お風呂の排水溝はどうして詰まるの?抜けた髪の毛は排水溝最大の敵!

髪の毛

お風呂の排水溝、あれ、なんだか水の流れが悪いぞ……。と思っていると、案の定詰まってしまっていたりしますよね。

お風呂の排水溝の詰まりの原因は様々にありますが、その最大の要因は「抜け毛」です。髪の長い方がおられるお家だと、なおさら抜け毛は詰まりの原因になってしまいますよね。そうでなくとも排水溝の髪の毛って気になりますよね。掃除もしにくいし、何だかいい方法はないかなぁと。

最近の排水溝では、髪の毛を選別するような蓋の構造を持っていたりしますが、多くのお宅ではまだまだ排水溝の髪の毛に悩まされていることが多いようです。ここでは髪の毛退治のテクニックやグッズをいろいろとご紹介いたします。

スポンサーリンク

抜け毛を溜めてしまう排水溝の仕組み

お風呂の脱衣所

お風呂の排水溝は、溢れ出るお湯を吸収するための口径が大きなものが使われています。最近では平型の排水溝もありますし、ホテルの大きなお風呂なども平型ですよね。

こうした排水溝はトップの蓋のほかに、内蓋も作ることで髪の毛や石鹸カスなど、大きなゴミが直接排水溝に流れないように工夫しています。しかし、蓋はお風呂で使う以上平らな形のものでなくてはならないため、浄化作用や除去効果はほとんど期待できません。

排水溝は、内部で大きくうねっており、排水管内に水たまりが存在しています。この水たまり上部に髪の毛がたまり、下のほうに石鹸カスなどの大きめのゴミがたまることで、水の流れがせき止められ、排水溝のつまりの原因になるのです。

また、ユニットバスなどでは排水が逆流してくることがあります。
この細かいしくみについては「ユニットバスのお風呂のお湯を流したら排水口から排水が逆流してくる理由・仕組み」を御覧ください。排水溝といっても様々な仕組みがあるのです。

髪の毛対策

それではここから排水溝に貯まる髪の毛の対策をねりましょう。大きくは2つの方法があります。まず「排水溝の入り口で髪の毛をキャッチする」ことです。これはとても効果的ではありますが、既に排水管に入ってしまった分については目をつぶるしかありません。

また、すべての髪の毛を捕まえることができるわけでもありません。

もうひとつの方法が、排水溝の内部の髪の毛を溶かしてしまうことです。これも排水溝洗浄剤のあるタイプのものにはこれがあり、定期的な清掃の一つに加えてもよいのではないかと思われます。

排水溝の髪の毛をキャッチするお風呂グッズ

排水溝に流れる髪の毛をキャッチするお風呂グッズとしては、ネットでも高い評価を受けるウエルスジャパンの「髪の毛くるくるポイ
があります。排水溝のタイプによっては使えない場合がありますが、内蓋と外蓋の間にセチするタイプのものです。水流の力で髪の毛を中心の穴にキャッチしていくものでとても便利です。

普通のスポンジやネットなどを使う方もいますが、排水溝に落ちてしまって逆に目詰りの原因になったりするのでオススメしません。

「髪の毛くるくるポイ」が使えない場合には「髪の毛とんとんポイ」という目蓋に貼り付けるタイプの製品もあります。

これらの製品では髪の毛を排水溝に入る前にキャッチするというコンセプトで作られており、水は外へ流し、髪の毛や細かいゴミは弁別することができます。定期的な掃除が必要で、そのままにしておくとたまったゴミで排水溝に水が流れなくなってしまいますが、二週間に一度程度、お風呂に入るときにビニール袋をもってくれば問題ありません。

排水溝内の髪の毛をとかしてくれるアイテム

ジョンソンの「パイプフィニッシュ」は、強力なジェル状のパイプ洗浄剤です。用途や配管に合わせて様々な種類があります、錠剤や粉末タイプのものもあります。
 
浴室の排水溝の洗浄をする分には通常のタイプのパイプフィニッシュで十分だと思います。。「髪の毛も溶かす」という表記があるものを選びましょう。」

パイプフィニッシュの使い方は簡単です。まずは換気をしっかりして窓をあけ換気扇を回しましょう。パイプフィニッシュのキャップの5目盛り分までを排水溝にそのままながしこんで、25分ほど待ちます。浴室で待たずに外で時間をはかりましょう。長時間の放置、30分以上放置しないように注意です。

最後に洗面器2杯分の水を「一気にしっかり」流し込みましょう。お湯をいれてはいけません。必ず水を使いましょう。半年に一度程度、パイプフィニッシュを使うことが推奨されています。

髪の毛に注意して排水溝の洗浄を

お風呂で抜け毛があるのは自然なことですから心配は無用です。ただ、それが排水溝の詰まりの原因になってしまうこともよくあります。

対策は簡単です。排水溝の入り口に「髪の毛くるくるポイ」を設置するのもよいでしょうし、長期間排水溝を掃除してないなと思うのであれば「パイプフィニッシュ」を使うのもよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment