これで塩素の害ともさよなら。お風呂に浄水器を付けるべき理由

浄水場

一日の疲れを取ることができるお風呂。
多くの人にとっては気持ちのいいバスタイムですが、「お風呂、嫌いなんだよね~」という人も決して少なくありません。中には、「お風呂に入るとアトピーになってしまう」tか「肌がカサついてつらい」という声も聞こえてきます。

実は、その原因はお風呂に含まれる微量の「残留塩素」や「微量毒物」かもしれませんよ。これは浄水器を付けることで処理できるのです。

この記事では、残留塩素を除去することができる浄水器についてご説明します。

スポンサーリンク

お風呂に潜む微量毒物

お風呂

健康な時にはほとんど関係がないと思いますが、お風呂がにがて、という方の中にはアトピーなどが発生してしまうケースがあります。

これらの原因としてよく問題になっているのが実は「塩素」。水道水には細菌繁殖を防ぐために微量の塩素が入っています。通常混入されている分はごくごく微量にすぎないため、問題にはならないとされていますが、敏感肌の方や肌が弱い方は肌や髪にダメージを受けてしまうことがすくなからずあるようなのです。

普通の水道水でも、残留塩素の試薬を使ってみるときれいなピンク色になってしまいます。水道水の残留塩素量は日によって、場所によっても相当違いがあるのですが、水道水を使うかぎり残留塩素から逃れることはできないと言ってもよいでしょう。

残留塩素によって傷められるもの

こうした残留塩素によって、肌や皮膚のタンパク質が酸化したり、髪のキューティクルが傷つけられることがわかっています。こうした肌に対する害が、かゆみとなって現れてくることはよくしられています。

アトピー専門外来においても、お布団に入って痒くなる人の二倍ほど、お風呂に入ると痒くなるという人がいたというデータがあります。

塩素のなかにあるトリハロメタンという物質には、発ガン性が確認されており、残留塩素の中にもごく微量ですが入っていることが確認されるようです。浄水場から近い地域や、古い浄水設備を持っている水道局の地域などでは要注意です。

電気温水器と配管内残留水

また、お風呂の場合はキッチンなどと違って、電気温水器や湯沸し器のなかにある残留水の腐敗も気になりますよね。配管内や温水器内には常時水がたまっており、それらの中にある水は使わない場合はずっと溜まっています。

こうした水もまたアトピーの原因になることがあるようです。

お風呂の中には微量毒物を含む水を使ってしまうことがあるということです。

お風呂用の浄水器を利用するメリット

そこで登場するのがお風呂用の浄水器です。お風呂用の浄水器には様々な種類があり、「シャワーキャップ」、「蛇口につけるもの」、「温熱器につけるもの」など設置する場所によって、様々な種類があります。シャワーキャップタイプ以外は、それなりに大型のものになりますが、据え置きタイプのものを購入すればお風呂場の隅に少し場所wおとる程度で十分でしょう。

フィルター代がかかり、年一回程度の交換で一万円ほどの費用がかかります。

キッチンなどにあるものよりも大型で、浄水量も大きいのですが、場所によっては工事が必要になるかもしれません。

気軽に使えるシャワーキャップタイプ

しかし、お風呂用浄水器はちょっと大きすぎるという方は、まずシャワーキャップからつかってみてはいかがでしょうか。各社から様々な種類のシャワーキャップが販売されています。

セラミックを使った塩素除去と軟水化を行うタイプで、浄水量そこまで大きくはないものが多いのですが、節水型のタイプもあります。肌に優しく、環境負荷も低減できるというのが人気の商品ですね。フィルター交換も必要ありません。

シャワーキャップタイプのものでは、ミネラルが補給できるものが理想ですが、各社でそれぞれに性能差が大きいのも特徴です。

塩素を完全に除去するのは難しいのですが、塩素濃度が高い場合にはかなり低減することができます。一度利用してみて、良さそうだなと思ったら大容量の浄水器を導入するというのがよいでしょう。

三菱レイヨン 脱塩素風呂 バスでピュアピュア (バス専用) SD104-BL
三菱レイヨン・クリンスイ
売り上げランキング: 3,590

まとめ:お風呂の浄水器をつかってアトピー低減

一番風呂は体に悪い、とはよく言いますが、お風呂は残留塩素がたくさんたまっていたり、微量毒物を含む水であることはよく知られています。

すぐに入らず、入浴剤などを混ぜることでも塩素濃度を低減させることができますが、やはり大容量の浄水器を取り付けることが最善の作戦でしょう。

もしアトピーなどに悩まされている場合は、お風呂の浄水器を取り付けることで症状が大幅に改善する可能性があります。

少し興味がある、という程度であれば、シャワーキャップタイプの浄水器を取り付けてみてはいかがでしょうか。フィルター交換が不要なタイプもありますし、節水にもなって少しだけ効果を実感することができれば、それから大容量の浄水器の購入を検討してもよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment