月額料金500円以下でスマホが持てる!ドコモの最安値契約方法

広告ロゴ
スマホ

スマホを維持するためには、高額の月額料金を支払わなければならず、毎月の支払いが負担になっている方も多いと思います。その月額料金の中でも、最も高額なのがパケット通信費!

パケット通信費は、料金プランにもよりますが、今現在、ドコモの場合、Xiパケ・ホーダイ フラットで、5.700円支払わないといけません。パケット通信費だけで、毎月、5.700円は、家計に大きな負担です。

そのパケット通信費用を出来るだけ安く、なおかつ、パケットし放題で、月額料金を500円以下に抑える、ドコモの契約方法をご紹介します。この契約方法は、携帯をデータ専用端末にするのが前提です。ドコモの契約方法をお話ししますが、他社のキャリアの方にも参考になる方法ですので、ぜひ最後まで読んで頂けたらと思います。

スポンサーリンク

月額料金を500円以下に抑える、ドコモの契約方法

本体の購入

本体

月額料金を500円に抑えるためには、次の2条件に当てはまるドコモの機種を購入しましょう。

●高額な月々サポートを受けられるもの
●出来るだけ本体価格の安いものを、一括払いで購入

高額な月々サポートとは、その時のドコモのキャンペーンで変わってきますが、MNP利用を利用する事で、高額な月々サポートを受けられます。つまり、MNPの利用は必須です。

MNPとは、電話番号を維持して、他社から乗り換える方法のこと。各携帯電話会社は、自社に移ってくれる人に大盤振る舞いしています。ですので、他社から乗り換えようキャンペーン中に、そのキャンペーンの対象となっているドコモの機種の中から、一番高額な月々サポートを受けられる携帯の本体を購入してください。

携帯の本体を購入する場合、ドコモショップでも購入出来ますが、とにかく本体を安く購入する事も大事です。ドコモショップでなくても、オークションでも販売していますので、出来たら、本体は0円で購入したいところ。0円で購入は無理であっても、出来るだけ安く、本体を購入してください。

月額料金を下げることが最大の目的なので、機種や色の好みは多少妥協しましょう。

まとめますと、高額な月々サポートを受けられるもので、出来るだけ本体価格の安いものを、一括払いで購入してください。

ドコモとの契約

次にドコモとの契約ですが、販売店によっては「各種オプションをつけてください」と言われますので、とりあえずOKしてください。本体を購入したら、1カ月以内に、必要のないオプションは全て解約しましょう。

ドコモと契約しますと、最初は、電話基本料780円+パケット定額4935円+SPモード315円+その他おまけなどが、ごちゃごちゃ付いての契約になると思います。月々サポート(割引)が付いているかどうかは、その時、きちんと確認してください。

ドコモと契約後、ドコモショップに行ってください。(ドコモショップで契約した場合は、日を改めて、再度、ドコモショップに行ってください)そして、以下の契約に変更したいと、店員さんにお伝えください。

●Xiデータプランライト にねん
●Xiデータプランライト にねん割
●モペラU最大6ヶ月無料キャンペーン

「上記契約以外は、何もいりません」と言えば、OKです。

補足

「Xiデータプランライトにねん」にすることで、二年縛り9975円の違約金の発生が生じません。これは、音声契約をしていると、音声契約に二年縛りがついていまので、データ専用端末にする場合、音声契約をやめるわけですから、音声契約をやめた時点で9975円の違約金が発生してしまいます。

2年縛り音声解約・データ専用に契約変更しても、2年間使えば9975円の違約金がかからないデータ専用プランがあります。それが、「XIデータプランライトにねん」または「Xiデータプランフラットにねん」です。

「Xiデータプランフラット にねん」にしてもよいのですが、フラットの場合「フラット割」がないので、パケット上限まで使う方でもフラットにせず、ライトを二本契約した方がお得という計算になります。

携帯の月額支払い額

今まで述べてきた通りに、本体を購入し、ドコモとの契約も終了した、と過程します。この場合のスマホの月額料金は、以下になります。

この契約で月々の利用料金は

Xiデータプランライトにねん・・・4700円/月額
Xiデータプランライト割・・・▲909円/月額
モペラU・・・・・・・・・0円/月額
ユニバーサル料・・・3円/月額
携帯の月々サポート・・・▲3600円/月額←この額はおおよその目安です。
(機種によって月々のサポート額は異なります)

合計すると、194円/月額 となりました。

月額194円で、ドコモのXiパケットし放題の契約ができるのです

上記は、データ通信のみで、通話が出来ない契約ですので、通話をしたい場合は、「LINE」や「Skype」を利用するとゆう選択肢もあります。お互い登録していれば、通話料は無料になります。090・080の電話番号が必要な方は、もう1台、携帯を持ち、一方を通話専用にすると良いでしょう。

NTTドコモiPhone5s/5cガイドブック
株式会社メディアソフト (2014-04-01)
売り上げランキング: 5,543

まとめ:上手にキャンペーンやサービスを利用することで、月額料金500円以下でパケットし放題のスマホが持てる

再度、パケットし放題で、月額料金を500円以下に抑える、ドコモの契約方法のポイントを確認しましょう。

  • 携帯の本体は、高額な月々サポートを受けられるもので、出来るだけ価格の安いものを、一括払いで購入する
  • MNP利用を利用する事で、高額な月々サポートを受けられますので、MNPが必須です
  • 「Xiデータプランライト にねん・Xiデータプランライト にねん割・モペラU最大6ヶ月無料キャンペーン」のみをドコモと契約する
  • 通話をしたい場合は、「LINE」や「Skype」を利用または通話専用の携帯を、もう1台持つ

MNPを利用する事で、すごく安い料金で、スマホを持つ事が出来るのです。パケットし放題とゆうのも魅力ですよね。ずっと同じキャリア携帯を持つより、MNPを利用した方が、断然、月額料金は安くなります。

その他、のりかえ割り、学割、ありがとう10年割、はじめてスマホ割など様々なキャンペーンがありますので、ご自分の条件にあてはまる割引キャンペーンを見つけて組み合わせれば、もの凄くお得な契約をすることが出来ます。

何となく、同じキャリアで同じ料金プランでスマホを持たれている方、MNPを利用して、スマホの月額料金を安くしてみませんか。メールアドレスが変わってしまうデメリットはありますが、スマホの支払いに負担を感じたら、各携帯会社のキャンペーンの利用はオススメです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。