広告ロゴ
見て

 

家具って買う時はもちろん処分する時、結構大変です。安易に適当な買取業者に頼むと、高額な処分費用を請求されたりします。エコを普段からこころがけている方ならリサイクルしたいですよね。捨てるのは勿体ないような状態の場合、どうするのが一番でしょうか。

こちらでは、要らなくなった家具をリサイクルするオススメの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

家具のリサイクル

不要になった家具はどうする?

はてな

家具は買う時は高いですが、車のように下取りしてもらえることはなく、処分に困る厄介な代物。デザイナーズ家具ならともかく、なかなかそれなりの金額で引き取ってもらえることはありません。でも愛着もあるし、粗大ごみに出すのはなんだかもったいないという時、リサイクルを考えてみましょう。

粗大ごみの規格

そもそも、粗大ごみ自体が面倒。自治体によって異なりますが、練馬区などでは長さが概ね1m80cmを超えるものは、切断するなどそれ以下のサイズにして申し込みしないといけません。しかしベッドなど切断するのは難しい。購入した販売店などに相談するか、資源循環センターに問い合わせたりが必要になります。

家具のオススメリサイクル方法

オークションサイトに出してみる

状態が良く、ニトリなどの量販店で買ったものでないなら、ヤフオクに出してみても。ただ配送料金がかかることがネックになるので、高額買取は期待できないかもしれません。写真の撮り方を工夫したり、入札者とのやり取りが少し手間なのがクリアできるのならオススメ。

自治体の引取サービスを利用する

自治体によっては手数料だけで引き取ってくれます。業者に頼むよりは低料金で安心なところ。まずはお住まいの自治体に問い合わせてみましょう。ただしセンターなどへの運搬や階下への移動が必要になったりするので、力のある男性向けと言えます。

渋谷区
渋谷区は家庭で不用になった木製家具類の引取り、再生、販売を行っています。ただし磨いたり金具を付け替えるなどの軽い補修程度をすればまだ使える木製家具に限ります。ベット(ベビーベットを除く)、オフィス家具、電気製品などは引き取れません。引取り手数料がかかります。

杉並区
区内在住者に限り使用可能な家具の引き取りをしてくれます。ただし家具の種類、状態等によっては引き取れない場合もあります。また、引き取りの際に運搬が必要な場合は、引き取り手数料がかかります。引き取りは玄関前で行い、エレベーターのない2階以上の場合は階下での引き取りとなります。

目黒区
不用になった家具でまだ使えるものは、シルバーアトリエ(目黒区エコプラザ内)で有料で引き取り、修理・再生して展示販売をしています。ただし、家具の状態によっては、引取りできない場合もあります。

有名リサイクルチェーン店に依頼する

有名リサイクルチェーン店でも家具を取り扱っているところがあります。比較的家具を前向きに扱っているのは創庫生活館トレジャーファクトリー。持込・宅配・出張すべての買取サービスが無料で利用できます。創庫生活館はネットで査定してくれます。トレジャーファクトリーは購入7 年以内の大型家具・家電3点以上で無料で簡単に出張買取を申込できます。まずは見積もりを取ってみましょう。ネット上で様々な買取業者が出てきますが、高額な処分費用を請求されるトラブルも起きているようですので、安心できる業者に依頼しましょう。

掲示板を利用する

売りたい人買いたい人が出会える掲示板ジモティーでは、個人が所有する家具を利用者間で売り買いできます。ベッド・布団などの寝具、机や椅子、ソファー、ダイニングセットに収納用品までOK。投稿ボタンを押して投稿フォームに入力して登録するだけ。問い合わせが来たら当事者で取引するシステムです。地元で直接会って取引するので、梱包・郵送・決済など面倒な手続きが不要です。

ヤマト運輸のサービスを利用する

引越サービスとの同時利用時のみですが、引越のタイミングで不用になった家具・家電を、クロネコヤマトが買い取ってくれます。引越前後の慌ただしい時に、面倒な廃棄手続きや廃棄料金の負担がなくなる便利なサービス。買取してくれるものは冷蔵庫・洗濯機など家電類(製造より6年以内)、家具類(購入より6年以内)、雑貨などでエアコンやパソコン、布製品は不可。条件に合うとかなりお得で楽なサービス。

まとめ:家具のオススメリサイクル方法

不要になった家具、できるなら捨てずにリサイクルしたいもの。リサイクルするにはいくつか方法があります。おさらいしておきましょう。

  • ヤフオクに出す
  • 自治体の引取サービスを利用する
  • 有名リサイクルチェーン店に依頼する
  • 掲示板を利用する
  • ヤマト運輸のサービスを利用する

この記事を参考に、要らなくなった家具を上手にリサイクルしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。