お風呂掃除に悩む方へ。プロから学ぶ簡単お風呂掃除と効率的な掃除術

掃除する男

「そろそろ大掃除もしたいけれどお風呂掃除の仕方ではこれであっているの?」「いつもやっているけどカビや汚れが気になる」そういったことはありませんか。

一日の疲れを取るためのリラックスできる空間なのに、そんな場所が汚れていては安心できませんよね。

そこで、プロから学ぶ簡単お風呂掃除と掃除のプロおすすめのお風呂掃除術をご紹介していきます。

スポンサーリンク

プロから学ぶ毎日の4つの簡単お風呂掃除

掃除グッズ

毎日全ての部分をきっちりと掃除ができればいいのですが、そんなこまめにやっている時間もありませんよね。プロがすすめる毎日の4つの簡単お風呂掃除と2週間~1ヶ月に1回の丁寧なお風呂掃除をすることによって快適なお風呂ライフを楽しめます。

  • ①浴室全体にお湯をかける
    まず、汚れを柔らかくして簡単に落とせるように浴室全体にお湯をかけます。お湯のほうが汚れの落ちはいいですが、夏場などは水でも構いません。もし、お風呂上がりに掃除をするのであれば、浴室は湿気でいっぱいですのでこの作業はいりません。
  • ②排水溝のゴミをとる
    排水溝にたまった髪の毛やゴミを取り除きます。ティッシュで取ると簡単に取ることができます。
  • ③気になる部分をこする
    汚れやすい場所、気になる場所をスポンジでこすって汚れをおとします。プロもオススメする「劇落ちくん」などの洗剤がいらないタイプのスポンジを使えば、洗剤はほとんど使用せずに済みます。汚れがひどいと感じた部分だけに洗剤は使用しましょう。定期的なお風呂掃除をすることによってほとんどの汚れは簡単に落ちます。
  • ④お風呂の水分を取る
    汚れを流した後はお風呂に残った水気をバスタオルなどでサッとふき取りましょう。プロ曰くカビは3日で生えるとのこと。最後のふき取りの後、換気をし、湿気を残さないようにしましょう。

プロ級お風呂掃除テクニック

毎日の掃除で軽い汚れは取れても定期的にきちんとしたお風呂掃除はしたいものです。効果的なお風呂掃除ができるプロ級のテクニックを紹介します。

プロがすすめる洗剤使用法

お風呂掃除は、傷をつけずに部分に合った洗い方をしましょう。浴槽や蛇口まわりなどを力任せに磨いたり、研磨力の強すぎるスポンジでこすると傷がつき、そこから汚れが入りカビが繁殖しやすくなってしまいます。

お風呂掃除のプロによると掃除の場所によって使用する洗剤を変えるほうが効果的だとのこと。いくら汚れが落ちるからと水まわりにアルカリ性の洗剤を使用しては効率が悪くなります。アルカリ性は油汚れに効果を発揮しますが、石鹸カスなどの汚れには酸性の洗剤のほうが効果的です。また、汚れが落ちやすいということは肌などにも刺激が強いので、お風呂掃除の頑固な汚れには酸性やアルカリ性を、普段のお風呂掃除には比較的肌に優しい中性を使用しましょう。

  • 浴槽などの手あか汚れに効果のある代表的なもの
  • アルカリ性洗剤
  • 重曹
  • 蛇口などの水まわりに効果のある代表的もの
  • 酸性洗剤
  • クエン酸
  • お酢(安価な穀物酢・醸造酢)
  • カビに効果のあるもの
  • 塩素系漂白剤(カビキラーなどのカビ取り剤)

塩素系の漂白剤と酸性の洗剤は混ざると塩素ガスを発生させとても危険です。塩素系漂白剤を使用するときには酸性洗剤は使用を止めましょう。

もしお風呂掃除で洗剤の使用を抑えたいのであればお酢やクエン酸、重曹を使用しましょう。口に入れても無害なので身体に優しく安心ですね。

プロ級お風呂掃除方法

お風呂掃除手順
①天井→②排水溝→③浴室全体→④カビとり→⑤ふき取り→⑥+α

①お風呂掃除は天井や換気口、照明などの上の部分を最初にします。後からすると周囲に汚れが飛び散ります。また、汚れていないように見えてもカビは存在します。濡らしてしぼった布などで拭きましょう。

②排水溝は古い歯ブラシでこすりましょう。汚れが落ちないようなら漂白剤やカビとり剤を使用するといいですね。

③浴槽全体に洗剤等をかけ、浴槽全体を洗っていきます。このときに水まわりや鏡も洗いましょう。1度に全てをしようとするととても時間がかかるため、毎回重点部分を決めてお風呂掃除をすると楽になります。鏡の掃除にはプロも使用しているダイヤモンドパッドなどの専用パッドを使うと快適に汚れを取ることができます。

④汚れの残った部分やカビのある部分には漂白剤を使用します。汚れの酷さによっては、しばらく放置する必要があります。漂白剤をしみこませた部分にキッチンペーパーなどで作った「こより」を貼りつけるといった方法を掃除のプロはお勧めしています。ぜひやってみてはいかがでしょうか。また、漂白剤は刺激の強いものですので必ず換気をしてお風呂掃除をしましょう。

⑤最後に浴槽全体の水気を拭き取ります。鏡や蛇口などを乾いたマイクロファイバーで磨き上げるとプロの仕上がりになります。もし、鏡の掃除をしても汚れが落ちなかったり裏側の汚れが出てくるようなら新しい鏡に交換が必要かもしれません。

⑥ずぼらなタイプの方には、お風呂掃除が終わった後「バイオお風呂のカビきれい」をつけることお勧めします。天井に貼るだけで浴槽全体のカビやぬめりの発生を抑えてくれます。効果は約半年間と長持ちです。

バイオ お風呂のカビきれい
コジット (2008-03-17)
売り上げランキング: 114

まとめ:こまめなお風呂掃除で快適生活

ここまででプロ級のお風呂掃除術をご紹介してきました。こまめなお風呂掃除で汚れを定着させないようにし、お風呂掃除を簡単にしていきましょう。

また、自分でどれだけ掃除しても汚れがとれないということであれば、1万円程度で頼めるところもありますので、お風呂掃除のプロにお願いするのも手かもしれません。

この機会にお風呂掃除を習慣にし、快適なお風呂ライフを楽しみませんか。本記事のコツが少しでも快適なお風呂生活のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment