真似はできないけれどオードリー春日さんに学ぶ節約のコツ

広告ロゴ
コイン

人気お笑いコンビオードリー。そのひとりである春日は、大変な節約家(はっきり言ってしまえばドケチ)としても有名です。春日の節約術は到底真似することはできませんが、節約ということを考えるにあたって参考になる点は数多くあります。

スポンサーリンク

オードリー春日は節約王?

財布

オードリーといえば、ご存知人気のお笑いコンビです。おとなしい感じでツッコミ役の若林もとてもいい味を出していますが、相方の春日の強烈な個性はオードリーの人気の要素の一つと言えるでしょう。

春日というと「ピンクの服」「態度が大きい」(ただし、これは芸風であって普段はとても控えめで優しい人のようです)「トゥース!!」という掛け声などが連想されるのではないかと思いますが、春日は過剰な節約家ということでも有名です。節約というよりも「ドケチ」というのが適切といえるほどお金を使わない徹底した生活ぶりです。いわば「節約王」です。

まずオードリーの春日の節約エピソードを挙げてみますと以下のようなものがあります。

オードリー春日の節約(?)術

例えば、オードリーの春日はお風呂に入るかわりに100円ショップで乳幼児用のおしり拭きを利用して体を拭いて済ませてしまうそうです。また、家具や電化製品は一切購入せず、「拾ってきた」もので済ますようです。さらに、同じ下着を8日間はく(裏返しなどをして利用すると8日間は洗濯せずとも「OK!」であったそうです)そうです。ここまですれば、たしかに水代や洗濯代などは大幅に節約できることは間違いないでしょう。

食べ物に関しても春日は、パンの耳を無料でもらってきたり、牛丼1杯を6回に分けて食べる、楽屋のあめ玉を溶かしてジュースにして飲むなど徹底した節約ぶりです。

いえ、正直に言えば春日の数々の所業は、節約の域を超えていて、単なる「超ドケチ」と呼ぶのが正確と言えるでしょう。

このように通常の生活に慣れてしまっている我々では到底真似することができない「節約の王の領域」まで行ってしまっているのがオードリーの春日です。やや汚い感じもしてしまいますが、お金の節約になっていることには変わりはありません。

春日に学ぶ節約のポイント

仮に春日の節約を真似したとすれば、家賃以外の生活費はほぼかからないことになるでしょう。仮にですが、春日の節約を真似したとすれば、家賃以外のお金をすべて節約して貯金に回すことも不可能ではないと言えます。

しかし、到底一般的に真似をすることができる節約法ではありません。(また、春日は芸人という職業をされておられますから、このような過剰な節約もひとつのキャラ作りとして重要でしょう。しかし、私たちにはそのような必要性はありません)

ただ、春日の節約は考え方として参考になることもあります。

まず、アイディア次第で節約はいくらでも可能ということです。春日の節約法は、どれも、物珍しくユニークなものです。仮に春日の節約方法が、単に「エアコンをつけない」とか「外食をしない」といったものであれば、話題にならないでしょう。しかし、あめ玉を溶かしてジュースにするという発想は、「それはなかった」というものと言えます。春日の発想はとてもユニークといえます。

この点を参考にすれば、ご自身の生活の中でちょっとしたアイディアで節約は可能ということが教訓になると言えるでしょう。節約方法は、インターネットや書籍などの中だけで得るものではなく、ご自身の生活の中で「こうすれば節約になる」というものが発見できれば、それは立派な節約術です。節約法はご自身の生活の中で独自に探し出すことができるものです。

また、春日の節約法の中には、「下着をなかなか洗わない」とったやや清潔感にかけると感じてしまうものもあるかもしれません。しかし、私たちの現在の衛生・清潔に対する考え方がやや過剰な面もあるかもしれません。例えば、1日下着を代えないからといって、どれだけ不潔かといえば、医学的に分析すればそれほどではないというのが実際のところでしょう。

過剰な清潔願望は、生活の息苦しさ、抵抗力の弱さ、そして衛生用品への支出など節約に反する発想・行動につながると言えます。春日の行動は真似をする必要はなく、(また到底出来ませんが)節約を考える上ではとても参考になると言えます。

男の本格節約術―5年で1000万円貯める52のノウハウ
柏本 湊
ごま書房新社
売り上げランキング: 41,775

まとめ:オードリー春日に学ぶ節約法の発想

以上、本文で述べましたオードリー春日に学ぶ節約術のポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 春日のユニークな節約方法は、日々の生活の中で自ら節約法を見つけるということの重要性を認識させてくれるといい得ます。節約法は、インターネットや書籍だけではなくご自身の生活の中で発見していくものでもあると言えます   
  • 春日の節約法の中には、やや不潔な感じを受けてしまうものもあります。しかし、私たちは清潔・衛生に過剰になっている面があるかもしれません。過剰になっていから春日の節約法が不潔に感じるのかもしれません。過剰な清潔願望を少しだけ取り除くことが衛生用品などにかけるお金その他さまざまな点で節約になるということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。