業務用食材で食費を節約!ひと工夫でお店の味になるおすすめ献立

広告ロゴ
料理

普段、食材を買う時は、近くのスーパーに行かれたりが多いかと思います。特定の日や時間にセールが行われたりしますので、セールを活用して食品・食材を買うだけでも、食費が節約出来ますよね。

しかし、近くのスーパーや小売店は、使い切りなどの少量販売ですので、セール商品であっても、割高になっている傾向があります。それに対し、業務用ショップは、大量販売ですので、1つのものでも、かなりの量を買わないといけませんが、その分、割安です。業務用ショップでもセール商品が販売されたりしますので、チラシを見て買いに行く、なんて事も多々あります。

コストコという、アメリカ生まれの大型会員制の倉庫店、最近、話題になっていますね。コストコは、卸値に近い価格で商品が購入出来ので、大人気です。業務ショップと同じく、大量に買うのが前提のものもありますが、それでも、お値打ちに食品・食材を買う事が出来るのであれば、それはイコール、食費の節約につながります。

そこで、今回は、みなさんのお近くにある業務ショップの中でも、店舗数の多い業務スーパーで販売されている食材を使用して、食費を節約出来る、おすすめ献立をご紹介したいと思います。

業務スーパー以外でも、お安く販売している食材を使用していますので、ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

食費が節約できる、おすすめ献立

「乾麺そば」の節約レシピ

なべ

「そば」は、夏の食欲の無い時、「そば」でも食べようかなぁって思いますね。喉ごしも良いですし、食欲が無い時でも、なぜだか全部食べれてしまいます。寒い秋・冬は、温かい出汁で作れば、身体をポカポカ温めてくれます。レシピ次第で、オールシーズン大活躍の食材です!

業務スーパーで販売している「乾麺そば」、 値段は、なんと、1kg10食分で198円です。1食あたり19.8円!とても安いので、食費の節約には欠かせません。

「そば」は、調理が簡単なのが嬉しいですよね。 茹でて、水でしめた麺を、麺つゆにつけて食べたり、温かい出汁に茹でた麺を入れて、刻みねぎをのせるだけでも、シンプルな温そばの出来上がりです。

今からご紹介する節約レシピは、シンプルではなく、ちょっと変化球です。

基本材料(一人前):そば 一人前 /ごまペースト/すりごま/ごま油/ 麺つゆ/ネギ:適量

作り方
1.蕎麦を茹でて、[冷たいバージョン]冷水でしめる、[温かいバージョン]熱々のまま、お湯をきる。
2.麺つゆに、ごまペーストを溶かす。
3.丼に茹でた「そば」を入れ、そこに2のタレをかける。さらに、ネギとすりごまをのせる。
4.ごま油をたらして、出来上がり。

「うどん」の節約レシピ

業務スーパーでは、「ゆでうどん」が常時19円の激安価格で売っています。うどんは、安くてお腹も膨れる、節約には欠かせない食材です。「ゆでうどん」を買われたら、焼うどんやカレーうどんを作られる方が多いのではないでしょうか。

ダイエット中の方にはオススメできませんが、うどんは揚げても美味しいんです。今からご紹介する節約レシピは、揚げたうどんにあんをかけたもの。イメージとしては、太めの皿うどんって感じです。

基本材料(一人前):ゆでうどん 1玉//豚(挽肉でOK) 100gぐらい/白菜・人参・ピーマン・キクラゲなど/酒 小さじ1/鶏ガラスープの素 400cc分/オイスターソース 小さじ2/塩コショウ 適量/水溶き片栗粉 適量

作り方
1.下準備:豚と野菜を食べやすいサイズにカット。うどんもそのままだと食べにくいので、ほぐしてから適当なサイズにカット。
2.フライパン(or 中華なべ)に油を引いいて、酒、塩コショウ、オイスターソースで豚・野菜を炒める。
3.鶏がらスープ400ccを入れて、味を整えたら、水溶き片栗粉でとろみを付ける(あんは完成)。
4.別の鍋で、カットしたうどんに片栗粉をまぶし、高温で揚げる。
5.揚げたうどんを皿に盛り付け、あんをかけたら出来上がり。

揚げたうどんは、そのまま、塩コショウをふって食べても美味しいですよ。おやつ感覚で食べられます。

「サバ缶(水煮)」の節約レシピ

サバ缶は、「食費節約」の強い味方です。 激安セール時なら、190グラムの缶詰めでも、セール時には60円以下で買えちゃいます。保存食にもなりますので、安い時に買いだめしておいて、時々、食費の節約のために、消費してみてはいかがでしょうか。

そんなサバ缶の節約レシピをご紹介します。材料を入れて、炊飯器で炊くだけの簡単サバご飯です。

サバ飯材料(2合分):米:2合/ サバ缶:1個/ 塩昆布:30g

作り方:炊飯器に、研いだ米、サバ缶、塩昆布を入れて、2合のメモリまで水を加える。あとは、普通に炊くだけ。

とっても簡単です。サバ缶、こんな使い方もあったんだぁと驚かれた方もいらっしゃったでしょうか。サバ缶の代わりにシーチキンでも美味しいですし、サンマの缶詰というものもあるのですが、サンマの缶詰でご飯も炊いても美味しいんです。サンマは少し味にクセがありますので、炊けたら、大葉のみじん切りを入れてよく混ぜてください。そうすると、サンマの味のクセが消えて、より美味しく食べれます。

食費革命―さらば、「節約主義」
三五館
売り上げランキング: 183,052

まとめ:安い食材で食費を節約レシピは、ひと工夫するだけで、お店の味になる

ご紹介してきました、食費が節約できるおすすめ献立を、再度、確認しましょう。

  • 麺つゆにごまペーストを溶かす「ごまそば」
  • 揚げたうどんにあんをかけたもの「揚げうどん」
  • サバ缶(水煮)とお米で炊く「サバ飯」

食材を低価格で購入して、ノーマルな調理をすると、食材の味が全面に出てしまいますので、それ相応の味になってしまいますが、調味料を加えてひと手間加えるだけで、お店に出てくるような料理が出来上がるのです。創作料理といった方が良いかもしれません。

うどんは茹でるのみではなく、炒めたり揚げたり出来ます。缶詰も、そのまま食べるのではなく、オーブントースターで焼いたり、細かくして炒めたりも出来ますので、角度を変えるだけで、きっと、節約レシピがどんどん湧いてくるのではないでしょうか。

業務ショップで食材を購入するとなると、食べきれるか心配になってしまうかもしれませんが、食べきれない場合は、冷凍保存すれば6カ月は持ちます。賞味期限が長いものだけを買うのもオススメ。食費を節約するためには、食材を安く購入する事も大切です。一度、業務ショップにも足を運んでみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。