイプS、M、Lなど)、基本使用料が高いプランほど30秒あたりの通話量が安くなり、無料通話/通信分が増える形になっていました。

これに対し、LTE用の料金プランでは、料金プランをユーザーが選ぶ形をやめ、基本使用料を一本化、通話料金も30秒21円に固定化。基本使用料に無料通話分が含まれる、というサービスもなくしました。

ソフトバンクモバイルは、3GでもLTEでも基本使用料が固定で通話料金が30秒21円、無料通話分は含まれないという料金プランが主力(ホワイトプラン)。月980円を追加で支払うと通話料金が半分に下げられるというオプションを用意しています(Wホワイト)。
 
こういった各社の事情により、通話が多いケータイユーザーは、LTE対応のスマートフォンに機種変したタイミングで、予想外に通話料金が高くなる、という事態が生じてしまうのです(特にNTTドコモユーザーとauユーザー)。

スマートフォンを契約する場合は、パケット定額プランにも入ることが多いので、「スマートフォンで通話料金を節約しよう」という場合、IP電話アプリサービスを利用する(パケット通信で電話が出来るアプリ)、という選択肢が出てきます。ただ、IP電話では、050で始まる電話番号を別に発行してもらうことになりますので、050で始まる電話番号を、周りに知らせるのも面倒だったりします。

そこで、電話番号を変えずに、通話料を節約する方法を、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

電話番号を変えずに、通話料を節約する方法

同じキャリア同士なら通話料金が割引になる

電話

ご存じの方は多いと思いますが、よく電話をかける相手が、自分が使っているものと同じ通信キャリア(例:auとau・ドコモとドコモ同士の通信)であれば、通話料金を抑えることができます。

auの場合は1時~21時、ソフトバンクの場合は1時~21時の間は、追加料金なしで通話が無料になります。ただし、それ以外の時間は30秒ごとに21円かかります。長電話するときは、無料通話の時間内に済ませるようにしましょう。

追加料金を払って24時間無料にする割引プランもあります。NTTドコモ「Xiカケ・ホーダイ」(700円/月)とau「au通話定額24」(500円/月)、ソフトバンク「24時間通話定額オプション」(500円/月)は、追加で料金を支払うと、同じ会社同士の端末の通話料が24時間無料になるオプションが用意されていますので、時間を気にせず電話をしたい方にはオススメです。

よく通話をする相手を指定する

電話をかける相手は決まっているけど、キャリアが違う、という人には、追加料金を支払うと、特定の電話番号との通話料が無料や割引になるサービスがオススメです。

NTTドコモ「ゆうゆうコール割引」(189円/月、通話料が最大30%割引)、au「指定割」(315円/月、通話料が半額)といった割引サービスがありますので、活用しましょう。

通話割引サービスを利用する

電話をかける相手のキャリアが分からない、一定ではないという人にオススメなのが、G-Callやワールドリンクといった、通話割引サービス。
LTEの料金プランでは、どこのキャリアでも基本的に通話料は30秒21円ですが、携帯電話から携帯電話にかける場合、G-Callでは30秒で10円、ワールドリンクでは1分あたり30円になります。事前にクレジットカードの登録が必要ですが、登録料金や月々の基本料金はかからないところも魅力です。しかも、携帯電話だけでなく、固定電話や国際電話も割引の対象になるんですよ。
これらのサービスを利用する場合は、電話をかけるときに頭に4ケタの番号をつけて発信します。すでにスマホの電話帳に番号を登録済みなのに、いちいち番号を付けるのは面倒・・・という場合は、専用アプリを使うと便利!G-CallではiPhone、Android向けにアプリを出していて、電話帳と連携して自動的に4ケタの番号をつけて発信する事が出来ます。

まとめ:G-callやワールドリンクを使用すれば、今すぐ電話番号を変えずに、通話料を節約出来る

家族みんなが同じ会社の携帯を持っていれば、家族間の通話は無料というサービスも活用すれば、すぐに通話料の節約につながりますね。よく通話する相手を指定して、通話料を安く出来るサービスを利用したりして、まずは、携帯会社が提供しているサービスを最大限、利用しましょう。

再度、電話番号を変えずに、通話料を節約する方法を、確認しましょう。

  • 同じ携帯会社同士にすれば、通話料金が割引・時間によっては無料になります
  • よく通話する相手を指定して、通話料を安く出来るサービスを利用する
  • G-Callやワールドリンクといった、通話割引サービスを利用すれば、同じ携帯会社同士でなくても、通話料をかなり安く抑える事が出来る

「電話番号が変わらない」「双方が同じアプリを入れる必要がない」とゆう
条件が前提での、通話料を節約する方法をご紹介しましたが、双方が同じアプリを入れての通話なら、IP電話サービスもオススメです。IP電話ですと、通話料ではなく、通信料での請求になりますので、パケット定額やパケ放題に加入していれば、実質、通話料が無料になります。

自分のライフスタイル合う通話料の節約方法を、ぜひ実践してみてください。そうすれば、精神的にも金銭的にも余裕が出てきますよ。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。