漢方はおねしょの特効薬

子供

なかなか治らないおねしょ。本人も家族も辛いですよね。おねしょの原因は様々なので、完治するには時間がかかると言われています。自然にゆっくり治療するには、漢方薬は大変効果的です。副作用がなく、誰でも服用できる漢方は、人間の身体に一番合っているのかも知れません。今回はおねしょに効果が抜群の、漢方の効能と使い方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

実は凄い!おねしょに効く漢方薬の効能とは

眠い子供

漢方薬とは、「病気を退治する」、というよりはむしろ、「体質を改善する」という事に重点をおいて処方される薬です。インフルエンザのタミフルのように翌日にすぐ効く!という速攻作用が無いかわりに、長く服用する事で、その病気にかかりにくい身体になっていきます。どちらが特かは、使う方の考えそれぞれですが、副作用が少なく、身体の負担がないのは漢方薬のほうでしょう。

おねしょの原因

おねしょの原因は心因性のものから成長期の体質、内蔵機能までさまざまですが、漢方で一番重視するのが身体の冷えです。おねしょの原因は特に内蔵の冷えが原因と考えられており、身体を温める成分の薬効作用が有効と考えられています。皮膚レベルの体温ではなく深部体温(内蔵体温)を高める事が、おねしょを治す秘訣なのです。

タイプ別にみる漢方薬の選び方

漢方の種類はそれこそ千差万別で、100人いたら100人とも処方箋が違うと言われています。おねしょもひとくくりに考えず、一人一人の体質に合わせて薬を選ぶ事が重要です。ここでは症状のタイプ別に分けて漢方薬を選んでみました。

膀胱に尿をたくさんためられないタイプ

1回の尿の量が少なく、日中にトイレに行く回数の多い、お腹が痛くなりやすい子供は、膀胱に原因があります。こういうタイプには小健中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方薬がおすすめです。この漢方薬は、子供のおねしょにはよく使われる有名な漢方で、筋肉の力をつけ、身体を温める作用があり、子供の冷え症や風邪を引きやすい体質を改善させると言われています。

尿意を我慢する事ができず、トイレに行く前に漏らしてしまうタイプ

このタイプの人は子供も大人も日頃から疲れやすい、食欲不振、風邪を引きやすい、姿勢がわるく、正しい姿勢を保てない人が多いのが特徴です。こういうタイプには子供には補中益気湯(ほちゅうえっきとう)大人には六君子湯(りっくんしとう)がおすすめです。どちらも中枢反応が弱い人に向く薬です。虚弱体質を改善させてくれます。手足の冷えや胃痛にも改善効果があります。

冷え症で血流が悪く、新陳代謝が滞りがちなタイプ

朝方に大量のおねしょをする事が多く、冬場に悪化しがちで比較的よだれが多く寒がりな人はこのタイプです。こういう人には子供も大人も八味地黄丸(はちみじおうがん)がおすすめです。この漢方薬は、「腎」の気を補う老化予防に効果がある漢方薬で、頻尿以外にも糖尿病、冷え症、腰痛、便秘と多岐にわたって効能があります。

慢性的に熱っぽく発育が未発達又は低下がちなタイプ

喉が乾きやすく、寝ぼける事が多くて、頻尿気味な人はこのタイプです。こういう人には六味丸(ろくみがん)が良いでしょう。この漢方薬には身体の弱った部分を補う作用があり、頻尿以外にも足腰や下半身の衰えにも効果があります。腎機能低下に伴う夜間頻尿に特に効果を発揮するので、子供から高齢者まで幅広く処方されています。

本格漢方 〔2013〕 漢方道を究めた「名医」の最新治療 (週刊朝日MOOK)
朝日新聞出版 (2013-03-22)
売り上げランキング: 8,503

漢方薬の成分

一般的に、漢方薬は植物の茎や根、葉などの植物の生薬を組み合わせて作った自然素材の薬です。(鉱物や他の自然素材が入る事もあります。)古来中国から始まった薬ですが、日本でも昔から作られています。化学合成が主流の現代医学の薬に比べると効き目は穏やかで、副作用が少ないのが特徴です。 いかがですか。漢方薬はおねしょ以外にも様々な効能があります。生薬が身体のホルモンバランスや血流を良くし体調を整えるため、漢方薬を服用する事で身体の自然治癒力が高まります。是非本記事を参考にして、自分に合った薬を見つけて毎日の健康に役立てて下さい。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment