早く治ってほしい子供のおねしょの原因と対策について

海の子供

小さな子供のおねしょの原因はやむを得ないものがありますが、幼稚園・小学校に進学してもおねしょが続く場合には、精神的・身体的な原因が潜んでいる場合があります。

幼稚園入園前のような小さな子供の場合、膀胱の大きさと尿量のバランスが取れないことからおねしょをしてしまい、これはやむを得ない原因です。しかし、ある程度大きくなってもおねしょが続く場合にはストレス等の原因からおねしょが続いている場合もあります。

そのような場合には専門医による治療を受けることがおすすめできます。本記事では、主として子供のおねしょについての原因や対策について基本的な事項をまとめています。

スポンサーリンク

早く治ってほしい子供のおねしょ。その原因は!?

布団

子供のおねしょには、手を焼いてしまっているお母さん・お父さん(あるいはおばあちゃん・おじいちゃん)は多いのではないでしょうか。こどもはおねしょをするものだとはわかっていても、はやくおねしょが治ってほしいと思われるのは自然のことです。

また、幼稚園や小学校に入学するころになっても、まだおねしょが続いてしまっている場合には、少し心配な気持ちになってしまい早くおねしょが治ってほしいと切実に願うようになる方もいるでしょう。(なお、小学校入学以降のおねしょは、正確には夜尿症と呼びます)。

おねしょをなるべく治す方法を考える前提としておねしょはどうして起きるのかという原因から検討していきたいと思います。

おねしょの原因

子供がおねしょをするのはどのような原因からなのでしょうか。

正常な場合、子供がおねしょをしてしまう原因は身体的な成長具合が原因となっています。小さい子供の場合には、まだ膀胱が発達していません。そのため、膀胱にためることができる尿の量を超えてしまっている場合、膀胱に保管することができなくなった分の尿がおねしょとなってしまうことになります。

つまり、小さな子供のおねしょは膀胱の未発達と尿量が対応していないことが原因ということになります。このような身体的な原因によっておねしょをしてしまうことはごく当然のことであり、誰もが経験します。一般的に幼稚園に入園する頃までのおねしょは膀胱の大きさに比べて生成される尿量が多いことが原因となりますので、やむを得ないものです。

ある程度のおねしょは、やはりやむを得ないものとして子供の成長をじっくりと見守ることが重要と言えます。

しかし、ある程度大きくなってもおねしょが治らない場合(具体的には小学校入学時などになっても治らない場合)には、精神的なストレスなどが原因となっておねしょが続いている場合もあります。また、ごくまれに脊髄などの病気が原因となっておねしょをする場合もあります。

子供のおねしょの原因はおおむね、自然なものですが、小学校入学後もおねしょが続くような場合や、おねしょが治ったと思っていたのに急におねしょが再発した場合、その他不自然なおねしょが続く場合には、何らかの体の機能的な原因や精神的な原因があることが考えられますので専門医の治療を受けることが必要です。

なお、本稿の主旨とはややずれますが、精神的なストレスなどの場合、おとなでもおねしょをしてしまう原因となることがあります。大人のおねしょの場合には精神的なストレスや睡眠時無呼吸症候群など何らかの精神的・身体的疾患が原因である可能性が極めて大きいので、専門医の治療を受けることが重要です。大人のおねしょの場合には、おねしょの原因は精神的、身体的な疾患が原因なので、病気として割り切って恥ずかしがらずに専門医の治療を受けることが重要です。

子供のおねしょの治療法

以上のような、おねしょの原因を踏まえて、おねしょの対処法、おねしょをなるべく早く治す方法について述べますと、以下のように言うことができます。

まず、幼稚園入園前などは、どうしても膀胱と尿量の関係からある程度のおねしょをしてしまうことは仕方ないということができます。原因が身体の発達に伴うものですので、無理におねしょを止めることは不可能です。また、おねしょをあまりに早く治そうとして無理に夜間に起こすなどの行為をしてしまうと子供の深い眠りを妨げてしまい、健全な成長を妨げる原因となってしまいます。そのため、幼稚園入園前のおねしょは身体的な原因としてやむを得ないとして見守ることがおすすめできます。

その後、幼稚園、小学校に入ってもおねしょが治らない場合には、何らかの身体的・精神的な原因がによっておねしょが治っていない可能性があるので専門の医師に診療を受けることがおすすめできます。

新 おねしょなんかこわくない―子どもから大人まで最新の治療法
帆足 英一
小学館
売り上げランキング: 59,713

まとめ:子供のおねしょは長い目で見ることが重要

以上述べましたことをまとめると以下のようになります。

  • 小さな子供のおねしょの原因は膀胱と尿量のバランスがあわないという身体的な成長が原因なので、ある程度はやむを得ないと考えることが重要です
  • しかし、幼稚園・小学校に入ってもおねしょが治らない場合には身体的・精神的な原因によっておねしょが続いている可能性があるので、専門医による相談がおすすめできます

おねしょは誰もが通った道です。早くおねしょが治ってくれることが望ましいということができますが、ある程度はやむを得ないとして気長に見守ることが重要です。ただ、あまりにも大きくなってもおねしょが治らない場合には何らかの病的な原因があることも疑われますので、専門医に相談することがおすすめできます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment