お風呂場の排水溝から水が溢れてきた時の対策

お風呂

皆さんはお風呂の排水溝から水が溢れてきた時はありますか?私は、随分前でしたが、ありました。浴槽の残り湯を排出した時に、水が溢れ、お風呂の床が、水浸しになりました。

浴槽の掃除は毎日していたのですが、排水口の掃除は頻繁にしていなかったのです。

問題が生じた場合の対応策は、髪の毛などのつまりを取り除くことかと思います。しかし、毎回詰まるまで放置しておくのも衛生的に問題がありますので、今日は排水溝から水が溢れないようにするための対策についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

水が溢れる原因

物のつまりによるもの

排水口のつまりは、排水パイプ、トラップ、ヘアキャッチャーに、次のようなものが詰まったことが原因です。

・固形物 入浴剤の袋、詰め替え用パックの切れ端など
・髪の毛  
・石けんのカス
・皮脂や整髪料などの油分

排水と一緒に流れた油分や皮脂が付着し、その汚れにカビや酵母が繁殖し、さらに汚れがつきやすい状態になります。そして、さらに髪の毛、油分、皮脂、石けんカスが引っかかり、大きな塊になってしまうのです。

皮脂や油分のようなものが、積もり積もってつまりの原因になるとは驚きでした。

排水の勢いが強すぎる

これは、風呂場の排水口に直接シャワーをして、水位が減っていくようであれば、排水の時の勢いが強いのが原因だと考えられます。

次は具体的な対策についてです。

水が溢れた時の対策法

まず、物が詰まっているなら、取り除けるものは、取り除いて下さい。

ヘアキャッチャーの掃除

髪の毛などの除去は毎日やるようにすることが大切です。ヘアキャッチャーに絡まった髪の毛などのゴミを、歯ブラシで掻き出すようにしてとります。

洗剤を使って、ヘヤキャッチャーをこするとさらに効果的です。

排水口の掃除

お風呂の足洗い
簡単な方法をご紹介します。

・重曹1/2カップをふりかけ、同量かそれより少なめの酢(クエン酸)を加え、発砲させ、30分以上置きます。その後お湯で流します。

水よりお湯のほうが、皮脂や油分が落ちやすいですが、熱湯は排水口を傷つける可能性があるので、40~50℃のお湯にして下さい。

・私は歯ブラシに洗剤をつけて排水口の掃除をしていますが、割り箸4本位を輪ゴムで束ね、排水口に入れて回すのも効果的だと思います。

・我が家の風呂場に排水筒はないのですが、排水筒がある家では、排水筒を取り外して、掃除をすると、一層効果があがります。

排水筒の取り外し方

hess1104排水口の図
排水筒を反時計回りに回し、持ち上げると、取り外せます。ゴム手袋をつけて、両手で回すと外しやすいです。外側の縁の部分は、回さないで下さい。

また、排水口を掃除するための道具もたくさんあるので、家に一つ、専用のブラシなどあると良いですよね。

パイプ洗浄剤の使用

上の方法でも排水口のつまりを解消できない場合、パイプ洗浄剤を使ってみましょう。

スーパーでもよく見かけますよね。我が家でもパイプクリーナーを使っていました。パイプ洗浄剤も固体、液体、市販品、業務用といろいろあります。

初めて使う時は、液体のパイプ洗浄剤をおすすめします。粉末だと、使用時に口や鼻に飛ぶ可能性もあるからです。今では、錠剤タイプも出回っているので、用途によっては使ってみるのもおすすめです。粉末でも液体でも、洗浄剤が高濃度の業務用はもちろん、市販品でも、過炭酸ナトリウムなど消防法上注意が必要なものも含まれておる場合があります。使用する時は、ゴム手袋をし、マスクを着用するようにして下さい。

液体パイプクリーナーの使い方

一般的な、液体のパイプクリーナーの使い方です。
① パイプクリーナーを排水口に注ぎ、30分位放置します。
この時、長時間放置しすぎると、取れた汚れがかたまり、
それがつまりの原因になってしまうかもしれません。

② 充分に水を流します。
この時一気に水を流したほうが、水圧がかかって汚れを流してくれます。流す水は、熱湯は避けてください。熱湯を流すと、有害物質が発生するおそれがあります。

それでも解消されない場合は、洗浄剤を繰り返し使用してみましょう。

洗浄剤を何回か使っても効果がない、あるいは洗浄剤を使うのに抵抗があるという方は、真空式パイプクリーナーを使ってみてはどうでしょうか?方法は詰まっている所に押し込むだけです。なかには、トイレの詰まりを直す、ラバーカップで風呂場の排水口のつまりを解消したという方もいます。

排水の勢いを弱める方法

図のような金具がホームセンターに売っているので、サイズに気をつけて、購入し、排水時に浴槽の栓にかぶせてあげればOKです。

まとめ

マンションの場合は、業者さんが半年に一回位、台所、洗面所、風呂場の排水管を高圧洗浄してくれることもありますが、日頃から自分でも排水溝の汚れを取り除き、快適なお風呂ライフをたのしみましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment