お風呂の3つの効果を最大限に生かすお勧め入浴法

お風呂

お風呂って本当に気持ちがいいですよね。お風呂の効果は様々ありますが、その理由を詳しく知る機会はあまりないかもしれません。例え理屈がわからなくても、お風呂は浸かるだけで何となく心地よく、気分を和らげてくれる効果を感じることができます。また、ぽかぽかと温まると筋肉がほぐれ、身体が軽くなるように感じる人もいるでしょう。お風呂が与える身体への健康効果について理解し、さらに効果を最大限に生かせるようなお勧めの入浴法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お風呂の効果は3つの作用によるもの

お風呂

お風呂の効果として誰もが感じるのがリラックス効果かも知れませんね。温かいお湯の中で身体を伸ばせば、心から気持ちよく感じます。お風呂が疲れた体を癒してくれるのは、お湯につかった入浴の状態が物理的に身体に作用してくれるからなんです。

深部体温を上げてくれる温熱効果

お風呂の一番の特徴はお湯につかっているということ。体を洗うのはシャワーを使用することもできますが、シャワーでは温まってリラックスできるお風呂特有の効果は感じることができません。お風呂に浸かるだけで、最初は表面的に身体が温まります。すると、皮膚の下に流れる毛細血管や、そこに通じる血管が熱によって広がります。だんだんと血管が広がることによって、全身の血流が良くなってきます。表面に近い血管に流れる血液が温まり、全身を流れると深部まで温まることができるのです。

体温が1度上がると、免疫力は5~6倍にもなるといわれています。お風呂に浸かるだけで病気予防につながります。また、血管の収縮や体温は自律神経が調整を行っています。お風呂の温熱効果によって自律神経に働きかけることができますよ。

お風呂は重力からの解放でリラックス!浮力効果

お風呂の2つ目の特徴は、半身以上がお湯につかっていることです。お風呂に浸かるだけで、水の浮力によって重力から解放され、筋肉の負担をとても軽くする効果があります。お風呂では、体重は約9分の1程度まで減ると言われています。いつもは気にすることはありませんが、普通に生活をするだけで身体にはとても負担がかかっているのです。筋肉や筋が身体を支え、また重たい頭を支えるためにバランスを保っています。お風呂に入るだけで、その負担から解放してあげることができるのです。仕事だけでなく日常的にパソコンや携帯電話などを使用し、常に同じ姿勢になりがちな現代人にとって、関節や筋肉が固まりやすくなっています。お風呂の浮力効果を利用して、大切な体をいたわってあげたいですね。

お風呂がマッサージになる水圧効果

お風呂での3つ目の効果が、水圧によるものです。水の中に浸かると、水の圧力がかかります。お風呂の水圧で、ウエストが最大6cmも細くなるそうですよ!お風呂から上がると元通りになるのが残念ですが、それほど身体に圧力がかかっているのです。この圧力の効果によって、むくんだ足の血流を改善し、マッサージのような効果を与えてくれます。重力で足の方に血液成分が下がりやすくなりますが、浮力効果で重力から解放され、更に水圧効果で足の方に下がっている血液を心臓の方へ戻してくれます。足元から血流が良くなることで、リンパの流れが改善され、老廃物も流れやすくなります。お風呂は何もしなくても、美容の効果が高いというわけです。

お風呂の効果を最大限に生かす入浴法とは

お風呂には3つの効果があり、健康促進につながっています。ただ、お風呂に浸かるだけでもかなりの効果があるのですが、更にその効果を活かすことで病気予防や、気になる疾患の改善につながることもあります。たかがお風呂、されどお風呂…せっかく毎日利用するものですから、お風呂の効果を最大限に生かす入浴法を試してみませんか?

ヒートショックプロテインを刺激して疲労回復効果を高めよう

ヒートショックプロテインは、誰もが体内に持つタンパク質で、疲れた細胞を修復する働きがあります。このヒートショックプロテインは困ったことに、ストレスが多い時に刺激されます。極度の緊張状態や、激しい運動などで刺激されますが、普段から辛いストレスを増やすなんて嫌ですよね。そこで手軽なのが「熱によるストレス」なんです。つまり、お風呂による全身への熱ストレスでヒートショックプロテインが増え、細胞修復効果を高めようというわけです。

熱によるストレスが必要ですので、ある程度高い温度のお風呂に入ることになります。半身浴のようなぬるま湯ではなく、40~42度のお風呂に10~20分浸かるようにしましょう。ヒートショックプロテインを刺激するためには、身体の深部から体温を上げる必要があります。一番効果を発揮するのは体温が38度まで上がった時です。しっかり温まって、細胞を修復させ、疲労回復効果を高めましょう。

活動的になりたい?リラックスしたい?お風呂の温度で自律神経をコントロール

お風呂といえば、リラックス効果を期待する人が多いかもしれません。しかし、実はお風呂の温度によって、身体への刺激が変わってくるんです。お風呂の温熱効果によって、自律神経に刺激を与えることができます。自律神経には、活動的な交感神経と、リラックスをもたらす副交感神経があります。お風呂でリラックスできるのは、温熱効果や浮力効果で血管が広がることで副交感神経が優位になりやすいためです。しかし、同じ状況でも温度が高くなると影響が変わります。熱めのお風呂ではヒートショックプロテインが活性化するように、軽いストレス状態を作り出します。熱いお風呂でストレスを感じると自律神経は活動的になろうとするため、交感神経が刺激されることになります。温熱効果も高すぎるとストレスに感じてしまうわけです。

このストレスを逆手にとれば、やる気がないなぁという時に熱いお風呂に入ることで、活動を支える交感神経が刺激され、元気になってしまう効果もあるということなんです。

朝は少し熱めのお風呂で、夜はぬるめのお風呂…と使い分けてもいいかもしれませんね。温度によって自律神経への刺激が変わってきますので、自分の体調や状況に合わせてお風呂の入浴効果を高めてくださいね。

脚温器 ぽかぽか足湯
脚温器 ぽかぽか足湯
posted with amazlet at 14.01.14
アイアン
売り上げランキング: 3,745

まとめ

お風呂の効果は沢山あり、いちいち考えなくても実感している人が多いことでしょう。しかし、温熱効果を理解し温度との関係を知れば、一日のリズムをお風呂で作ることもできます。むくみがある足には水圧効果を期待して、足湯をしてもいいですよね。お風呂の効果を利用して、更に健康的な身体づくりに活かしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment