お風呂で節約!知っておくと良い追い焚きをするときの3つのポイント

広告ロゴ
お風呂

毎日入るお風呂、水道代にガス代とかさみますよね。特に冬場は寒いので、ガス代がとってもかかってしまい、明細書を見てびっくり仰天したという方は意外と多いのではないでしょうか。かという私も、ガス代の明細書を見るのがいつも怖いです。どうにかして、このガス代を節約する方法はないかと頭を悩ましている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

そこで本記事では、お風呂で賢く節約するために、知っておくと良い追い焚きをするときの3つのポイントをご紹介します。ガス代、水道代共に毎月すごい金額になってしまって困っている…という方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「追い焚き」と「足し湯」どちらがお得?

考える

そしてお風呂の湯船に残ったお湯、洗濯で使うのも良いですが、追い焚きをして次の日も使用されている方もいらっしゃるかと思います。一方で、毎日お風呂のお湯を入れ替えるという方もいらっしゃるでしょう。両者のうち、一体どちらが節約できるのでしょうか。

実は、この答えはご自身のお住まいや環境、ご家族の人数により異なってまいります。
日本全国、水道代とガス代は地域によって異なります。また、オール電化を使用している地域もあれば、プロパンガスを使用している地域もあるでしょう。プロパンガスはオール電化よりも高額になる場合があるため、追い焚きを使いすぎるとその金額は跳ね上がってしまいます。

しかし、もしご家族の人数が多く次から次に入ることができない場合でしたら、水道代のことを考えると追い焚きの方が節約できるのかもしれませんね。

衛生面も考慮しましょう

しっかり考えなければならいのが、衛生面です。
身体の汚れを落としてから入っているといってももちろん湯船のお湯には菌が存在します。そして、湯船のお湯が冷える36度前後は、菌が1番繁殖しやすくなる温度といわれています。つまり、前日に使用したお湯が冷める段階で、お湯の中の菌は増えてるのです。夏場で特に汗をかきやすい次期や、家族の人数が多いという方は、しっかりと衛生面は考慮した方が良いといえるでしょう。

また昔から、お湯を毎日入れ替えるご家庭で育っている方は、お湯を何日か続けて使用すると聞くとびっくりされる方もいらっしゃるかと存じます。それぞれ異なる環境で育った方達がご結婚されるときなどは大変かもしれませんが、しっかりと話し合って決めなければなりませんね。

上記のことを総合し、「節約」という面で考えると、やはり追い焚きの方に軍配が上がりそうです。では次に、追い焚きを節約して使用するときの3つのポイントをご紹介します。

賢く節約をするために!追い焚きをするときの3つのポイント

賢く節約をするための、追い焚きをするときの3つのポイントは、次の通りです。

  • 使いすぎに注意する
  • 保温グッズを使用する
  • 配管をしっかりと掃除する

では次に、上記の3つのポイントについて詳しくご案内します。

使いすぎに注意する

当たり前のことですが、忘れずに頭にいれておくべきなのが、使いすぎに注意するということです。お湯が覚めてしまったからといって、追い焚きを頻繁に使っていては、ガス代は跳ね上がります。また、設定温度が下がると自動的に追い焚きをする機能がついているものもあります。ご自宅で使用されている給湯器をしっかりと確認して、上手に追い焚き機能を使ってくださいね。

保温グッズを使用する

追い焚き機能を使用する場合、お風呂のお湯の温度を5度上げるだけでも、数十円高くなります。つまり、冷たくなってしまったお湯よりも、少しでも暖かいお湯を暖める方がガス代はかからないのです。そのため、お風呂のお湯はできるだけ冷めないように蓋をしめましょう。更に、湯船のお湯の表面に浮かせるタイプの保温シートなどを一緒に使用することで、お湯の温度をキープすることができますよ。

配管をしっかりと掃除する

追い焚きを頻繁に行うという方は、配管をしっかりと掃除することが大切です。追い焚きをする際、配管の中に残っているお湯が混同する場合があるのです。追い焚きをしたら、濁ったお湯が出てきたという場合は、配管の中が汚れている証拠です。また、追い焚きをよく使用するという方は、風呂釜を洗うことも忘れてしまうことが多いかと思います。掃除を怠ると故障の原因にもなり、修理費がついてしまうこともあります。こちらも同様にしっかりと定期的に掃除をしてくださいね。

24時間風呂 配管洗浄剤 『バスパエース』  (2kg 顆粒)
和協化学工業
売り上げランキング: 118,083

まとめ:追い焚き機能を賢く使用しましょう

本記事では、お風呂で賢く節約するために、知っておくと良い追い焚きをするときの3つのポイントをご紹介してきました。もう1度、その3つのポイントをおさらいしましょう。

  • 使いすぎに注意する
  • 保温グッズを使用する
  • 配管をしっかりと掃除する

お風呂の節約も、毎日数十円の節約かもしれませんが、年間を通すと大きな金額となります。追い焚き機能を利用するときは、ただその機能を使うのではなく、本記事でご紹介したポイントをおさえて上手に使用してみてください。そして賢く節約をして、気持ち良くお風呂に入ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。