きれい!効率的!場所ごとのお風呂掃除の洗剤の選び方

洗剤

お風呂掃除は、お風呂の場所ごとに掃除の程度や使用する洗剤を変えて掃除をすることが大切です。お風呂は、垢や石鹸かすなどで非常に汚れやすいので、お風呂掃除は効果的な洗剤を使い、それぞれの場所に応じて掃除を行うことが大切です。本稿ではお風呂のバスタブ・床・天井についてのお風呂掃除のタイミングやおすすめの洗剤のタイプについてまとめています。

スポンサーリンク

お風呂掃除に不可欠なお風呂洗剤の選び方のポイント

風呂

お風呂は体の汚れを落として、1日の疲れを癒す憩いの場です。そのためお風呂掃除はきれいにしたいものです。お風呂掃除には当然、洗剤がなくてはなりません。お風呂は、水垢や蒸気などでたいへん汚れやすくなりますので、洗剤を利用して効率的に、きれいにお風呂掃除をしたいものです。

お風呂は部位ごとに汚れやすさが違います。そのため、お風呂掃除の洗剤を選ぶ場合には、
汚れのある場所ごとに注意して洗剤を選ぶことが大切です。

バスタブのお風呂掃除のための洗剤

バスタブ(浴槽)は毎日体を入れる場所ですので、洗剤を使ってきれいに掃除をしておきたいところです。

バスタブのお風呂掃除をされる場合には、洗剤の選び方のポイントとしては、基本的には中性洗剤を利用することが効果的です。中性洗剤は、バスタブを傷つけず、お風呂掃除をすることが可能です。

バスタブは、傷が付いたりするとそこからカビやサビが生じる原因となります。そのため、バスタブを掃除される際の洗剤としては基本的には中性洗剤を利用されることがおすすめできます。特に、研磨剤が入っている洗剤を頻繁に利用することはバスタブをいためる大きな原因となってしまいます。強力な洗剤を使わなくても良いように、バスタブのお風呂掃除はこまめにされることが大切です。

バスタブの掃除のタイミングとしておすすめすることができるのは、お風呂を出た直後などです。お風呂を出た直後に簡単にお風呂掃除をすることで汚れがたまりにくくなります。

家族で最後にお風呂をでる方がお湯を抜いて中性洗剤で軽くお風呂掃除をすることを家族のルールとされるなどすればなお良いということができるでしょう。

バスタブは中性洗剤でこまめに掃除をされることがポイントです。

床のお風呂掃除と洗剤

お風呂の床は月に1回程度は行いたいものです。お風呂の床には、垢や石けんかすなどが付着しやすく、放置をしてしまうと洗剤お風呂掃除をしても容易に汚れが落ちなくなってしまうことがあります。(特に床にできる黒カビは不潔でもありますので、しっかりとお風呂掃除をしたいものです)

お風呂掃除で床を洗う場合には、通常は中性洗剤での掃除で十分です。中性洗剤を床にかけて20分程度時間をおいてから、磨くことでがんこな汚れが床に付着してしまうことの防止になります。

しかし、床に強い汚れが付着してしまった場合にはクレンザーなど強力な洗剤を使い、念入りに「ごしごし」と磨くことが大切です。お風呂掃除にあたっては、床は特に汚れがたまりやすいので、定期的にお掃除をされることを習慣づけられると良いと言えます。

天井のお風呂掃除と洗剤

お風呂掃除の際に、なかなか掃除をすることができない場所としてお風呂の天井があるのではないでしょうか。天井は年に1回程度、家族で協力して、お風呂掃除の際に磨かれることがおすすめできる場所です。

天井のお風呂掃除で使用する洗剤は、一般的には中性洗剤でかまいません。中性洗剤をモップにつけて汚れを落とします・なお、この際には天井の電気は必ず取り外して行いましょう(そのため、お風呂掃除は午前中などなるべく早い時間に行うことが重要です)

天井のお風呂掃除は、年に1回程度、中性洗剤で洗うことを続ければそれほど汚れがたまることはありません(もちろん、日頃からの換気等は大切です)。しかし、天井にカビが出るなどご自身・ご家庭でのお風呂掃除が難しい程度の汚れになってしまった場合には、掃除の専門業者にお風呂掃除を依頼することもおすすめすることができます。

お風呂掃除であれば、2万円程度で天井だけではなく、浴槽や床などもきれいにお風呂掃除をしてくれますので、汚れの程度によっては業者に依頼することもおすすめです。その際にお風呂掃除の際のポイントやおすすめの洗剤などを聞いておくこともよいでしょう。

業務用風呂洗剤 技・職人魂 風呂職人 スプレーボトル 500ml
ヘルス&ビューティー
売り上げランキング: 2,211

まとめ:お風呂掃除と洗剤についてのまとめ

以上、本文で述べましたお風呂掃除と洗剤についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • バスタブの掃除と洗剤-バスタブは、中性洗剤を使用して傷をつけないように掃除をすることがポイントです。毎日、最後にお風呂を利用される方がお風呂掃除をすることなどをルール化すると、バスタブに強い汚れが付くことを予防できます
  • 床の掃除と洗剤-床は大変汚れが強く付いてしまいます。通常は中性洗剤でも十分ですが、汚れが強く付着してしまっている場合にはクレンザーなどの強力な洗剤を使ってお風呂掃除をされる必要があります
  • 天井の掃除と洗剤-天井は年に1回程度、中性洗剤を利用してモップで掃除をするようにしましょう。汚れがひどい場合には業者にお風呂掃除を依頼することもおすすめできます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment