お風呂の中や外で楽しくストレッチして、体の疲れを癒しましょう!

ストレッチしている男性

お風呂というのは、私たちの生活の中で一番リラックスできる場所ではないでしょうか?それゆえ、心も体もリラックスできるお風呂の中やお風呂上りはストレッチをするのにとても効果的なタイミングです。

しかし、お風呂の中やお風呂上りにストレッチしたいなと思っても、どのようなメニューを組んだら良いかが分からない、ということはありませんか?

この記事はそのような方のためにお風呂の中やお風呂上りに簡単に出来るストレッチをいくつか紹介させていただきたいと思います。ご自分の体に合ったストレッチメニューを組み立てる参考になさってください。

スポンサーリンク

お風呂の中や外で出来るおすすめのストレッチ

風呂

お風呂の中でストレッチを行なう場合には幾つかの注意点があります。

まず、湯船の中でストレッチを行なうのであれば、熱いお湯は避けましょう。塗る目のお湯で行なう体に負担がかからないので良いです。また、お風呂の中は気温が高いので、ストレッチを行なうとたくさん汗をかきます。水分補給をしっかり行ないましょう。ペットボトルに水を入れてお風呂に持ち込んでおくと良いかもしれませんね。

お風呂の中や外で出来るおすすめのストレッチその1:毎日の入浴で出来るストレッチ

お風呂の中でのストレッチは、ほかのトレーニングと同じように毎日続けると効果的です。そのため、長時間のつらいストレッチは行なわないほうがよいでしょう。5分くらいがおすすめです。

最初のストレッチは、バスタブに座ったまま体を左右にひねるストレッチです。ひざを立ててバスタブの中に座り、片方の側に体をひねります。お風呂の壁がある側の場合は壁に手を付いたまま10秒止めます。次は反対側です。これを四回ほど行ないます。口で数を数えても良いでしょう。

次のストレッチは、両手を後ろについて体を支え自転車をこぐように足を動かすストレッチです。20秒動かしたら20秒休みます。これを3回くらい行ないましょう。楽しく行なって体の疲れをお風呂でしっかり取りましょう。

お風呂の中や外で出来るおすすめのストレッチその2:ゆっくりお風呂を楽しむストレッチ

時には、何時間とはいかないまでもお風呂をゆっくり楽しみたいと思うときもあるのではないでしょうか?そんな時は少し長めにストレッチしてみましょう。でも、お風呂に長く入りすぎてのぼせてしまわないようにしましょう。

まず最初のストレッチは、バスタブの中に座ったまま脚を上げ下げするストレッチです。ひざを立てて座り片方のひざの下で両手を組みます。その脚先を湯船から出して5秒くらいキープして良くストレッチしましょう。次は反対側のストレッチです。片脚4回ずつくらい行ないましょう。

次はお尻を引き締めるストレッチです。両ひざを立ててバスタブにつかまり、後ろに伸ばした脚を上げましょう。20秒くらいキ-プして休憩です。4回くらいストレッチしましょう。

次はウエストをストレッチします。背筋をしっかり伸ばし、方ひざを立ててもう片方の足とクロスさせ、ひざを立てたほうの側のひじでクロスさせた脚のひざを押すようにしてひねります。ゆっくりひねって15秒くらいストレッチしたら反対側です。交互に2回ずつストレッチしましょう。

次はバスタブの中で両手を押し合ってストレッチします。背筋をしっかり伸ばし、タオルを両手で挟んでひじを肩の高さまで上げます。20秒くらい押し合います。10秒休憩を入れて合計4回ストレッチしましょう。

最後のストレッチです。バスタブに座った状態で軽く腕を組み、肩の力を抜いて、できる範囲内でスイングします。行なってみると結構きついです。10回を4セットずつくらい行ストレッチすると良いでしょう。

お風呂の中や外で出来るおすすめのストレッチその3:お風呂上りに全身ストレッチ

お風呂の中で行なうストレッチも効果的ですが、お風呂の中で寝転んで体を伸ばしたりは出来ないと思います。そこで今度は、お風呂上りに行なうと良いストレッチをご紹介してみたいと思います。

まずは首のストレッチからです。首のこりをほぐすために首をゆっくり回します。個人差はありますが、3回ずつくらい3セットほど行なってみましょう。無理をして首を痛めないように注意しましょう。

次は腰と脚のストレッチです。お風呂上りは脚の筋もほぐれていると思いますので、床に座って脚を開き、痛た気持ちい程度に体を前に倒して筋を伸ばしましょう。10秒くらいずつ3セットくらい行なうと良いでしょう。その後は、脚を揃えてストレッチです。ゆっくり前に倒しながらストレッチしていきましょう。回数も先ほどと同じくらいが良いでしょう。無理は禁物です。

最後にストレッチの仕上げとして、床に仰向けに寝転がり、全身をリラックスさせましょう。

冷え性の人は、手で足首を回す運動も取りいれたりすると、血行が改善されて良いと思います。

EGS(イージーエス) フォームローラー カバー付き PK EG-3085
EGS(イージーエス)
売り上げランキング: 28

まとめ:ストレッチはゆっくりと

お風呂の中や外で出来るおすすめのストレッチを幾つかご紹介させていただきました。

いかがでしたか?お風呂の外でも中でもストレッチを行なうときはゆっくりじっくり行ないましょう。速くたくさんのストレッチ種目を行なうよりも、少なくてもひとつひとつのストレッチをじっくり行なう方が効果的でしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment