セロトニンによる頭痛の原因と対策

頭痛の男

頭痛、特に偏頭痛の原因として考えられているのがセロトニンという神経伝達物質の働きです。セロトニンは脳の血管を拡張させ、偏頭痛を生じさせるという考え方が現在では有力です。セロトニンが偏頭痛を引き起こすとした場合には、ストレスを避けて過剰なセロトニンの分泌を生じさせないことなどが重要となります。

本稿では、セロトニンと頭痛、特に偏頭痛との関係についてまとめています。偏頭痛をお持ちの方のご参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

頭痛の原因は解明されないまま

頭痛の男

頭痛、特に偏頭痛の原因は、いまだに正確な原因が解明されてはいません。頭痛は古くから多くの人たちが患ってきた持病であるにもかかわらずその原因はいまだにはっきりとはわかっていません(もちろん、重篤な血管障害などの場合の頭痛は別であり、原因は脳の疾患などはっきりとしています)頭痛の真の原因は今のところ、人類にとっての「謎」となっています。

ただ、医学の発展によって頭痛の原因ではないかという物質やその働き・原理については
解明されつつあります。現在、頭痛の原因として有力視されているものが、神経伝達物質であるセロトニンという物質です。

セロトニンという物質と頭痛の関係

セロトニンという神経伝達物質の名前をご存知の方は、良いイメージとしてセロトニンの名前を知っている方が多いのではないかと思われます。セロトニンは精神をリラックスさせる脳内物質・神経伝達物質として広く知れ渡りました。

そして、セロトニンが不足がちとなる現代人は、イライラやいわゆる「キレる」という現象を引き起こすと言われています。そのため、セロトニンを増やすことが精神衛生上は良いというイメージで人口に膾炙している面があります。

またセロトニンはうつ病の対策としても有名です。うつ病の治療にあたってはセロトニンの分泌を促進させる薬物が投与され、セロトニンの不足がうつ病の原因となると言われます。このようなことからセロトニンは多い方が精神衛生上は良いというイメージが非常に強くなっています。

しかし、このセロトニンの分泌が過剰となっていることが頭痛、特に、偏頭痛の原因として現在は注目されています。これは具体的には以下のようなメカニズムでセロトニンが頭痛に寄与してしまうとして把握されています。

まず、脳内で意識的・無意識的にストレスを感じた場合、血管にセロトニンが大量放出されることとなり、血管が拡張されます。そして、セロトニンの大量放出によって血管が拡張された結果、三叉神経(顔面神経)を圧迫して、炎症物質(痛みを感じる物質)が放出されて三叉神経部分に炎症が生じます。

その結果、頭痛が発症するというメカニズムが偏頭痛の発生メカニズムとして提唱されています。このような考え方をセロトニン説といいます。また、セロトニンの分泌・血管の拡張の程度が激しい場合には、吐き気や嘔吐を発症すると言われます。

セロトニン説と偏頭痛解消のポイント

このように精神をリラックスさせたり、うつ病の治療に役立つという良いイメージが強くなっているセロトニンですが、一方ではこのようにセロトニンが頭痛の原因となっているという考え方があります。もちろん、セロトニン説が完全に正しいという証明はされていません。あくまでもセロトニン説はひとつの考え方であり、完全に頭痛の原理が解明されたわけではありません。

しかし、セロトニンが頭痛の原因を作るという考え方は、現在、非常に有力な見解として注目されています。セロトニンが頭痛の真の原因であるかどうかはさらに医学研究の進歩を待つとして、現実的な問題として頭痛が生じた場合にはその解消をすることが必要です。

一般に偏頭痛の場合には患部を冷やすことで頭痛が治まります(一方、肩こりなどからくる緊張型頭痛の場合には、温めることが必要です。冷やしてはいけません)。このような頭痛の押さえ方は血管拡張が原因であるというセロトニン説と整合性があるということができます。

また、セロトニン説が正しい場合には、何よりストレスをためない生活をすることなどが重要となります。前述のとおりセロトニンはストレスを感じて分泌されるので、ストレスがセロトニンの分泌を促し、頭痛の原因となるということができるためです。

セロトニンと頭痛の関係のまとめ

以上、本文で述べましたセロトニンや頭痛についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 頭痛、特に偏頭痛が生じる原因は現代でも完全には解明されてはいません。ただ、ひとつの有力な考え方として、セロトニンという神経伝達物質が頭痛の原因となるという考え方があります
  • セロトニンは、うつ病の治療や精神をリラックスさせるなどの良い面があることが確認されている反面、大量に分泌されることで頭痛の原因となるという考え方があります。これをセロトニン説と呼んでいます
  • セロトニン説が正しいとした場合には偏頭痛を起こさないようにするにはストレスを避けることによって精神をリラックスさせることが重要となります。また、患部を冷やすことが偏頭痛には効果的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment