妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方

女性

あれ、もしかして赤ちゃんができちゃったかも……?
そんな不安を抱えている時には、お酒を控えたり、慎重になったりするのが母の心というものです。赤ちゃんを授かったことがわかったらそれからはいろいろなことが「今までどおりでいいのかな」と不安になると思います。

中でも気になるのが、妊娠初期のお風呂、ですよね。今まで長湯が大好き、熱いお風呂が大好きな女性も多いことと思います。でも、熱いお風呂に入っていいのか、どうなのか。気になるあなたのために、妊娠初期におけるお風呂の入り方についてアドバイスを致します。

スポンサーリンク

妊娠初期の体とお風呂

入浴剤

妊娠初期、女性は妊娠を維持するための女性ホルモンが出てきます。容姿や風貌も少し変わってきますし、妊娠を維持するために子宮や体格など様々な部分が変わってきます。

特に変化するのが子宮内の状態と腹部の硬化ですね。衝撃などから体を守るための仕組みがいろいろと膨らんでいくのですが、妊娠初期はそうした赤ちゃんを守るための体の仕組みが変わり始めたばかりです。

そして、子宮は内臓組織の中でも比較的熱による変化を受けやすい部分です。経血などの体液も多く関係するため、妊娠初期にお風呂に入ることは、そうした場所に悪い影響を与えてしまうことがあります。

長湯のせいで子宮が収縮?

妊娠初期の時に長湯をすることはとてもよくありません。確かに母体を温めたほうがいいのは間違いないのですが、長湯や熱いお風呂によるお湯では母体が温まりすぎてしまうようです。妊娠中は熱すぎる湯や長湯を避けることは母子手帳にも記されていることです。

こうした長湯等をすることで、血流が増大し子宮が収縮してしまうことがよく知られています。子宮の収縮は流産の危険がありますし、特に妊娠初期から出血があったりする場合には避けるべきでしょう。

同時に、風呂あがりの冷えも危険です。お風呂から上がったあとに体が冷えてしまうことで、子宮だけではなく血流も悪化してしまいます。風邪の原因にもなりますので、危険です。

妊娠初期の正しいお風呂の入り方

そうは言うものの、「妊娠したらお風呂に入ってはいけない」というわけではありません。

妊娠初期はまだ腹部の膨らみも少なく、お風呂に入ること自体はそれほど難しくはありません。

お風呂に入る時に注意したいのは「浴室の室度」「湯温」「着替え室の室温」です。

湯温

お湯の温度は35度から37度程度の微温浴を心がけましょう。40度を越える高温浴は体にかかる負担が大きくなりすぎてしまいます。

入り方としては、内臓負担が少ない半身浴で、肩にお湯のかかった濡れタオルなどをかけて体が冷えないようにするのがよいでしょうね。湯温の調整は心がけるようにしましょう。

入浴時間は十分未満にとどめます。

浴室の室温

浴室の室温が高すぎるのは危険です。立ちくらみを起こしたりしてしまう可能性がありますし、かといって寒すぎても体によくありません。

風邪を引かない程度にあたためてから入りましょう。

着替え室の室温

妊娠初期では、むしろ湯上がりの湯冷めのほうが危険です。ぬるま湯につかっている時間が長く、また、血流も胎盤に向かって流れていることがあるため、普段よりも体が冷えやすくなっています。

冬場などでは着替え室に小型の暖房機などを置いておくとよいでしょう。

季節ごとの入浴に注意

他に、夏場はさっと汗を流す程度にとどめたり、冬場は暖房機などを入れておくように心がけておきましょう。夏場だからといって冷たいシャワーを長時間浴びるのはあまりよくありません。冬場では、いつもより厚めのパジャマを来たり、妊婦さん用の腹巻きなどを巻くのも良いですね。

季節ごとに入浴方法や室温を工夫することは大事です。

入浴グッズを活用しよう

妊婦さん用の入浴グッズがあるととてもお風呂に入りやすくなります。例えば床に座らなくても良いバスチェアや、低刺激のタオルや入浴剤などがあります。

妊娠すると、今まではなんとも思わなかった成分などが肌に刺激となってくることが有ります。妊娠期間中は下着なども含めて、刺激の少ないゆったりとしたものを来て、入浴剤なども肌に優しい物を選びましょう。石鹸なども変えた方がよいでしょうね。

はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
A.Christine Harris 竹内 正人
永岡書店
売り上げランキング: 349

まとめ:妊娠初期のお風呂は微温浴で

妊娠初期にお風呂に入ること事は問題ありません。しかし、妊娠後は体の状態が大きく変化していきますし、また子宮の状態もどんどん変化していきます。

長湯をしたり熱いお風呂に入ったりすると子宮が収縮していくため危険です。妊娠初期には湯温や室温に気を使い、微温浴であまり体を温めすぎないようにしましょう。

同時に、体を冷やすのもよくありません。妊娠中のバスグッズなどを使うことで、お風呂を快適に過ごすことができます。体格が変わったあとも効果があると思いますので、ぜひ導入を検討してみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment