うつ病治療中の方は注意したい。セロトニン症候群について

太陽

うつ病の治療を受けておられる方はセロトニン症候群の可能性に注意することが必要です。

セロトニン症候群は、セロトニンを含むうつ病薬が原因で生じるものなので、うつ病の治療を受けている限り、発症の可能性があるためです。本稿ではセロトニン症候群についてまとめています。うつ病の治療中の方でセロトニン症候群に関心がお有りの方のご参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

セロトニンの働きとうつ病の方の治療について

ベッド

セロトニンは、神経伝達物質の一種で精神を安定させ、気持ちをリラックスさせる働きをします。そのため、セロトニンは通称、幸せホルモン・幸せ物質などとも呼ばれています。

うつ病の方はこのセロトニンが不足してしまうことが身体的な原因とされています。そのため、うつ病の方の治療としては、セロトニンの分泌量を増やすための投薬(SSRIなど)を行うことなどが中心となっています。

しかし、セロトニンの分泌量が増えることで逆に身体に悪影響を生じることがあります。
いわば、SSRIの副作用ともいうべき症状です。

セロトニン症候群とは

セロトニンの分泌量が増えてしまうことで逆に発症する可能性があるのがセロトニン症候群と言われる症状です。セロトニン症候群はセロトニンが増えすぎてしまうことで、逆に体に悪影響が生じるものです。主としてうつ病の方に対する治療の過程で生じてしまいます。

セロトニン症候群は、発症すると気持ちの錯乱、異常な発汗、頻脈、震え、手足や眼球が意識していないのに勝手に動く、下痢などの諸症状が生じます。最悪のケースではセロトニン症候群によって死亡してしまうケースもあるということです。そのため、うつ病治療の際には、このセロトニン症候群の存在・危険にも注意する必要があります。

セロトニン症候群の可能性の判断

セロトニン症候群は、セロトニン濃度が高くなることにより生じ、その発生のしやすさなどは人それぞれであるようです。セロトニン症候群か否かの判断は、最終的には医師の診断によることになります。

ただ、うつ病の方が単に下痢をしたからといって、即座にセロトニン症候群というわけではありません。セロトニン症候群が疑われるのは、主として以下のような場合です。

まず、セロトニン症候群はうつ病対策の薬の影響によって発症しますので、SSRIなどうつ病薬の投薬を受けてから数時間以内の症状の場合には、セロトニン症候群を疑ったほうが良いということができます。つまり、うつ病の薬を飲んでから数時間以内に上述した発汗や下痢などの症状が現れる場合には、セロトニン症候群の可能性が疑われることとなります。

また、セロトニン症候群の症状としては、異常な発汗については見逃しやすいので注意が必要とされます。手足が意思に反して勝手に動いてしまうなどのケースであれば、セロトニン症候群とは判断できずとも、何らかの異常な状態であることがわかりますので、誰でも医師の診療を受けると思われます。しかし、発汗などの場合にはついセロトニン症候群の可能性を見逃してしまうことがありえます。

うつ病の治療を受けている場合には常にセロトニン症候群の可能性を考えることが重要ということができます。

セロトニン症候群の治療方法

セロトニン症候群と判断された場合には、そのセロトニン症候群を治療することとなります。セロトニン症候群の治療は、症状の程度によって異なることとなります。

まず、セロトニン症候群の程度が軽症である場合、原因となっている薬物の投薬を中止するなどの消極的態様による治療法や体を冷やすなどの治療法が取られることとなります。
これに対してセロトニン症候群の症状が重い場合には、服用しているうつ病の薬に対抗する作用がある薬物を投与することになります。

セロトニン症候群は、初めての症状の場合でなければ、ある程度、ご自身でセロトニン症候群の症状を把握することが可能となります。そのため、セロトニン症候群を発症する傾向がある方は、ご自身の症状を可能な限り把握しておくことでスムーズに治療を受けたり、重篤となる前に治療を受けることなどが可能となります。セロトニン症候群の可能性がある方はご自身の傾向を把握されておくことがおすすめできます。

重篤な事態になる前に医師の診断を受けることが重要ということができます。

セロトニン症候群の可能性を認識されることが重要

以上、本文で述べましたセロトニン症候群に関してのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • うつ病の治療に際して、投薬などの関係からセロトニンの量が過剰となってしまうことがあります。つまり、うつ病の治療にあたってはセロトニン症候群の可能性があります
  • セロトニン症候群の諸症状としては、錯乱、異常な発汗、頻脈、震え、手足や眼球が意識していないのに勝手に動くなどがあります。ケースによっては死亡するというケースもありえますので、セロトニン症候群は軽視することができないものです
  • セロトニン症候群の治療は、軽度の場合には投薬の一時中断、重度の場合には対抗物質の投薬などが行われます。セロトニン症候群のご自身の症状傾向を把握しておくことで治療がスムーズに行われることとなります

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment