腸の不調の原因はセロトニン!?過敏性腸症候群とは

腸が痛い男

緊張時に下痢などを起こしてしまう過敏性腸症候群の原因としては最近はセロトニンの働きを挙げる考え方が強くなってきています。

セロトニンの90パーセントは腸に存在していますが、過敏性腸症候群の方は、ストレスを感じた際に腸のセロトニンが分泌されやすくなるということが指摘されています。この理解によって、最近では過敏性腸症候群の治療方法として腸内のセロトニンの働きを抑制する薬剤を利用することが増えています。

スポンサーリンク

緊張すると腸の調子が悪くなる

空

「昔から緊張するとトイレに行きたくなる」このような方は多いのではないでしょうか。例えば、大切な試験開始の直前、大事な会議やプレゼンテーションの途中など非常に重要な局面になると腸の調子が悪くなり、どうしてもトイレに行きたくなるという方は少なくないと思われます。しかし、病院で診てもらっても胃腸が悪いということはありません。

このような症状を、過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん・通称・IBS)といいます。よく日常生活では、「緊張に弱いタイプ」などと呼ばれてしまうこともあるかもしれません。しかし、この過敏性腸症候群の原因・その対処法が近年徐々にわかってきています。そして、キーワードとなるのがセロトニンという神経伝達物質です。

セロトニンの働きとその分布場所

セロトニンは神経伝達物質の一つとして私たちの体の中で精神状態などに大きく関わっている物質です。セロトニンの体内での働きは様々なものが指摘されていますが、一般的に知られているのは、精神をリラックスさせるという作用ではないかと思われます(他にもセロトニンがうつ病の治療に大きな役割を果たしているという意味でご存知の方も多いかもしれません)

セロトニンは、精神をリラックスさせる作用から「幸せ物質」「幸せホルモン」などとして一時マスコミなどで大きく取り上げられました。この文脈の中ではセロトニンは、主として脳内に存在し、脳で作用してストレスを解消させるなどの働きで把握されていました。

しかし、セロトニンの90パーセントは実は腸に存在しています。脳内にあるセロトニンは数パーセントです。このようにしてセロトニンは腸に非常にたくさん分泌していることがわかっています。

セロトニンと過敏性腸症候群

このセロトニンと先に述べた過敏性腸症候群が大きく関係しているというのが最近の考え方です。つまり、セロトニンの90パーセントが腸に存在していることからも分かるように、腸は第二の脳と呼ばれるほど、腸と脳は密接に関係をしています。実際、脳と腸は様々な神経細胞で結合しています。そのため、ストレスを脳で感じた場合には、腸へも影響が及ぶことになります。つまり、ストレスは腸へも影響を与えます。

そして、過敏性腸症候群の方は、ストレスが腸のセロトニンへ影響しやすいという体質を持っているという理解が近時の理解です。ストレスがあった場合、腸のセロトニンが大量に分泌され腸の運動異常が起こり、結果として胃腸の調子が悪くなってトイレが近くなる、つまり、過敏性腸症候群になるというメカニズムです。

過敏性腸症候群の治療方法

このように過敏性腸症候群は、セロトニンと大きな関係があることがわかりました。そのため、過敏性腸症候群の治療は、腸内でのセロトニンの働きを抑えるという薬剤を投与することで治療を行うこととなります。

具体的には、セロトニン3受容体拮抗薬という薬剤を使用します。このセロトニン3受容体拮抗薬は腸でセロトニンとセロトニン受容体が結合することを防ぐ薬です。セロトニンがセロトニン受容体に結合することで、腸内の活動が活発となり、下痢等の過敏性腸症候群が生じるという理解から、投与されます。

最近では、生活指導・食事療法といった従来からの過敏性腸症候群の解消方法とともにこのセロトニン3受容体拮抗薬を用いて過敏性腸症候群の治療に当たっている医師・病院が増えてきています。

過敏性腸症候群にお悩みの方は、このような近時の治療方法の変化を知っておかれることで治療の新たな糸口となることが期待できるということができます。

まとめ:腸・過敏性腸症候群とセロトニンの関係

以上、本文で述べました腸ないしは過敏性腸症候群とセロトニンの関係のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 医学的な問題がないにもかかわらず、緊張時に胃腸の調子が悪くなってしまう過敏性腸症候群について最近はセロトニンという神経伝達物質が原因という考え方が広まってきています
  • 過敏性腸症候群の方は、緊張時には、腸内に大量に存在しているセロトニンが分泌されて、そのセロトニンが腸を刺激して下痢等を起こすという理解が進んでいます
  • このため、過敏性腸症候群の方への治療方法として、腸でのセロトニンの活動を阻害する3セロトニン受容体拮抗薬が利用されるようになってきています

緊張するとトイレに行きたくなってしまう方は決して「緊張に弱い」などという抽象的な理由ではなく、セロトニンの分泌が原因ということが医学的に解明されつつあります。
このような発見は医学の発展の一端ということができるかもしれません。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment