お風呂の入り方のポイント。効果的かつ健康に配慮して入る

温泉カップル

お風呂はその効能を高めつつ、健康に配慮して入られることが大切です。お風呂には体の新陳代謝を高めたり、体の疲れをほぐすなどの効能を期待することができます。そしてお風呂の高い効能を得るためには、お風呂の温度や時間などの入り方に注意することが大切です。また、お風呂の入り方として、健康に配慮されることも重要です。特に高血圧の方などは、お風呂の効能だけではなく健康に十分に注意した入り方をされることが大切です。

スポンサーリンク

お風呂の効能と入り方

お風呂

お風呂は単に体の汚れを落とすだけではなく、様々な効能があります。お風呂の効能としては、まず、血行をよくして疲れを取るという効能があります。お風呂に入ると血管が拡張して血流がよくなり、新陳代謝が促進されます。また血の巡りがよくなるので、内蔵の働きがよくなり消化を促進します。

また、お風呂では水圧・浮力の影響から体が軽くなり、これに伴い筋肉や関節がやわらぎます。その結果、体の疲れが取れることにつながります。さらに、リラックスをつかさどる副交感神経の働きが優位になることで気持ちも安らぐことになります。
このようにお風呂には様々な効能があります。

お風呂の効能はその入り方によって大きく変わります。いわゆる「カラスの行水」では、様々なお風呂の効能を十分に得ることができず、もったいないという面があります。
効果的なお風呂の入り方としては、どのような点に注意することがポイントとなるのでしょうか。

効果的なお風呂の入り方のポイント

前述したようなお風呂の効能を効果的に得るためには、以下のような点に配慮してお風呂に入られることがポイントです。まず、お風呂に入る場合、その熱さは42度くらいに設定することがおすすめです。あまりぬるいお風呂では、交感神経があまり活性化せず、前述のような血行良化による新陳代謝の効果を得ることができません。お風呂の入り方としては、温度は42度程度がおすすめできます。

入り方の時間としては、10分くらいの時間をお湯に浸かる時間にあてることが効果的です。42度というと少しぬるいと感じられる方もおられるかもしれませんが、10分間、42度のお風呂に入ることは意外と汗をかくものです。

そのため、お風呂の効果的な入り方としては42度程度のお湯に10分間浸かるという入り方をおすすめできます。

もちろん、時間に余裕がある場合にはなお長時間お風呂に入るという入り方でも基本的にはかまいません。ただ、のぼせてしまったり、高血圧の方の場合には血圧に悪影響を及ぼすおそれがある点にはご注意ください。

基本的には42度のお風呂に10分間浸かるという入り方によって新陳代謝・疲労の回復などの効果を得ることが期待できます

健康に配慮したお風呂の入り方のポイント

上述しましたように、新陳代謝の促進や疲れの回復などを期待したお風呂の入り方のポイントは42度のお風呂に10分程度浸かるということがおすすめできます。

ただ、一方でお風呂の入り方として健康にも拝領することが必要となります。つまり、高血圧・低血圧・飲酒後などの場合には、お風呂の入り方によってはかえって健康を害してしまうこともありえます。

お風呂の入り方としては健康に配慮した入り方をされることも重要です。197
例えば高血圧の方の場合には、具体的には以下のようにしてお風呂の入り方に注意されることが大切です。

高血圧の方の場合のお風呂の入り方のポイント

高血圧の方は特にお風呂の入り方に注意されることが必要です。高血圧の方の場合にはお風呂内と外気の温度差が激しいと血圧を著しく上げることとなってしまい、健康に著しく悪い影響を及ぼすことがありえます。

高血圧の方の場合、特に冬場を中心として、お風呂と脱衣所のあいだであまり温度が変わらないように配慮したお風呂の入り方をされる必要があります。具体的には、脱衣所にヒーターを設置しておくことを強くおすすめすることができます。

ヒーターを脱衣所においておくことでお風呂からでられた際に急激な温度差によって血圧が上昇してしまうことを避けることができます。また、お風呂に入られるときはご家族などにひと声をかけてからお風呂に入る癖をつけておくことで万が一の際に発見が早く、大事に至らないことが期待できます。

高血圧以外の方でも、例えば狭心症・心筋梗塞など循環器系の疾患をお持ちの方の場合、入浴は心臓に悪影響を与えないように胸下までとされる入り方がおすすめです。

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000
posted with amazlet at 13.12.21
パアグ
売り上げランキング: 936

まとめ:お風呂の入り方は効果的かつ健康に配慮して

以上、本文で述べましたお風呂の入り方のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • お風呂には新陳代謝を高めたり、筋肉をリラックスさせて疲れを取るなどの効果がありますが、より良い効果を得るためには入り方に注意することが大切です
  • お風呂の効果的な入り方としては、42度程度の熱さのお湯に10分程度浸かるということがおすすめできます。
  • お風呂の入り方としては健康に配慮されることも大切です。例えば、高血圧の方の場合には、お風呂と脱衣所の温度差があまりないように配慮してお風呂に入るという入り方がとても大切です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment