それ本当に無添加?洗顔料やシャンプーに使われる危険な添加物

洗面台

毎日行う洗顔、直接肌に触れる洗顔料にはこだわりたいところ。

無添加洗顔料という言葉があります。無添加という言葉はかなり昔に一般に浸透しており、無添加というと何だか体に良い物のように思えます。

しかし無添加の基準というのも曖昧であり、無添加だからといって必ずしも安全であるかどうかというとそうでもないようです。

残念ながら洗顔料をはじめ、多くの石鹸やシャンプーには有害な物質が含まれている事が多く、全ての製品が安全とは言い切れません。

毎日使っている洗顔料、本当に安全かどうかもう一度確かめてみる必要があるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

無添加の意味

洗面台

洗顔料などに良く使われているこの無添加という言葉、無添加イコール添加物を一切使っていないという意味ではないのです。無添加とは、ある添加物を使っていないという意味で商品に用いられている言葉です。

例えば防腐剤が入っていない洗顔料、これは無添加洗顔料です。

もしくは着色料が入っていない洗顔料、これも無添加洗顔料です。

さらに合成界面活性剤が入っていない洗顔料、これも無添加洗顔料です。

では防腐剤が入っていなくて合成界面活性剤が入っている洗顔料、これはどうでしょうか。

お分かりだと思いますがこれも無添加洗顔料という事になります。無添加という言葉自体がある特定の企業が商品を売り込みやすくするために使いだした、とても曖昧な表現である事がおわかりいただけたと思います。

この様に無添加の基準というのはとても曖昧なルールの上に成り立っているのです。無添加の洗顔料を使っているのに肌が荒れてしまったという経験のある方は、その洗顔料の中で何が無添加であったのかを知る必要があります。何が自分の肌にトラブルを起こしたのかを把握するようにしましょう。

あらゆる物に入っている添加物

添加物と聞くと何だか悪い余計なものというイメージがありますが、例えばはちみつを配合した洗顔料、そのはちみつも添加物という事になります。天然由来の添加物もあるという事を知った上で、言葉だけに惑わされず。成分表示を確かめ、配合されている成分や添加物が自分の肌にどのような影響をもたらすのかを知る事が、自分に本当にあった製品を選ぶという事に繋がります。

話は洗顔料からそれてしまいますが、食品添加物を例にとってみましょう。

例えば亜硝酸ナトリウムという添加物があります。ハムやベーコン、魚肉ソーセージや筋子、タラコなど、あらゆる食肉製品にたいして使われる発色剤です。肉や魚の身は空気に触れていると変色して黒ずんでしまいますが、黒ずんだ肉では売れません。

この亜硝酸ナトリウムを発色剤として使用する事でいつまでも肉や魚をきれいな色に保つ事が出来ます。

しかし急性毒性の非常に強いこの物質は肉などに含まれるアミンと胃の中で結合し発がん性物質のニトロソアニンへと変化します。それ以前にこの亜硝酸ナトリウムは推定致死量が0.18gという猛毒です。猛毒で有名な青酸カリウムの致死量は0.15gです。

他にもノンシュガーのペットボトルドリンクに使用される人工甘味料や、缶詰のみかんの製造過程で皮むきに使用される塩酸など、私達が普段口にしている食品には様々な薬品や添加物が使用されています

洗顔料に含まれる添加物

話がだいぶそれてしまいましたが、これだけ私たちの生活に添加物や薬品が深く浸透しているという事です。

直接口に入る食品への添加物の基準がこれだけ曖昧だとしたら、口に直接入る事のない洗顔料やシャンプーとなると、どのくらい危険な物質が添加されているのでしょうか?

危険な合成界面活性剤

洗顔料やシャンプー、歯磨き粉に至るまで使用されるこの合成界面活性剤、これは水と油との境界面を活性化させて油汚れを取る洗浄剤です。分かりやすく言えば、汚れた髪を洗っても泡立ちが良いのはこの活性剤の働きです。歯磨きをした後に味覚が変わるのもこの活性剤の影響です。

今この合成果界面活性剤の危険性が指摘されています。この合成界面活性剤の影響によってアトピー性皮膚炎や不妊症、子宮内膜症などに悩んでいる方が多くいます。

更には海洋汚染の一番の原因であるという指摘もあります。また、花粉症と同じ様にある一定の量が体内に蓄積された時に影響が出てくると言われています。

洗顔料や歯磨き粉、シャンプーなどは毎日直接肌に使う物です、また肌への浸透性もあります。無添加というあいまいな言葉だけではなく、何が無添加で、何が添加されているのかをも知ったうえで、その製品がが自分に合っているのかを見極める必要があります。

カウブランド 無添加洗顔フォーム 120g
牛乳石鹸 (2003-09-29)
売り上げランキング: 2,141

あいまいな無添加、洗顔料やシャンプーのまとめ

  • 無添加とはある特定の添加物を使っていないという意味で使われる非常に曖昧な表示。
  • 食品や洗顔料をはじめ、添加物はありとあらゆる物に使用されている。
  • その添加物の多くは非常に有害な物質である事が多い。
  • 添加物、無添加という言葉の持つイメージだけでなく、使用されている成分が自分の体にどのような影響を及ぼすのかを知る必要がある。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment