生理中のむくみを解消したい人が注意したい5つのこと

美女

生理前になると急にむくみがではじめ、生理が終わると解消するという経験はありませんか?毎月、生理が来るたびに不快な症状に悩まされるのは辛いものです。むくみをはじめ、腹痛や腰痛など生理による不快感はすっきり解消したいものですが、なかなか難しいと感じている人も多いでしょう。生理の影響で起こるむくみを手軽に解消させるために気を付けたい5つのことをご紹介します。

スポンサーリンク

生理の影響でむくみが起こる原因とは

女性

生理前になると急にむくみやすくなるのは、女性ホルモンの影響です。

毎月の生理のリズムに合わせて、身体は色々な変化を起こしています。月に1度の排卵があり、子宮では妊娠の準備をしています。妊娠しないまま2週間が過ぎると、不要とされる子宮の準備が流されます。これが生理です。この排卵から生理まで女性ホルモンによってリズムが作られます。生理前にはプロゲステロンというホルモンが活発になり、妊娠の準備を行うために水分を溜めこみやすい身体にしているのです。

生理が終わったところでエスロトゲンというホルモンと入れ替わり、今度は代謝が良くなります。そのため、むくみが解消されるというわけです。

生理の時のむくみを悪化させる原因がある

生理前のむくみを悪化させる根本的な原因に「冷え」と「貧血」があります。この二つは切っても切れない関係であり、冷えがある人は、大抵の場合貧血であるともいえます。この2つにアプローチすることが生理前のむくみを解消させるための大きなカギとなります。

生理で起こるむくみを解消するための気を付けること

生理前や生理中のむくみは不快なので、早く解消したい!とあれこれ工夫をする人も多いのではないでしょうか。大抵の場合、「何かをすれば、解消する」と考えがちですが、ここでご紹介するのは、「今やっていることをやめることで、解消をしやすくする」という方法です。色んなことをやってみるのはいいのですが、むくみ解消グッズやサプリメントを利用するのは、どうしてもお金がかかります。それよりも、今やっていることを止めてみたら、意外とすぐに解消した、ということもあるのです。5つの注意点をご紹介します。取り組みやすいことから始めてみましょう。

生理中のむくみ解消その1:冷やさない

生理中のむくみを悪化させる原因に「冷え」があるとお伝えしました。冷えがあるなら温めればいいのね!と思う人が多いのですが、それ以前に、「冷やさない」という意識を持つことが大切です。冷えてしまった身体を温めるのは大変なことです。それよりも、露出の高い服は避ける、冷たいものを飲まないなど、日常的に注意しておきましょう。貧血の人は口に熱がこもりやすく、冷たいものを飲みたがります。普段から冷たいものが好きな人は、貧血解消のアプローチも行いましょう。

生理中のむくみ解消その2:甘いものを止める

冷えの次に注意したいのが、「甘いもの」です。むくみを悪化させるだけでなく、腹痛や腰痛などの生理痛が悪化します。甘いものに含まれる糖質が体内で代謝されると、代謝水を作り、体内の水分が余計に増えてしまいます。また、過剰な糖質は腎臓機能に負担がかかり、どんどん代謝が低下してしまうのです。砂糖は身体を冷やすとも言われており、冷えにもつながります。冷えがある人は、エネルギー不足の人が多いため、甘いものが欲しくなります。一番大元の原因が貧血でエネルギー不足を作っています。貧血の人は、冷え性で甘いものが大好きという人が少なくありません。甘いものを止めて、タンパク質をしっかり摂ることで体内の冷え解消、貧血改善につながりますよ。

生理中のむくみ解消その3:カフェインを止める

生理前からはじめる不調を招きやすくするのが「カフェイン」です。コーヒーや紅茶、緑茶だけでなく、コーラやエナジードリンク、栄養ドリンクなどにも多く含まれています。カフェインはホルモンを刺激する作用があり、ホルモンバランスを崩してしまいます。更には、血管を収縮させるので、これも末端の冷えにつながるのです。カフェインがやめられない人は、自分でエネルギーを作れない人なんです。毎日の食事を見直して、バランスの良い食事を摂りましょう。

生理中のむくみ解消その4:ダイエットは中断する

生理前からむくみだすと、ダイエットを始める人がいます。実は、これはかなりの逆効果。生理前にダイエットをはじめることで、余計にエネルギー不足となり、次の生理前には更に悪化した症状が出てしまいます。悪循環を作る生理前のダイエットは中断しましょう。生理前は身体が妊娠準備をしているところです。妊娠する予定がなくても、身体は関係ありません。女性性を維持するために、いつでも妊娠できる準備をしているのです。この時期のダイエットは、身体にとって大きな負担をかけてしまいます。むくみが解消される体質になるには、ダイエットは不要です。

生理中のむくみ解消その5:夜更かししない

生理のリズムを作る女性ホルモンは、睡眠などの生活リズムに大きく影響されています。睡眠不足になると、ホルモンバランスが崩れ、生理という排泄に向けた準備が進まなくなります。睡眠時間に行われる代謝が低下することで、むくみの解消にも時間がかかります。夜はしっかり眠ること。生理前のむくみを解消させるにはとても大切です。

ALINCO(アルインコ)  エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150
ALINCO(アルインコ) (2012-04-05)
売り上げランキング: 21

まとめ

生理中に起こるむくみはホルモンの影響であり、止めることはできません。しかし、悪化させない体質を作ることによって、むくみが起こりにくい体質になります。むくみを一時的に解消する方法は色々ありますが、生理がなくなる日までずっと続けるのは大変なことです。毎月のむくみに悩ませれ、むくみを解消したいと願うのであれば、まずは生活習慣を見直しませんか?

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment