新しいお風呂で快適!お風呂リフォームの相場はグレードで決まる

工事

ショールームなんかに行ってみると、新しいタイプの浴槽がでてたりしてすごく気持ちよさそう。なんだかボロボロになってきたし、そろそろお風呂も取り替えたいなぁ……、なんて声も聞こえてきそうです。

通常の浴槽は長く持っても20年と言われています。重たい水圧に耐え、また温度変化も激しいため実はそれほど長く持たないのですね。

しかしながら、お風呂のリフォームってどれぐらいのお金がかかるのかなかなか想像しにくいと思います。見積もりをとってもらってもいろんな業者がいろいろな見積もりを出すから、一体どれが正しいのかわからなくなってしまいますよね。

リフォーム費用の見積もりは「総工費」と「グレード」で決まります。

この記事では、お風呂のリフォームの相場がどれぐらいなのかについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

お風呂のリフォーム費用を決める要素

お風呂

お風呂のリフォームは様々なリフォーム技術の中でももっとも典型的なタイプのものです。

そのため、各社様々なリフォーム案を出しているのですが、比較の軸がたくさんあって困りますよね。

まず、リフォームをするときの基準としては以下のような状況になった時が考えられます。

  • 築十二年以上
  • お風呂の壁や床が割れたり、カビが生えやすくなっている
  • 冬場がひどく寒い
  • お風呂でくつろげなくなってきた
  • ドアや窓枠などが水損したり腐ってきた
  • 家族が増えた
  • 掃除をしてもなかなか綺麗にならなくなってきた
  • シャワー水栓や浴槽水栓などの温度のサーモ機能が動いていない
  • 浴室に収納がない

これらに当てはまるものがあれば、リフォームを考えてもよいと思います。

リフォームにかかる費用

リフォームにかかる費用は、ただ新しい浴槽代だけではありません。リフォーム費用は「在来浴室(タイル張り)」の解体工事費用や、窓枠、ドア枠の工事費用、サポート料金などの費用が入っていると思います。

特にサポートに関しては「施工会社の保証」と「ハウスメーカーの保証」がバラバラについていることがあります。施工会社の保証では、施工会社が潰れた時にはもう保証がなくなってしまったり、します。

リフォームの見積もりには窓枠等の工事費用が別になっていることがありますし、また室外機などの設置が必要な場合にはそれらの費用もついていないことがあります。リフォームに係る費用は「総工事費用」と「サポート費」の総額で見るのが原則です。

様々な割引に惑わされてはいけません。

グレード別のお風呂リフォーム相場

グレードごとにお風呂のリフォーム相場が異なります。一戸建てかマンションか、などでも大きく違いますが、一応平均的な価格を見てみようと思います。

補修品のグレード

タイル貼りの浴槽のひび割れが悪化してしまった時などによって、在来浴室の部分的な補修を行う一番簡単なリフォームについて説明します。
半永久的な補修とは行きませんが、新しいタイルを張ることで気持ち良い入浴が可能になることがありますよね。浴槽の位置はかえられませんし、在来のタイルの上にさらにタイルを張るタイプの工事の場合には、少し浴室が狭くなります。

このタイプの補修であれば、15万円から30万円といったところでしょう。

普及品のグレード

新しく浴槽を取り替えるのが普及品階層です。
一度在来浴室を解体する必要があるので、費用がかかりますが、給水給湯配管や排水管の痛みなどをなんとかすることができるのがありがたいですね。タイルの壁や床を解体しながら、構造部の補修を含めたリフォームが可能です。これはありがたいですね。

概算ですと60万円から120万円といったところでしょうか。

ユニットバスの設置

ユニットバスは、在来浴室に比べても手入れがしやすく、保温性や機能性が高いのが特徴です。ユニットバスにすることで浴室を一新するというのもよいでしょう。ユニットバスからユニットバスへの交換は少々大変です。

ユニットバスはグレードが細かく分かれています。普及品であれば70万円程度から120万円程度、高級品であれば120万円から170万円といったところでしょうか。

高級浴室へのグレードアップ

高級浴室は、ハイセンスなデザイナーズ浴槽と特殊タイルなどを組み合わせた自分だけの贅沢な浴室を実現できます。併設の着替え部屋やパウダールームなどまでこだわった設計が可能ですが、間取りや増築が必要な場合増設工事他、確認申請なども必要になります。

400万円から700万円といったところでしょうか。

まとめ:お風呂のリフォームの相場はグレードによります

お風呂のリフォームはなかなか見積もりが難しいのですが、総工事費用とサポートの費用で考えましょう。

通常の補修であれば100万円以下程度で住みますが、新しく浴室を設置したりすれば400万円以上かかります。

自分にあったお風呂のリフォームを行なって楽しい入浴タイムを過ごしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment