節約に適したエアコンの設定温度

広告ロゴ
ソファ

エアコンの設定温度ってみなさんどうされていますか?

通常エアコンの温度は、夏は28℃・冬は20℃が一つの目安と言われていますが、意外にもこの温度からかけ離れた温度に設定されている方が多いと聞きます。

その理由は、地球温暖化などの影響もあり、夏は異常に暑く冬場は急激に寒くなりすぎているためで、何も考えずにいると、ついつい夏場は25℃以下、冬場は28℃以上とエアコンの温度を設定してしまう方が増えています。

しかし、この温度設定を適切にしておかないと健康的にも節約的にもあまりよろしくありません。

本記事では、エアコンの適切な設定温度が、夏は28℃・冬は20℃と言われている理由と、この温度にすることで、節約的・健康的にどのような良い影響が出るのか、その仕組をご紹介します。

スポンサーリンク

エアコンの設定温度の常識

見て

近年、地球温暖化対策や省エネ対策などの一環でエアコンの設定温度についてニュースやエアコンのテレビCMなどでよく耳にしますが、みなさんはこの適切なエアコンの設定温度が何℃なのかご存じですか?

実は、エアコンの適切な設定温度は、夏場は28℃・冬場は20℃がエアコンの適切な設定温度と言われていますが、なぜこのような適切な設定温度が決まっているのでしょうか?

この温度が決まった背景は2005年の小泉内閣までさかのぼります。

当時、環境大臣だった小池百合子の提案した【クール・ビズ】が、この適正温度を定めるきっかけになりました。

現在ほどではないにしても、当時から地球温暖化現象は深刻な問題としてささやかれ、その原因とされていたのが、二酸化炭素(CO2)の排出にあると言われていました。

そこでこの二酸化炭素排出を減らすため、エアコンの設定温度を1℃余分に上げる(または余分に下げる)行為は省エネから反している行為として注意勧告されていたのですが、この頃熱中症で倒れるお年寄りが増えて、そのことも問題となったのです。

そこで、クール・ビズをきっかけに、ギリギリ熱中症で倒れない28℃を適正温度とし定められたわけです。

また、暖房の20℃が設定温度とされているのも同じような理由で、ウォーム・ビズを一つのきっかけに人間が寒さに耐えられるギリギリの温度がだいたい20℃であることから適正温度を20℃とするようになったのです。

適切な設定温度を順守することで得られるメリット

エアコンの適正温度は【クール・ビズ】や【ウォーム・ビズ】をきっかけに定められましたが、これはあくまで当時の政府が決めた温度なので、個人の体質によっては多少のばらつきがあるのは当然ですし、必ず守る必要があるわけではありません。

しかし、極端な温度設定でエアコンを使用すると、外気との温度の差によって体調を崩すばかりか、最悪クーラー病に罹り体温調節がままならなくなるなんてこともあります。

また、エアコンの温度を1℃上げ下げするだけで、外気との差にもよりますが、目安として10%の電気代が節約できると言われています。

出来る限り適切な温度でエアコンを使うことは、クーラー病予防につながるだけでなく圧迫し続ける家計を助ける意味でもメリットはたくさんあります。ぜひ、この機会に適切な温度でのエアコンを使用するようにしましょう。

エアコンを適切な設定温度に保つ秘訣・ポイント

エアコンを適切な温度に設定して使い続けるのが良いことなのは分かりましたが、現実問題、極端な夏場の暑さや冬場の寒さのため、なかなか適切な設定温度でエアコンを使い続けるのは難しいですよね。

そこで、いくつかポイントを挙げて適切な設定温度で使い続けるための秘訣をご紹介します。

★エアコンの適切温度を保つための秘訣

  • 状況に応じて薄着・厚着をして体温調節に努める。
  • 窓やカーテンの開け閉めをこまめに行い、室内の温度を調節しておく。
  • 扇風機・サーキュレーターを活用してエアコンの効果を高める。
  • 湿気が高くジメジメした場合は冷房よりも除湿運転にする。

大まかなポイントとしては以上の4項目を挙げておきます。

エアコンを使用する前は、状況に応じて薄着・厚着をして体温調節するのは必ず行ってください。

いくらエアコンを使用しても、厚着した状態で冷房を掛ければ効果は薄くなりまし、逆に、薄着した状態で暖房を入れても同じように効果は薄くなります。

最低限、薄着・厚着をして状況に併せて体温調節を行いましょう。

またエアコン使用前にはカーテンや窓の開け閉めを行い室内の温度を調節しておくと非常にエアコンの効き目が良くなります。除湿しておくのも同じで、全く除湿せずに冷房を入れた時と比較すれば効果が高まるのは明らかです。

このような工夫を施すことでエアコンの温度は適正温度の±1~2℃で抑えることが出来るので、一度試してみてくださいね。

まとめ:エアコンの適正温度を保つ秘訣と健康面・節約面の大きなプラス

エアコンの適正温度は【クール・ビズ】や【ウォーム・ビズ】をきっかけに夏場は28℃・冬場は20℃に定められていますが、この温度を守ることで省エネはもちろん、クーラー病予防・約10%の電気代の節約などいいこともたくさん得られます。

しかし、暑さや寒さが激しくなる近年で、なかなか適正温度でのエアコン使用は難しいのも事実なので、適切な設定温度を順守しなければならないと無理をする必要はありません。

ただ、薄着・厚着による体温調節や、窓の開け閉め・カーテンの使用など適切な温度でエアコンを使い続けるための秘訣はいくつか存在します。

ぜひ、これらの方法をうまく活用して、エアコンの設定温度を無理なく適切に保ちお得に節約してくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。