お風呂のリフォームを検討する時の3つのポイント

風呂

お風呂のリフォームはおおむね10年程度を一つの目安として考えられることがおすすめできます。10年程度を経るとお風呂の汚れや傷みが目立つようになってきます。お風呂のリフォームにあたっては浴槽を中心に快適なお風呂にリフォームを依頼するとともに、安全性に配慮することも重要となります。本稿では、お風呂のリフォームのポイントについて
まとめています。

スポンサーリンク

お風呂リフォームのタイミングとは

風呂

お風呂は毎日の疲れを取る憩いの場として家に欠かせないものです。このお風呂についてリフォームをする際のタイミングはどの時点が良いのでしょうか。

家庭のお風呂をリフォームするのがおすすめできるタイミングとしては、おおむね10年程度をひとつの目安とされることがおすすめできます。家庭のお風呂は設置から10年程度を経ると少しずつ、湯垢がこびりついて落なくなってくるなど汚れが非常に目立ち出すだけではなく、床のきしみなどが生じてきます。お風呂の床は長いあいだに湿気を吸い取ったり、経年による痛みなどでじょじょに傷みが激しくなってきます。

場合によってはお風呂にシロアリなどが生じることもあります。清潔で安全なお風呂を維持するための一つの目安として、おおむね10年程度を目安としてお風呂のリフォームを考えられることがおすすめできます。

お風呂リフォームにかかる費用の相場

10年程度を目安としてお風呂のリフォームを考えるとして、お風呂のリフォームには費用はどのくらいかかるのでしょうか。お風呂のリフォームのための費用の相場としては、約100万円程度が相場となります。

リフォームをしてくれる業者さんによって多少の上下の幅はあるものの、お風呂の一括のリフォームを依頼する場合、相場は100万円程度です。そのため、お風呂を作ってから5年程度が経った頃から少しずつリフォームのための貯金(年間20万円程度を貯めることができれば10年過ぎた頃には100万円が貯まります)をされることがおすすめできます。

お風呂は毎日の清潔な暮らしのために欠かすことができないものですので、リフォームを決心された場合には、(ある程度の相見積もりなどは取るとしても)あまり費用を値切るなどはされずに、良い業者さんに相応の代金を支払ってリフォームを依頼されることがポイントです。

お風呂のリフォームで注意したいポイント

次に、お風呂のリフォームを相談、依頼するにあたってはどのような点に注意して依頼すれば良いのでしょうか。

まず、お風呂の浴槽についてしっかりと業者さんと話し合いましょう。
せっかくリフォームをするのですから、快適なお風呂にリフォームしてもらいたいものです。お風呂でリラックスができるためには、お風呂の浴槽が広々としていて手足を伸ばしても窮屈感がないお風呂に設計してもらうことが大切です。

特に、10年程度の時間が経てば、ご家族にお子さんがおられる場合には手足の長さなど大きく成長しているでしょうから、お子さんの成長に合わせてお風呂の浴槽の大きさをリフォームしてもらうことがポイントです。

同時に高齢によって、足をあげて浴槽に入ることが少し困難となっているご家族がおられるかもしれません。そのような場合には、いわゆるバリアフリーに配慮した浴室のリフォームが重要となります。

浴槽の次に配慮したいお風呂リフォームのポイントとしては、お風呂の安全性が挙げられます。特に、ご年配のご家族がおられる場合には、お風呂の安全性はリフォームにあたってもっとも配慮したいポイントということもできます。

お風呂では脱衣所と浴室で温度差が激しくなると、いわゆるヒートショックが起こるおそれがあります。ヒートショックとは、温度差がもたらす体への影響のことをいいます。具体的には血圧の影響については特に配慮する必要があります。

近時ではこのヒートショックに配慮したお風呂のリフォームをしてくれる業者さんも増えていますので、ご家族の構成によっては、このヒートショックに配慮したお風呂のリフォームを依頼することがとても大切となります。その他手すりを設けることなども大切でしょう。

その他、保湿・換気・タオルを掛ける位置などについて業者さんと相談されるとよいでしょう。

まとめ:お風呂のリフォームについてのまとめ

以上、本文で述べましたお風呂のリフォームのポイントについてまとめますと以下のようになります。

  • お風呂のリフォームは、おおむね10年程度を目安に考えられることがおすすめできます。お風呂のリフォームの費用の相場は一般的には100万円程度ですので、数年前からリフォームのための貯金をしておくことが大切です
  • お風呂のリフォームでは快適な浴槽をリクエストされることが良いと言えます。特にご家族で成長したお子さんがおられるような場合には成長に合わせて手足を十分に伸ばすことができる浴槽にすることが良いと言えます
  • お風呂のリフォームにあたっては、安全性に配慮することも重要です。特に、ヒートショックの影響を考えて、浴室と脱衣所の温度差があまりないような設計を依頼することなどがポイントです。また、手すりを儲けることなども効果的です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment