貧困女子が増えている?節約OLの貧乏レシピを大公開!

広告ロゴ
料理

今や単身女性の3分の1は手取り125万円以下だという報告があります。家賃、食費を切り詰め、「三食、菓子パン」「洋服は基本貰うかフリマ」と告白する節約OLが急増しているそうです。いったいその理由は何なのでしょうか?今回は貧困女子の原因と、節約OLの貧乏レシピをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

20~64歳の1人暮らしの女性の3人に1人が〝貧困状態〟

歩く

厚生労働省の国民生活基礎調査(’10年)のデータを基に国民1人当たりの可処分所得を高い順に並べ、真ん中となる人の所得額(中央値)の半分に満たない人を『貧困状態』と定義した結果、可処分所得が125万円未満の人が貧困状態に当たり、20~64歳の単身女性の32%、実に3人に1人が相対的に貧困であることが明らかになりました。

また、単身の20~64歳の男性の貧困率は25%であり、女性のほうがより苦境に立たされていることが分かりました。一体その原因は何でしょうか。

①非正規雇用の増加

女性が貧困に陥っているのは、その大半が派遣社員であったり、契約社員であったりする非正規雇用の増加です。現在、女性の非正規雇用率は54%で、働く女性の2人に1人が正社員ではないという状態です。『結婚したら仕事を辞める』という通例がまかりとおっているために、不安定な労働に追いやられているのです。

②転職後の減収

貧困女子のほとんどが、転職や結婚、就職で勤めていた会社を辞め、再就職できずに非正規雇用に従事する人たちです。特にシングルマザーの抱える貧困問題は、生死に関わるほど深刻です。若いうちは月収25万といった営業職でも、30過ぎて派遣社員となった場合、同じ仕事をこなしても月収17万円と減収する場合が殆どだそうです。

③家賃の高さ

地方に仕事がなく、都内で就職した場合、ネックとなるのは家賃の高さです。月収の半分、3分の1強が家賃にかかるという女子は多くいました。シェアハウスを希望する節約OLも増えています。

節約OLの貧乏レシピ

月収が平均15万代の節約OLの生の声をご紹介しましょう。

*お風呂は週に1回

「シャンプー、リンス代もバカにならないので、お風呂は週に1回だけ。基本身体は拭いて終わり。頭にリセッシュをかけて匂いをごまかします。」(機械・精密機器/事務系専門職/3年目)

*自炊は高いから滅多にしない

「シェアハウスに住んでるので、冷蔵庫は共有。出来るだけ優しそうな人におかずを恵んでもらうか、スーパーや100円ショップの菓子パンでしのぎます。」(小売店/販売職・サービス系/3年目)

*宅配買い取りを利用

「親や友人からいらない物を貰ってきて、宅配買い取りを利用して換金してお金にかえます。漫画や古いケータイも結構良い金額になります。」(医療・福祉/専門職/4年目)

*ランチ対策

「給料日前の1週間を3,000円でしのぐため、ランチに誘われないように昼休みはすぐにいなくなっていた。」(ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職/4年目)

*体力勝負

「通勤の電車代が厳しくて、自転車で乗り切った。」(医薬品・化粧品/事務系専門職/7年目)

20代のホームレスが増加!

2001年から、ホームレス状態にある人たちの生活相談をしてきたNPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」。現場で相談を受けるスタッフの方から聞いた所によると、リーマンショックを境に、20代、30代の若者ホームレスの姿を見かけることが多くなったそうです。

しかし、彼らはネットカフェ、ファストフード店などの24時間営業の店舗、寝るだけの空間を提供するゲストハウスなどで夜を過ごすことが多く、その存在はあまり知られていないと言います。特に最近はネットカフェに寝泊まりしている女性が増加したそうです。

20代前半の若者の場合、働いた経験がほとんどなく、また高校を中退しているケースも多いため、就職や自立のハードルはいっそう高くなります。複雑な家庭に育った人が多く、親の虐待や精神疾患などが原因で必要な養育をほとんど受けてこなかったという人もいます。

家族との関係がうまくいかず、18歳から友達の家や路上を転々とし、今に至っている人。母親の病気にかかる費用の支払いが滞り、家を出てしまった人。ギャンブル依存で借金をかかえた両親が立ち退きを迫られており、本人は自立したいが精神的な問題で働けないというようなケースもあるそうです。

単身者の公共住宅の必要性

スタッフの方は、若者の3人に1人が非正規雇用という雇用状況が改善される兆しはなく、今後もホームレス状態に陥る若者は増えていくことが予想される状況の中、2万円程度の低廉な家賃で入居できる、単身者用の公共住宅を設けることを提案しています。

「都会では一人暮らしの経済的ハードルが高い。そのため自立したくても家を出られない人や家賃を払えなくなる不安を常に抱えている人は大勢います。住居だけでも安定すれば、ホームレス状態にまで陥ることはありません」

OLまりえの超ー節約術!!―1年後には150万!スーパー貯めワザマニュアル
白石 まりえ
青春出版社
売り上げランキング: 881,506

まとめ

いかがですか。20~64歳の1人暮らしの女性の3人に1人が〝貧困状態〟、男性はさらに悪いという報告があります。節約OLのように節約できる所は節約して、将来のために少しでも貯金をしておきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。