突発性発疹後の赤ちゃんをお風呂にいれる際の3つのポイント

風呂

突発性発疹は赤ちゃんが初めて高熱を出す可能性が高い病気の一つです。赤ちゃんの初めての高熱に驚いて慌ててしまう事も少なくありません。

突発性発疹の症状や治療について学びその後の対処を理解すると落ち着いて赤ちゃんのお世話が出来るようになります。

本記事では突発性発疹の高熱の後の赤ちゃんのお世話について、とくにお風呂に入れる事を中心にご紹介します。病気にかかった赤ちゃんを見ると戸惑うことや、焦ることも多いのですがしっかり学んで落ち着いて対処が出来るようにしましょう。

スポンサーリンク

突発性発疹とは

美女

突発性発疹とはどのような病気でしょうか?

突発性発疹はお母さんからもらった免疫が弱くなる生後6カ月ごろから発熱で始まる病気です。2歳くらいまでの間に赤ちゃんの約70%がかかる病気です。突発性発疹はヒトヘルペスウィルスの6型と7型により引き起こされる感染症です。2種類のウィルスがありますので2回突発性発疹にかかることもあります。

感染経路はまだよくわかっていませんが、唾液などでも感染すると言われています。感染力はとても弱いウィルスですので周りにうつる心配は殆どありません。

突発性発疹の症状は次のようなものがあります。

  • 突然38~40℃の発熱がある
  • 熱が下がると全身に発疹がでる

突然38~40℃の発熱がある

突発性発疹は感染してから1~2週間潜伏期間があります。その後突然38~40℃の発熱が起こり約3日間続きます。熱は高いのですが赤ちゃんの機嫌はあまり悪くありません。
発熱の特徴は38~40℃の熱が続く場合もありますし、朝方は37℃台に下がり夜になると40℃近くまで上がるという場合もあります。

突発性発疹による高熱は赤ちゃんが初めて体験する高熱の場合も多く熱性けいれんを起こすこともあります。突発性発疹の診断は高熱だけでは判断が出来ません。高熱後熱が下がってからの様子もしっかり観察してください。

熱が下がると全身に発疹が出る

突発性発疹は高熱が約3日続いたのち熱が下がりますが、それと同時に体や首、全身に小さい紅斑(発疹)が現れます。発疹自体は2、3日で消えます。この発疹は痒みもなく、あとも残らないものです。

突発性発疹の場合発疹は熱が下がった後に出ますが、違う病気の場合熱が下がっていないのに発疹が出る事もありますのでそのような場合は医師に相談してください。

突発性発疹の治療

突発性発疹はウィルスが原因ですので特別な治療はありませんが高熱による体力消耗が進んでいる場合は解熱剤を使用することもあります。また、突発性発疹の診断が出来るのは発疹が出た後ですので他の病気も想定して抗生物質が処方される場合もあります。

家庭では風邪などの病気と同様水分摂取に気を配り他の症状が出ないか観察します。咳や鼻水、くしゃみ、嘔吐、下痢などの症状が出れば医師に相談します。高熱が4日以上続く場合も再受診することも必要になります。

突発性発疹後の赤ちゃんをお風呂にいれる際の3つのポイント

ここまで突発性発疹の特徴や治療について学んできました。突発性発疹の経過に合わせたお風呂の入り方を見ていきましょう。

①高熱時はお風呂を控える

どの病気でも同じですが赤ちゃんが高熱の時はお風呂を控えます。熱が高い間体力をかなり消耗していますので赤ちゃんが病気の時はなるべくそれ以上に体力を消耗しないようにすることはとても大切です。

お風呂は思った以上に体力を消耗させてしまいますので高熱がある場合はお風呂を控える必要があります。高熱時は汗を沢山かくので温かいタオルで拭いたり、こまめに着替えさせるなど工夫をします。オムツかぶれがひどい場合はお尻だけシャワーをしてきれいにしてあげましょう。

②熱が下がればお風呂に入れる

突発性発疹では高熱が下がると発疹が出ます。発疹の出ている時にお風呂に入れて良いのか迷われる方もありますが、熱が下がり元気であればお風呂に入れても差し支えありません。

発疹が出ている時はお風呂に入ることで発疹の赤みが増すことがありますが問題はありません。突発性発疹の場合発疹自体は痒みがありませんので温まっても痒みが増したりはしないからです。

③赤ちゃんの機嫌が悪い時はお風呂を控える

発熱もなく機嫌も悪くなければ咳や鼻水程度の症状の場合赤ちゃんをお風呂に入れても差し支えありません。しかし赤ちゃんの機嫌の悪い時には無理してお風呂に入れる必要はありません。

赤ちゃんが機嫌が悪い時には他の病気が隠れていたり、気が付いていない原因がある場合もありますので赤ちゃんをしっかり観察しましょう。

アヒル隊長 はじめてのおふろ おふろでガラガラ
パイロットインキ
売り上げランキング: 39

まとめ:突発性発疹後に赤ちゃんをお風呂に入れる際のポイント

ここまで、突発性発疹後の赤ちゃんのお風呂についてポイントを見てきました。最後にもう一度突発性発疹の後に赤ちゃんをお風呂に入れる際のポイントを確認しておきましょう。

  1. 高熱時はお風呂を控える
  2. 熱が下がればお風呂に入れる
  3. 赤ちゃんの機嫌が悪い時はお風呂を控える

突発性発疹は赤ちゃんが初めて高熱を出す病気になることも多くどのような対処をするべきか分からない事も多いと思います。本記事で学んだことを参考にして赤ちゃんが突発性発疹にかかった後に適切な対処が出来るように備えましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment