お風呂での風水をモノにして良い運気を呼び込もう!

風水

風水といえば火の運気や水の運気、また方角などといった様々な要因が挙げられますが、お風呂は特に多くの要因が重なる大切な生活の場所と言えます。

自分のこれからのスタンスをどうしたいかで細かい風水術は違うところもありますが、まずは一般的に実践しやすいお風呂の風水を学んで、自分や家族の運気を上げたいものです。まずはその方法を学んでいくことにしましょう。

スポンサーリンク

お風呂の風水についてのHowToを知っておこう!

一口に風水といっても先述のとおり様々な観点があります。その中からまずは大きな視点を挙げてみましょう。

お風呂の方角についての風水術

風呂

家の間取りは風水において最も重要な観点のひとつに挙げられます。ごく一般的には吉とされる方角には玄関・リビング・寝室が挙げられ、キッチン・トイレ・バスなどの水回りは凶方位に配置されても良いと言われています。
お風呂に関して良い方角を見ると東・東南が風通しが良いとされていますが、別の方角に位置していたとしてもアイテムや色使いで改善することが可能です。
お風呂の方角別に吉とされる色を見ていきましょう。


方角的に水の気が溜まりやすい北ですが、「緑」のものを配置することで水の気を吸い取ってくれる木の気が良いとされています。窓際に観葉植物などを置くといいでしょう。


南は火の気とされてますが、お風呂の水の気に負けてしまい物事に取り組む熱意などが減少されてしまうとされています。北同様「緑」のものを配置することで、水の気を吸収して火の気を充実してあげましょう。


東は木の気とされていて、お風呂の水の気とは相性が抜群です。「緑」のものを配置するほか、木製のもので木の気を更にサポートするといいでしょう。

西
西は金の気の方角ですが、水の気が金運を分散してしまうため家計に影響を与える傾向にあります。「赤・金」のものを配置することで運気を改善できますので、赤や金色の小物を使うなどするといいでしょう。

北東
思っても見ない変化を起こしやすい土の気の方角が北東です。お風呂の水の気を助ける金の気を使うとよいでしょう。西と同じく「赤・金」のほか、「白・金・銀」のアイテムを使うとより効果的です。

南東
南東は東に並んでお風呂との相性が良いとされる方角です。「緑」と合わせて活力を上げてくれる「橙」を加えるとなお良いでしょう。

北西
北西は西と同じく金の気の方角ですが、北とお風呂の両方の水の気の影響を受けてしまうためより強い金の気を必要とします。「白・銀」のものを組み合わせて配置して、運気を上げましょう。

南西
お風呂の水の気が南西の土の気の影響を受けると運気が濁り調和が崩れ病気になりやすいとされています。土の気から水の気を守り濁りを解消する「白・金・銀」のものを配置したり、盛り塩をすると良いでしょう。

お風呂の運気を司る三大風水要素

風水の観点からお風呂を見ると、三つの気が大きな運気を左右するとされています。では、その三つの気とは何なのか見ていきましょう。

水の気は財運を司る
昔から水のあるところには大きな文明が発達してきたこともあり、水の気は財運を呼び込むとされています。お風呂では水を多く使いますが、水の気のメリハリをはっきりさせることでより運気を高めることができます。
お風呂に入るときはミストを使うなどたっぷり水の気を充満させて、お風呂から出たらしっかりと換気をして乾燥させることで水の運気を上げることができます。

火の気は名誉運を司る
火の気の特徴は熱意や情熱を呼び込むとされています。狼煙を上げるなどの名声に関する運気とも言われています。ただ火の気はとても強く、水の気との調和が大切になってきますので使うときには小さな火が好まれますので、アロマキャンドルなどが最適です。ただしお風呂の方が南の場合は火のアイテムは避けましょう。

木の気は対人運を司る
木の気は人間関係や社会的信用を大きく左右する運気です。水を地面から吸い上げ空気中に酸素を生み出すことから、水の気を抑え火の気を助けるとされ、調和を意味しています。火の気を強めすぎてしまうと調和が乱れてしまいますので、水栽培の植物が良いとされていますので、枯れにくい観葉植物などがオススメです。

日常実践したい風水術のHowToを学ぼう

お風呂に関する風水についてある程度の知識を得たところで、日常的に風水術を実践して実際に運気をモノにしていきましょう。

日常の中で実践したい風水術

入浴するときはなるべく湯船に浸かる
つい面倒でシャワーで済ましてしまいがちな人も多いと思いますが、本当にお風呂の運気を上げて自分に良い影響を与えたいならやはりしっかりと湯船に浸かることです。お風呂の良い気を取り込むだけでなく、湯船に浸かることで陰の気を次の日に持ち越さない効果があります。

残り湯はすぐに払うか浄化して使う
お湯に浸かるということは体の汚れや厄の気を落とすということですから、入浴後のお湯は当然陰の気で充満していることになります。このお湯をいつまでも残さないようにして、すぐに払ってきれいにしておくか、もし次の日も使うのであれば塩を一摘み入れて陰の気を浄化するようにしましょう。

お風呂の鏡の位置は的確に
お風呂に限ったことではありませんが、合わせ鏡や扉・窓と向かい合わせることはタブーです。気の方向を変えたり、気の流れを促進させる働きがありますのでその扱いは丁重にすべきです。掃除の際はしっかりと乾燥させ、いつもピカピカにしておきたいものです。

掃除をこまめにすることで運気の循環を良くする
お風呂は一日の疲れや汚れを落とし、浄化してくれる作用があります。その汚れを残したままにすると当然運気も上がりません。こまめに掃除をして常にきれいにしておくことで運気の廻りが良くなります。
また、掃除をしやすくするためにお風呂にはなるべく余計なものは置かず、必要なものとラッキーアイテム程度にしておきましょう。掃除道具は脱衣場に専用の棚などを設置して収納すると良いでしょう。

しっかり換気をすることで運気の調和を良くする
偏った気はやがて淀みを産み、最後には濁ってしまいます。メリハリをつけることで運気も調和が取れ巡りやすくなるというものです。お風呂を使っていないときはしっかりと乾燥させることで、金運や健康運も上げることができます。

小物で更なる運気を上げる
石鹸やシャンプーにはオレンジなどの天然素材の柑橘系を使うと活力が上がるほか金運も上昇します。またプラスチック製品は火の気を持っていますので、水の気が強い方角であれば構いませんが、それ以外の方角ではあまりよくありません。できれば陶器製のものが好ましいです。またバラバラに大きなものを置くのではなく、コンパクトにひとまとめにしておくことで調和が取れ運気を上げることができます。

李家幽竹の開運風水2014 運がよくなるための、秘密のガイドブック!  (別冊家庭画報)
李家 幽竹
世界文化社 (2013-10-02)
売り上げランキング: 909

まとめ:お風呂の風水で運気を上げるポイント

  • それぞれの気の特徴を理解する
  • 方角やアイテムで気の調和を取る
  • 使わないときはしっかり換気をして乾燥させる
  • いつも清潔にして余分なものを置かない

これらのコツを元に風水術をモノにして、十分にお風呂を楽しんで運気をあげましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment