お風呂の排水溝は細菌繁殖で衛生悪化も!だれでもできる排水溝掃除のコツ

ブラシ

お風呂掃除のなかでも、特に排水溝は汚れが目立つ部分ですよね。
お風呂の水をすべて流すところで乾燥する時期がなく、汚れがたまっていく一方です。排水溝掃除についてはみなさんいろいろな工夫をされていると思いますが、どこから手をつけていいのかわからない、という方、あるいは効果的な掃除方法をとっていない方も少なくないのではないでしょうか。

お風呂の排水溝は、様々な汚れが集積し、それはひとつの掃除方法だけではすべて解消できない可能性があります。お風呂の排水溝掃除を怠ると、そこから細菌が繁殖してしまい浴室の衛生環境悪化などを招くこともあります。

この記事では、お風呂の排水溝をキレイにして除菌もする方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

一種類ではないお風呂の排水溝の汚れ

排水

お風呂の排水溝は一種類ではない様々な汚れが付着しています。同時に、そこで使える洗剤は排水溝の素材によっても違うのですが、現在の洗剤ではそれほど大きな問題にはならないでしょう。なお、塩素系洗剤と酸系洗剤を混ぜての利用はくれぐれもおやめください。

お風呂の汚れは以下のようなものがあります。

  • 酵母(ロドトルラ)
  • 石鹸カス(金属、カルシウム、マグネシウム)
  • クロカビ、アカカビ
  • 髪の毛、綿埃など

これらをいかに効率よく掃除するのかが排水溝掃除の基礎になります。
もうひとつ重要なのは、こうした汚れの上に存在する細菌の除菌と殺菌が必要だということです。近年では除菌作用がある洗剤も多数発売されていますし、汚れを落とすことで細菌数事態は劇的に減るとはいえ、放置しておけば感染症などを引き起こす原因になりかねません。

見えない場所の「汚れ」

排水溝はさらに奥にある「排水槽」につながっています。排水槽の掃除はご家庭では難しく、長期の耐久性があるため専門家に任せたほうが良いでしょう。

むしろ、排水溝においては内部の汚れがあり、見える範囲だけではない部分にも汚れがあることが重要です。こうした汚れをとるためには、殺菌成分がある排水溝掃除用の酵素などを投入するのが良いでしょう。市販品も多数ありますので、一年に一度は排水溝の見えない場所までキレイにしてください。

排水溝掃除の方法とポイント

それでは、お風呂の排水溝を掃除していきましょう。市販の洗剤では、ハイターやブリーチがあります。水ではなくお湯で割って利用するとよいでしょうね。アルカリ性の洗剤をゴム手袋をして利用するのが良いと言われています。

洗剤を使わない場合はまず「重曹」を使いましょう。それから「クエン酸スプレー」をかけると効果的です。クエン酸がない場合はお酢をスプレーするのでも十分です。

すのこを洗う

まずは、排水溝を覆うすのこを洗います。ヘアキャッチャーなどを付けたままでも構いませんので、洗剤をたっぷりかけます。重曹を使う場合には、重曹をかけた上から、液体石鹸を付けた古歯ブラシなどでしっかり擦りましょう。

クエン酸スプレーを使う

重曹の上からクエン酸をスプレーすると、化学反応で発泡します。クエン酸には除菌作用があり、非常に効果的な掃除効果を発揮してくれますし、様々な汚れを分解することができます。

市販の洗剤と違ってたっぷり使えるのも嬉しいところです。洗剤はたっぷり使うことで効果を増やすことができます(あまり多すぎても意味はないのですが)。

排水溝の掃除をする

すのこを洗ったら排水溝の掃除をします。洗剤をふりかけたら十分ほど放置します。洗剤を使わない場合には、重曹をふりかけて、其の上からクエン酸スプレーをしましょう。泡とアルカリで汚れをゆるめていきます。

その上からゴシゴシと液体石鹸をつけた古歯ブラシで洗っていきましょう。それでも落ちないしつこい汚れがある場合には「紙やすり」がオススメです。非常に目の細かい紙やすりは汚れを落としながらも、研磨材の間に洗剤成分を含むことができるため、掃除の強い見方になります。ただし、使いすぎると摩耗させてしまうので、紙やすりを使う時には注意しましょう。

すすぐ

最後に、重曹、クエン酸、液体石鹸を残さないようにタップリとぬるま湯をシャワーでかけて、よくよく洗い流してください。
この時に、ゴミ受け網(ヘアキャッチャー)も丁寧に洗います。ヘアキャッチャーはこの時に交換してしまうのも手ですね。ヘアキャッチャーはやわらかい素材で作られている溜め、カビなどが生えやすいので注意が必要です。

パックス重曹F 2kg
パックス重曹F 2kg
posted with amazlet at 14.01.10
太陽油脂
売り上げランキング: 158

まとめ:洗剤のちからを借りて丁寧に洗う

以上のように排水溝を洗います。

その時には「洗剤のちからを借りて、除菌しながら作業する」ことに気をつけるのがよいでしょう。洗剤は市販のものでもよいのですが、ない場合には「クエン酸と重曹と液体石鹸」を使うことでも代用が可能です。

くれぐれも洗剤を混ぜて利用したりしないよう注意が必要です。また、洗剤を洗い流す時もぬるま湯で徹底的に洗い流してください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment