生理前に腰痛がひどくなる理由

広告ロゴ
泣く

腰痛に悩む方は多々いらっしゃいますが、原因はざまざまです。その数ある原因の中に女性だけが経験しうる腰痛があります。特に生理前の女性に多く見られる症状で、軽度から重度と症状、感じ方も人それぞれです。

子供を産むことができる女性ならではの症状ですが、辛いことには変わりはありません。なぜ腰痛が起こるのか、起こることは分かっていても、その詳細はメカニズムを正確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。

年齢によってはこれからひどくなる方、付き合っていかねばならぬ方も多くいることでしょう。何が原因で引き起こされるのか、まずはその腰痛の詳細を知って、今後もご自分の体質とうまくお付き合いする手助けになればと考えます。

スポンサーリンク

原因その1 月経前緊張症

暗

生理前に腰痛を引き起こす原因として考えられる原因のひとつは、月経前緊張症(PMS)です。簡単に言ってしまえばホルモンの影響です。
腰痛を引き起こす原因のホルモンは大きく分けて、下記の2種類あります。

リラキシン

リラキシンは卵巣ホルモンの1種です。分泌される時期は生理前と、妊娠3か月~産後2~3日頃までです。

主に出産をスムーズにするために分泌されるホルモンのため、体中の関節をゆるめ筋肉や腱に負担がかかりやすくなります。そのため腰痛が引き起こされるのです。

プロンスタグランジン

こちらは黄体ホルモンによる、子宮から分泌されるホルモンです。こちらが分泌されるのは生理中です。腰痛に関わらず生理痛を引き起こす原因のホルモンと言えます。

生理痛の原因のホルモンと言われると厄介な物質に聞こえてしまいますが、重要なホルモンの一つです。子宮が赤ちゃんのベッドだとすると、女性は定期的にベットメーキングとお掃除をします。このホルモンはお掃除に一役買っており、子宮を収縮させ、古くなった赤ちゃんのベッドとスムーズに体外に排出する働きを担っています。

問題は過剰分泌された場合です。腰痛、肩こり、吐き気の原因であるこのホルモンの過剰分泌の原因は様々ですが、出産経験がない女性は子宮の出口が狭いため、経血の排出が滞りがちです。懸命に掃除しようとするため、分泌量が増えてしまいます。プロンスタグランジンが排出されないという悪循環に陥ります。つまり、出産後に生理痛が軽減するのは、掃除しやすい体ができたことに他なりません。

原因その2 月経困難症

生理痛の症状の一つ、腰痛を引き起こす要因として考えられるのは、月経困難症です。子宮と骨盤が深く関わってきます。

血行不良

赤ちゃんのベッドとして適切な成分や組織がプラスされたのが生理時の血液です。もとは全身を巡っていた血液です。

赤ちゃんのベットとして使用されなかった血液が排出されるのが生理なのですが、新しいベッドはすぐに準備されます。全身から子宮に血液を送るため、生理中に貧血になるのはこのためで、子宮に血液が集まることで、子宮は重くなりそのため腰にも負担がかかるのです。

骨盤のゆがみ

生理中は排出をスムーズにするため骨盤が広がります。しかしその骨盤がゆがんでいるとうまく広がることができず、腰痛を引き起こします。

骨盤のゆがみがひどくなると、本来の場所ではないところに子宮が位置することになり、血流が悪くなります。それにより経血過多や腰痛をはじめ、生理痛の重症化につながります。

症状緩和のために

生理前の腰痛は月経前緊張症と月経困難症が原因です。生理を迎える準備のためと、その準備がうまくいかないことが原因で引き起こされます。生理中の痛みにも同じことが言えます。

症状を緩和するために食生活からホルモンの調子を整えたり、適度な運動を心がけ、体を冷やさないなど、自分で普段から実践できることもたくさんありますが、緩和の兆しが見えず、ひどくなる一方の場合は病院へ行くべきです。

生理のない男性や症状の軽い方は、生理は病気ではないと言いがちです。確かに病気ではありませんが、知らないから言える暴言になり得ます。ですが、生理前から生理にかけて症状が重い自覚がありながら改善の手立てをしないのは、本人の怠慢とも言えます。

症状が自分の手に負えなくなる前に、一度は病院に行きましょう。婦人系の病気である可能性があることを忘れてはいけません。腰痛もですが、特に股関節に痛みがある場合、婦人系の病気の可能性があります。

生理は約1か月に1度の恒例行事ですが、赤ちゃんを迎える準備でもあります。赤ちゃんを宿した女性に、自分一人の体ではないと伝えたりしますよね。ですが赤ちゃんを産む予定の方の体は、今から将来のパートナーと赤ちゃんのために大事にすべきです。

大事にできるのはつらい症状に悩む自分自身だけ。自分の体を大切にすることは、将来のためでもあり、今の辛い症状を緩和する糸口でもあることを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。