お風呂で使えるホットチャージ風パックを自作しちゃう2つの方法

風呂

お風呂で簡単にパックを温めて、開いた毛穴に美容液を十分にしみこませるという小林製薬の「ホットチャージ」。美容に関心のある人なら興味を持ったこともあるのではないでしょうか?エステでもメニューにあるホットパックを自宅で手軽にできるというのがウリの商品ですが、この方法なら自分でもできるんじゃないかなぁと一度は考えたことがあるかもしれません。もちろん、ホットチャージを購入して利用した方が効果は確実ですが、お財布事情があったり、今すぐホットパックしたい!という人のために、自宅で簡単にできるホットチャージ風ホットパックの作り方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

お風呂で使えるホットチャージの効果とは

風呂

女性にとってお風呂タイムは美容のために活用できる楽しい場所ですよね。ホットチャージは入浴タイムに手軽にできるパックなので本当に便利です。お風呂では、その温かさと蒸気で毛穴が開くというのが美容のポイントになります。毛穴が開くことで、デトックス効果もありますし、同時に美容成分を毛穴からしみ込ませることもできるわけです。お風呂のお湯で洗顔をするだけで、老廃物が落ちていきます。お肌をツヤツヤにするために大切なのは、老廃物が落ちた後の肌のケアです!汚れが落ちた綺麗な状態のお肌に、どんなケアを行うかで大きく差が出てしまいます。

「お風呂でホットチャージ」の特徴

小林製薬の「お風呂でホットチャージ」は美容液入りパックを湯船につけることで、パックそのものを温めることができる新発想のもの。塗ると温まるパックなどはこれまでもありましたが、顔に乗せるだけの簡単なタイプを温めることができるのは洗い流す手間もなく、後処理が簡単なので本当に便利です。パックに温かさを保つとろみ液が入っており、パックが温かいので毛穴が開きやすくなります。同時に美容液も浸透しやすくなるので、美容液成分の浸透が高いというわけです。ヒアルロン酸などが入っているので保湿効果は抜群ですね。しかも、化粧水や美容液代わりにもなるので、お風呂から上がった後でも何もつけなくてもOKという手軽さです。

お風呂でホットチャージを自分で作ってみよう!

お風呂でホットチャージは小林製薬さんの商品ですので、この方法で効果が一番高いのはもちろん、このホットチャージを使用することです。とはいえ、この顔に乗せるタイプのシートパックはすでに持っているよ、といるかもしれません。だったら、このシートパックを温められないのかな…と考えてしまいませんか?

ライター自身が行った普通のシートパックを温めてホットチャージ風に使う方法をご紹介します。

お風呂で市販のシートパックを温めるには

お風呂でホットチャージのいいところは、パックをお風呂につけておくための工夫が沢山されているところです。当然、その仕様がない普通のシートパックでは湯船に沈めておくことが難しいのです。

まず、シートパックでも湯船につけることができるのは外袋がアルミタイプのものがいいようです。普通のプラスチックビニール系は、お風呂につけている間に美容液が染み出すことがあるので要注意!

ホットチャージの場合は、パックの外装にお風呂の栓にひっかけることができる切り込みがついています。これが便利なんですよね。湯船に浮かせるだけでも、もちろん使えるのですが、温まり具合が変わってくるのでできたら沈めた方がいいような気がします。

シートパックの外装がアルミパックのものを選び、上か下かにちょっとだけ切り込みを入れてひっかけ部分を作れば沈めることができますよ。

あとは、パックによってどれくらいの時間をつけておくかが変わってきます。コンビニなどで市販されている1枚入りのパックであれば3~5分程度でも十分温まりました。

後の使用方法は同じです。温まったパックを取り出して使用するだけです。お風呂に入ったままでもいいですし、お風呂上りに使用してもいいと思います。ぽかぽかして気持ちがいいですよ。

ホットタオルにシートパックを包んでみる

お風呂でホットチャージは、温めることを前提に作られているので美容液成分とかも考えられていると思います。自己判断で手持ちのパックを温める場合、美容成分が劣化したりしないのかな?と気になってしまいます。温まったパックは確かに気持ちがいいのですが、シートから液だれしやすくなります。冷たく冷やすと液だれしにくいので、ホットチャージ風に向いているパックと、そうではないものがあるのではないかと思います。

自分でホットチャージ風のパックを作る時に難点なのが、複数枚入りのシートパックを温めたい時です。安いシートパックは何十枚も入っていますから、これを毎回全部温めるなんてありえませんよね。1枚ずつ何かに入れてお風呂に入れるしかありません。ジップロックを使って試してみましたが、しっかり締めていないとお風呂のお湯が入ってドロドロになります…。熱いお湯でタオルを絞り、この間にジップロック入りのシートパックを入れるだけでも、それなりに温まりましたのでこの方法が無難かもしれません。

お風呂でホットチャージ 目もと用 4枚
小林製薬 (2012-09-21)
売り上げランキング: 50,810

まとめ

お風呂でホットチャージは、毛穴を開いたまま利用できるという利点があります。対応していないシートパックを使用する時の効果は、実際のところはっきりしていません。お風呂でホットチャージが自分に合っているなと思う人は、やっぱり製品を使用するのが一番かもしれませんね。温めるパックでシートタイプは本当に便利ですし、保湿効果も高いように感じます。ぜひ一度使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment