やっぱり入ってはダメ?インフルエンザの予防接種の日のお風呂

風呂

インフルエンザの予防接種を受けた日には、お風呂に入らない方が良いと言われますが、これは根拠があることなのでしょうか。インフルエンザの予防接種とお風呂への入浴については、入浴環境の変化について考慮することが大切ということができます。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種の効能

風呂

インフルエンザは毎年冬を中心に大流行します。インフルエンザに罹患・発症してしまうと1週間程度は外出ができなくなってしまいますので、仕事や勉強に差し支えが生じます。特に、受験生の方などはインフルエンザにかかってしまった場合には、受験そのものに差し支えが生じる可能性があるなど大きな不利益となる可能性があります。

そこで、インフルエンザへの罹患・発症を防ぐために、インフルエンザの予防接種をするということが伝統的に行われています。インフルエンザはウィルスに感染してしまうことで発症するので、あらかじめ免疫・抗体を作っておくことでインフルエンザの発症を防ぐというのが予防接種の効能です。

インフルエンザに対して予防接種は高い効果を示すことが世界的に明らかとなっています。
インフルエンザの予防接種を受けていれば、にインフルエンザに罹患しなかったという人は毎年のインフルエンザ患者のうち、30パーセントから50パーセントはいると言われます。
インフルエンザの予防接種を受けることで、インフルエンザ発症のリスクは大きく軽減されることになります。

しかし、高い効果を持つインフルエンザの予防接種ですが、同時にインフルエンザの予防接種に伴い、いくつか注意すべき点もあります。

インフルエンザの予防接種とお風呂

インフルエンザの予防接種の際に注意すべき点としてよく言われることとして「インフルエンザの予防接種を受けた日にはお風呂に入らないようにしましょう」ということがあります。多くの方は子供の頃にインフルエンザの予防接種の日にはお風呂に入らないように指導された経験があるのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種の際にはお風呂に入ることは避けたほうが良いのでしょうか。

結論から言いますと、インフルエンザの予防接種を受けたからといって家庭のお風呂に入ることは基本的には差し支えないということができます。

インフルエンザの予防接種の際にお風呂に入ってはいけないと言われた理由はかつてのお風呂は、家風呂ではなく公衆浴場(つまり銭湯)が中心であった点にあります。

公衆浴場の場合には、不特定多数の方が利用することから、インフルエンザ予防接種の傷口から、様々な雑菌が体内に侵入してしまう可能性が高く、そのため、子供を中心にインフルエンザ予防接種を受けた日にはお風呂に入ることを禁止する指導がされていました。

しかし、最近では家庭のお風呂が一般的となっていますので、家庭でお風呂にはいられても、傷口から雑菌等が入る可能性は極めて低くなっているということができます。そのため、インフルエンザの予防接種をしたからといって、お風呂に入ることを避けたほうが良いということは、現在では基本的には当てはまらないということになります。

ただ、現在でも公衆浴場はありますし、ご家庭によってはお風呂は公衆浴場を利用される方もおられるでしょう。また、ご家庭のお風呂でも、いわゆる「追い焚き」で前日のお湯をそのまま利用してお風呂に入られるのであれば、雑菌に触れてしまう可能性がありえます。

そのため、インフルエンザ予防接種の日にお風呂に入られる場合には、家のお風呂でお湯を新しくしたお風呂に入浴されることがおすすめできると言えます。つまり、インフルエンザの予防接種を受けられた日には、清潔なお湯でお風呂に入られることが大切ということができるでしょう。

特に、インフルエンザの予防接種を受けたのが小さなお子さんである場合には、抵抗力が少ないケースなどもありますので、雑菌が入らないかということで親御さんの気持ちが心配になってしまうこともあるでしょう。

そのような場合には、精神衛生上の観点からお風呂を控えても良いということができます。(お風呂に入らない日が1日あったとしても、衛生上、それほど問題がないということもまた事実です)また、ご家庭のきれいなお湯でも、インフルエンザの予防接種後、1時間程度は入浴は差し控えるようにされてください。

1時間程度は、インフルエンザの予防接種の注射をした箇所から出血もあり、お風呂に入るのは好ましくないためです。1時間程度がすぎれば、血も止まりますので、清潔なお湯のお風呂に入浴されても、問題はないということができるでしょう。

新・予防接種へ行く前に (ジャパンマシニスト育児新書)
ジャパンマシニスト社
売り上げランキング: 23,138

まとめ:インフルエンザの予防接種とお風呂のまとめ

以上、本文で述べましたインフルエンザの予防接種の際のお風呂入浴のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザの予防接種を受けた日のお風呂に関しては、自宅で清潔なお湯で入浴されることがポイントです。公衆浴場や追い焚きのお風呂は避ける方が良いということができます
  • 清潔なお湯のお風呂でも、インフルエンザの予防接種後1時間程度は入浴は控えることが良いということができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment