お風呂に現れる害虫!その種類と駆除方法のポイントについて

とんぼ

お風呂で発生する害虫対策としては、お風呂を清潔に保つことが最も重要です。

チョウバエなどの害虫は汚水などの汚れがある場所に発生するためです。チョウバエなどの害虫がお風呂に発生してしまった場合には速やかに汚れの箇所を掃除し、既に発生している虫を駆除することが必要です。

本稿では、お風呂に発生する害虫として代表的なチョウバエの害や駆除のポイントをまとめています。

スポンサーリンク

お風呂に出没する害虫とは

お風呂

お風呂は1日の疲れを取り、リラックスすることができる空間として気持ちよく活用したいものです。

しかし、お風呂は水が豊富にあることなどから害虫が数多く出る場所でもあります。お風呂に出る害虫は決して気持ちが良いものではないというのみならず、病原菌を持ってくるなど、まさに「害虫」であることがあります。そのため、お風呂場にわく害虫は、早めに駆除したいものです。

お風呂にわく害虫にはどのような種類があり、駆除方法としてはどのような方法があるのでしょうか。

お風呂に出没する主な害虫の種類

お風呂に出没する害虫としてもっとも多いのは、チョウバエという種類の害虫です。

チョウバエは、ハエの一種で4ミリ程度の虫です。チョウバエには種類があり、ホシチョウバエとオオチョウバエの2種類がいます。このチョウバエは水のあるところに出没する虫でお風呂の周りで発生します。4ミリ程度で細かいため生理的嫌悪感を感じさせる虫です。

チョウバエは単に不快感がある虫というだけではなく、細菌を運びます。また、ごくまれに幼虫が人体に入るとハエ症(ハエが人体の体内に幼虫を植え付けること)を引き起こします。お風呂場では裸になるので、目や消化器系、泌尿器などの体の部位でハエ症が生じうる可能性があります。そのため、チョウバエはぜひとも排除しておきたい害虫ということができます。

チョウバエ以外でお風呂に出没する害虫としては、ゴキブリや蚊などがありえます。

お風呂場の害虫駆除のポイント

チョウバエを中心としたお風呂場の害虫の対策はどのような方法が効果的なのでしょうか。

お風呂を清潔に保つこと

まず、お風呂場を清潔にするということが第一となります。お風呂の水を変えないままでおいたり、お風呂の掃除を怠るなどがチョウバエなどの害虫発生の第一の原因となります。

お風呂掃除はできるのであれば毎日行うのが好ましいということができます。しかし、忙しい毎日の中で、毎日お風呂の掃除をすることは、現実的な問題として難しいということができます。そのため、数日に一回程度、浴槽に入らずにシャワーだけで済ます日を作ることがおすすめできます。というのは、お風呂は浴槽につからない場合にはあまり汚れないので、掃除の必要があまりないからです。

お風呂の浴槽につからない日はお風呂掃除をしなくとも、そこまで差支えはありません。一方で浴槽に浸かった日は、1日以内にお風呂の掃除を綺麗にすることで害虫の発生を予防することができます。

お風呂の害虫駆除をする場合

次に、お風呂に実際にチョウバエなどの害虫が発生してしまった場合の対策については以下のような害虫駆除方法が有効です。

まず、チョウバエは汚水が発生の原因となるので、そのような汚水がある場所・汚れている場所を清潔にすることが第一の害虫駆除の方法となります。また、すでに発生してしまっているチョウバエなどの害虫は殺虫剤などですぐに処分することが必要です。害虫は生きていれば幼虫を生む可能性があるためです。殺虫はスプレーを使うのが一般的ですが、ハエ取りリボン・粘着シートなども効果的です。

次に、幼虫を徹底して除去することが重要です。チョウバエの幼虫は、汚水が溜まっていた場所にたまごがある場合がありますので、汚れていた場所を中心に汚れを取り除くと同時に殺虫剤を巻くことが重要です。薬剤としては昆虫成長制御剤(IGR剤)と呼ばれる薬剤を利用することが効果的です。

ケースによっては害虫駆除の業者さんにお風呂の害虫駆除を依頼をすることが必要な場合もあります。その他ゴキブリなどが発生している場合にはそれぞれの害虫のタイプにあった駆除方法をとることが大切です。

お風呂用ティンクル すすぎ節水タイプ 本体 400ml
大日本除虫菊
売り上げランキング: 5,152

お風呂の害虫駆除は清潔なお風呂を保つことと早めの対策

以上述べましたポイントをまとめますと以下のようになります。

  • お風呂には害虫が発生する可能性があります。特に発生することが多いのはチョウバエであり、チョウバエは不快感だけではなく細菌を運んできたりハエ症をもたらすことがあるので早期に対処することが重要です
  • チョウバエなどの害虫がお風呂に発生することを防止するためには、何よりお風呂を清潔に保つことが最も重要となります。浴槽に入浴された日などは1日以内のお風呂の掃除がおすすめできます
  • 害虫が既に発生してしまっているような場合には汚水箇所を徹底して掃除するなどして発生を食い止めるとともに、既に発生した害虫やその幼虫を処分することが重要です。ケースによっては専門の業者に依頼することが必要です。

お風呂の害虫は、早めに駆除して、気持ちの良いお風呂でゆっくりと1日の疲れを取ることができる環境を作りたいものです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment