精神の安定に重要なセロトニンとノルアドレナリン

自然

セロトニンとノルアドレナリンはともに神経伝達物質として作用し、正常な分泌を欠いてしまうとうつ病の原因となります。

セロトニンとノルアドレナリンはそれぞれ独特の働きをする神経伝達物質として適正に分泌・作用することで精神的な健全性が保たれるためです。本稿では、セロトニンやノルアドレナリンについての作用のポイントをまとめています。

スポンサーリンク

三大神経伝達物質としてのセロトニン・ノルアドレナリン

朝

私たちの体には、神経と神経のあいだをつなぐ「仲介」の働きをする物質として神経伝達物質と呼ばれるものがあります。私たちの体のそれぞれの神経のあいだには隙間があり、そのあいだを仲介する物質がないと刺激などの情報が神経を伝わらないこととなります。

この場合に神経どうしの仲介をする働きをするのが神経伝達物質です。神経伝達物質としては様々なものが発見されていますが、セロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンの3つは三大神経伝達物質と呼ばれ、私たちの精神の安定などにとても大きな働きをしています。ここでは、三大神経伝達物質のうち、セロトニンとノルアドレナリンに着目してその働きを見ていきます。

セロトニンとノルアドレナリンの関係を把握することによってうつ病などの疾患についての理解が深まることとなります。

ノルアドレナリンの働き

ノルアドレナリンは、私たちの体において、緊張や神経の興奮を引き起こす神経伝達物質です。より具体的には、ノルアドレナリンは、意欲や恐怖などの感情を引き起こします。ノルアドレナリンは、もともと外敵から身を守るために発達した神経伝達物質と言われます。敵と対峙した場合に、戦う意欲や恐怖によって逃走するためなどにノルアドレナリンは働いていたと言われます。

このノルアドレナリンが不足してしまった場合には、意志力・意欲が低下してしまい、うつ病の原因となります。一方で、ノルアドレナリンの分泌が過剰になると意欲等が高くなりすぎて躁病・躁状態になってしまいます。また、血圧を高めてしまいます。

うつ病との関係で考えればノルアドレナリンの分泌が少なくなってしまった場合にうつ病の原因となることになります。

セロトニンの働き

セロトニンは一時期、「幸せホルモン」などと呼ばれて、書籍やテレビに大きく取り上げられました。セロトニンは、精神のリラックスをもたらす神経伝達物質と言われます。ただしセロトニンが過剰に分泌された場合には頭痛の原因やセロトニン症候群と呼ばれる症状を引き起こすものとされます。

セロトニンは過剰に分泌されると頭痛やセロトニン症候群などを引き起こしてしまいますが、適切な分量が分泌された場合には、精神的なリラックスをもたらします。そのため、セロトニンが適切に分泌されていることはうつ病予防・うつ病の治療のためにはとても重要となります。

実際にうつ病の治療においてはセロトニンの分泌を促進させる薬が処方されることとなります。このように精神の安定・リラックスのためにとても重要な働きをする神経伝達物質がセロトニンということになります。

ノルアドレナリンとセロトニンの関係

以上述べました、ノルアドレナリンとセロトニンの関係について考察すると以下のようなことが言えることになります。

まず、ノルアドレナリンとセロトニンはいずれも適切に分泌がなされない場合、うつ病の原因となるということが指摘できます。ノルアドレナリンは、分泌が減ってしまえば意欲が失われ、セロトニンは分泌がされないことで、精神的な安定感が喪失してしまうことになります。

また、セロトニンはノルアドレナリンによる興奮を抑制する働きをするということができます。ノルアドレナリンによってもたらされた緊張状態はセロトニンによって落ち着かせることができます。そのため、ノルアドレナリンばかりが活発化してセロトニンの働きが弱いと暴力などの問題が生じる可能性があります。

このようにノルアドレナリンとセロトニンは相互に関係して作用しています。

なお、セロトニンが興奮を抑えるという働きをすることは、三大神経伝達物質であるドーパミンとの関係でも同じことが言えます。ドーパミンは興奮などを司りますが、その興奮を抑えるためにセロトニンは作用します。

セロトニンとノルアドレナリンの作用や関係のまとめ

以上、本文で述べましたセロトニンとノルアドレナリンの関係などポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 神経伝達物質としてノルアドレナリンは緊張などをもたらします。ノルアドレナリンの活発が適正を欠くと意欲の減退などを生み、うつ病の原因となります
  • セロトニンも神経伝達物質として、精神的なリラックスをもたらします。セロトニンも適正な分泌を欠けば、精神的なリラックスを失ってしまい、うつ病の原因となります
  • ノルアドレナリンとセロトニンは相互に作用し合っています。ノルアドレナリンで緊張状態になった場合にその状態から精神をリラックスさせるのがセロトニンの作用です

三大神経伝達物質であるノルアドレナリン・セロトニン・ドーパミンはそれぞれ相互に作用し合い、私たちの精神の安定を支援しているということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment