お金を節約して同時にダイエットもするための4つのヒント

広告ロゴ
メジャーを見る

「お金は増やして体重は落としたい」とはどなたでも考える願望と言えます。この節約とダイエットを同時に行うことができればまさに一石二鳥です。そこで、節約とダイエットを同時に行うちょっとしたヒントについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

節約しながらダイエットもしたい

ウォーキング

「お金⇒増やしたい、体重⇒落としたい」。これは誰もが当然思うことですよね。財布はぶくぶくと太ってくれて体はスラリとスリムになってくれれば最高です。しかし、お金を貯めることと体重を落とす方法に近道はありません。楽にお金を貯めたり減量をすることができれば、誰もがお金持ちでスリムになっています。貯金もダイエットもコツコツと「王道」を進んでいく以外に方法はありません。

そして、お金を貯める方法の「王道」は節約です。一方で体重を落とす方法はコツコツとダイエットを続けることです。お金もスリムな体も決して近道では手に入ることはありませんので、じっくりと時間をかけて健全に、健康的に節約とダイエットを続けていきたいものです。

ただ、節約とダイエットを並行して進めることは十分可能です。つまり、節約とダイエットを「セットメニュー」で行うということです。

節約とダイエットのコラボのヒント1-財布はスカスカに

節約とダイエットをセットで行うための方法として、普段はお財布を「スカスカ」にしておくということが効果的です。私たちは誰もが意志が強いわけではありません。財布にお金が入っているとつい気持ちが大きくなって買い物や外食などをしてしまいがちです。

しかし、そもそも初めから財布に入っているお金の金額を少なくしておけば、お金を多く使ってしまうということはなくなります。また同時に無駄に買い物をせず外食なども自然と減りますので、ダイエットにつながることにもなります。

普段から財布の中のお金は少なめにしておくことが節約とダイエットにつながるポイントです。

節約とダイエットのコラボのヒント2-自転車を活用しよう

消費税の増税(2014年4月現在)もあって、移動にかかる電車代、バス代、あるいは車のガソリン代も高くなっています。移動費・交通費の節約はお金を貯める上ではとても大きなポイントとなってきていると言えるでしょう。

そこで、交通費などを節約するためには、なるべく自転車を利用されると良いと言えるでしょう。また、自転車で1時間走ることでおおむね200~300キロカロリーを消費することができます。自転車を移動に利用することで交通費の節約になるだけではなく、ダイエットの効果も期待することができます。246

節約とダイエットのコラボのヒント3-朝型の生活

生活リズムを朝方にすることで、体内の調子が良くなり、カロリーの消費が効率的なものとなります。また、深夜につい夜食などに手を伸ばしてしまうことの防止にもなります。そして朝方にすることで電気の使用量を減らすことが可能です。

生活リズムを朝型にすることは体調を整えてダイエット効果を期待するという意味でも、お金を節約するという意味でも効果的です。

節約とダイエットのコラボのヒント4-時には「解禁」でごほうびを

節約とダイエットは、どうしてもストレスがたまります。正直なところ、誰だってお金を好きに使いたいし、好きなものを好きな時間に食べたいものです。節約やダイエットはこのようなご自身の「欲望」との戦いと言えます。

しかし、欲望は本能的なものですので、押さえ込みすぎては爆発してしまいます。そこで、時には節約やダイエットについて「解禁」をするということも重要です。

例えば、「今月は○万円(ご自身の目標額)節約して貯金できたから、残りのお金で服を買おう」とか「目標の3キロ減を達成したからディナーを食べに行こう」などです。

時には節約やダイエット解禁によるご褒美があったほうが、かえって節約・ダイエットはうまくいきやすいと言えます。

ただ、注意したいのは解禁の場合の限度もご自身で決めておくということです。例えば、「1万円の節約ができたら3000円のランチを食べる」など数字で明確に解禁限度を決めておくことが重要です。そうしなければ、あっという間に節約したお金が「パー」になってしまったり、リバウンドをしてしまいダイエットの効果がなくなってしまいます。

まとめ:節約とダイエットを一緒に行うためのヒントのまとめ

以上、本文で述べました節約とダイエットを同時に行うためのヒントについて、ポイントをまとめますと以下のように言うことができます。

  • 節約とダイエットのヒント1-財布にお金はあまり入れないこと。財布にお金がはいっていなければつい無駄遣いをしてしまうことや外食をしてしまうことなどができなくなり、半強制的に節約・ダイエットになります
  • 節約とダイエットのヒント2-自転車をよく利用すること・自転車は交通費がかからなくなるとともに、カロリー消費効果が期待できます
  • 節約とダイエットのヒント3-生活リズムを朝型にすること。体調が整えられ、自然にダイエット効果が期待できます。また、朝型のリズムで過ごされることで電気代の節約にもなります
  • 節約とダイエットのヒント4-無理をしすぎないこと。時には節約とダイエットを解禁することも効果的です。ただ、解禁の際の限度については明確な数字で決めておくことが良いと言えます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。