スマートフォンの料金を月額5000円以下にする節約方法

広告ロゴ
電話する女

多くの人が「家計に対する大きな負担」と感じている、スマートフォン(スマホ)の料金。まずは料金の仕組みをきっちり理解して、節約のポイントを見極めましょう。スマホの毎月の固定料金は、どこの携帯会社でも、大体、6000~7000円です。その固定料金、ちょっとした事で、5000円以下に出来るんです。

最初に、基本的なところを押さえましょう。まずは「固定費」。スマホをインターネットに接続して使ううえで、「基本料」「ネット接続料」「パケット定額料」の3つは、必ず必要になってきます。携帯電話会社やプランによって異なりますが、3項目を足すと、スマホの固定料金は7000円前後になります。NTTドコモの場合は、通信量が少ない人向けのパケット定額プランがありますので、通信料が少ない方は、1000円ほど安くできます。

スマートフォンの携帯会社は主に、ドコモ・au・ソフトバンクですが、携帯会社によって、料金プランは異なります。最初に、ご自身の携帯会社のHPにアクセスして、再度、料金プランを確認してください。そして、プランによって月額料金の査定が出来るようでしたら、月額料金を出来るだけ安く出来るプランに変更してください。

また、音声通話にかかった「通話料」や、留守番電話やアプリ使い放題パックなどの「オプション料金」。このオプションも、自分が今どんなオプションに加入しているかを必ず確認し、不必要なものに入っていたら、すぐに解約してください。これだけでも、かなりの削減になります。

以上の事は、必ず行ってください。それでは、スマートフォンの月額料金の節約方法を、ご説明します。

スポンサーリンク

スマートフォンの月額料金 節約方法

本体の購入方法

スマホ

スマホ本体(端末)の購入に関わる料金について。ここがスマホの毎月の料金を大きく左右する重要ポイントになります。「一括」で買うか「分割」で買うかくらいの違いしかないと思っているかもしれませんが、スマホ本体の購入は、会社によって名称は異なりますが、端末の割引制度というものがあり、これによって、月額料金が安くもなれば高くもなります。

月額料金を5000円以下にすることが出来るのは、この割引制度を利用する事によって可能になります。

スマホ本体の価格は、「現金販売価格」の欄に表示されています。スマホは高価で、大体、6万~8万円ほどします。一括で買うなら、契約時にこれをまとめて支払う。一括払いが厳しい人は、2年間の分割払い(割賦)を利用する事になります。(例:ドコモ)毎月払う金額が、「分割支払金(24カ月)」欄に書かれており、これは一括払いの金額を単純に24で割った額で、金利などもかかりません。

端末の割引額は、「他社からの乗り換え(MNP)」「新規契約」「機種変更」で異なり、MNPの場合の割引額が一番大きく設定されています。MNPとは、電話番号を維持して、他社から乗り換える方法のこと。各携帯電話会社は、自社に移ってくれる人に大盤振る舞いしています。

ドコモの場合を例にとりますと、一括払いで、携帯の本体価格を最初に支払った場合、他社からの乗り換えで、通話量+ネット接続料+パケット定額料+端末の割引額を合わせると、月額料金が約3800円になります。その他に、通信料やオプションのお値段はプラスされますが、月額料金、5000円以下の実現は可能となります。

ただし、ずっと同じ携帯会社でいたい方(乗換えたくない方)もいらっしゃいますので、同じ携帯会社で、機種変更となりますと、やはり、月額料金は、5000円以上かかってしまいます。月額料金を安くするため、他社への乗り換えを何度も繰り返している方もいらっしゃいます。人によって、携帯への考え方や思いの違いはあると思いますが、他社への乗り換えで、月額料金を、5000円以下に抑える事は可能なのです。

MNPに関してなのですが、デメリットもあります。電話番号は引き継げますが、メールアドレスは引き継げません。元の携帯会社で割引を受けている場合も、MNPは出来ません。そうゆうデメリットと月額料金を比較した上で、どちらを取るか、迷うところではあります。

オプションの解約

最初にもお話ししましたが、ご自身の携帯のオプションの加入状況を確認してください。家電量販店などでスマホを購入する際は、購入時の頭金を値引く代わりに、有料オプションへの加入を勧められるケースがあります。激安ショップでは、20個などの大量のオプション加入を前提に、大幅に端末代を値引くこともあるのです。

こうした場合は、加入したらできるだけ早く解約しましょう。(即解約しても1カ月分の料金はかかる場合があります。また、2カ月など最低利用月数を指定される場合もあります)。

通話

携帯会社によって、独自のサービスとなりますが、家族間・同じキャリア間での無料通話サービスがありますので、大いに活用しましょう。その他に、携帯会社が異なる場合の通話や時間を気にせず話したい場合は、無料通話アプリを活用しましょう。

無料通話アプリは、「Skype」や「Line」が主流です。同じアプリをインストールしたスマホ所有者で、アカウント登録している方が通話の対象になります。無料通話アプリは、パケット定額に通話料が含まれますので、通話量を安く抑える事が出来ます。

通信料金がビックリするほど下がる本 (アスペクトムック)
なし
アスペクト (2013-12-26)
売り上げランキング: 35,004

まとめ:スマホの料金は、月額5000円以下に抑えられる。ただし、デメリットがあるので、デメリットと月額料金を比較して検討する

再度、スマホの料金を月額5000円以下に抑える節約方法を確認しましょう。

  • 月額料金を安くするためには、他社への乗り換えが絶対必須。ただし、メールアドレスが変わってしまうデメリットがあります
  • 不必要なオプションは、早急に解約しましょう
  • 無料通話サービスを利用しましょう。無料通話アプリを使用すれば、他社間の通話料金が無料になる(パケット定額に加入の場合)

携帯会社の乗り換えなどをしなくても、電話番号も変わってもいい・スマホでは通話しないという人なら「格安SIM」という第3の方法も実はあるのです。格安SIMなら、月額980円の激安運用も可能です。いろいろと自分で設定しないといけませんので、少し手間がかかりますが、値段の安さから、かなり人気となっています。

しかし、携帯も機械ですので、何かあった時など、自分で考えて対応しないといけません。今のまま携帯のままでというのであれば、自分の携帯のご利用状況を把握した上で、余分な経費を削減していき、月額料金を抑えるように行動すれば、今よりも値段が安くなる事は間違いありません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。