ぎっくり腰の時にお風呂に入るのは実は怖いって本当なの?

風呂桶

お風呂というとゆっくり温まってリラックスできるというイメージがあります。疲れた時にはじっくりと湯船に浸かったり温泉に入ってその疲れを解放させて、体調を回復したり温まったり日本人ならではのお風呂の楽しみというものがあります。

では、ぎっくり腰の時はどうなのでしょうか?腰痛やぎっくり腰の時はお風呂は一体どうしたらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

ぎっくり腰の時はお風呂は禁物!

腰をマッサージする男

一般的にぎっくり腰になってしまったり腰痛がひどい時にはお風呂は良くないと言われますが、何故そのように言われているのかを探ってみましょう。

お風呂に入る動作はぎっくり腰にとって大きな負担になる

そもそもぎっくり腰の時にお風呂に入るという行為は大変負担になります。基本的に安静にしていなければなりませんので、お風呂に入るというのはその真逆の行為となります。
ぎっくり腰になった体を動かすということは患部に大きな負担をかけてしまうということが、お風呂は禁物だと言われる一番の理由の一つです。

ぎっくり腰を温めると悪化する

一口にぎっくり腰といってもその症状によって動けたり動けなかったりしてそもそもお風呂に入ることさえできない場合もありますが、ぎっくり腰になったときは安静にして冷やすことが重要とされています。通常はアイシングを行い幹部を冷やして徐々に治すというのが基本です。
動かすことと同様に温めるということはアイシングの真逆の行為になりますので、これもお風呂は禁物だと言われる理由の一つとしてあげられます。

血行が良くなるとぎっくり腰が長引く

お風呂に入ると血行が良くなって楽になるというイメージがありますが、実は全く逆です。ぎっくり腰になっているときは炎症を起こしていますので、血行が良くなると炎症を助長してしまいます。アイシングを行って冷やすのも炎症をなるべく早く抑制するための処置です。
マッサージやお酒も血行が良くなる原因ですので、ぎっくり腰の時は厳禁です。

ぎっくり腰を温めてしまうと慢性化しやすい

ぎっくり腰を引き起こしているときは炎症が出ている時ですが、この炎症を温めてしまうと完治したあとでも再発しやすくなってしまいます。きちんと処置をして再発しないように心がけることが大切です。
慢性化してしまうと些細なことが原因で再発してしまいますので、きちんと治療を済ませておくことが肝心です。

どうしてもぎっくり腰の時にお風呂に入りたい時はどうすればいいの?

ぎっくり腰の時でも、どうしてもお風呂に入っておきたい時がある場合があったとしたら、一体どのようにすれば良いのでしょうか?ここでは応急的にお風呂に入りたい人へのアドバイスを紹介します。

お風呂に入らなくてもいい方法を取る

家族や介護してくれる人がいる環境であるならば、お風呂に入らずとも体をタオルで拭いたりしてもらうようにしましょう。この時、熱い蒸しタオルを使わずに冷水で濡らして絞ったタオルで服用にして温めないようにしましょう。冷水を絞ったタオルで幹部を優しく拭くとアイシングの効果もありますのでいいでしょう。
また、自分でやるしか方法がない場合は決して無理をせず安静にして体を拭くことはあきらめましょう。動かしても良いようになるまでは焦らず我慢して治療に専念するのが賢明です。

お風呂に入るとしても入浴はしない

そもそも温めるのがいけませんので、湯船に浸かるのはやめておきましょう。シャワーも熱いシャワーで汗や体の汚れをすっきり洗い流したいところですが、そこはグッと我慢してなるべくぬるいお湯で体を流しましょう。

長時間シャワーを浴びない

たとえぬるいお湯でも長時間シャワーを浴びていることは腰に大きな負担がかかってきてしまいます。なるべく速やかに入浴を済まして出ることを心がけましょう。

ちゃんとしたお風呂はストレッチができるようになってから

ぎっくり腰になって数日安静にしてアイシングしていると徐々に動けるようになります。医者からストレッチをしても良いと言われたら浴槽に入ってもいい時期と言えますが、決して温めすぎないように心がけましょう。あまり温めてしまうと症状が逆戻りしてしまう場合があるからです。

入浴で痛みが出てしまった時はすかさず冷やす

痛みが引いてきてシャワーを浴びた程度でも再び痛みが出てきてしまう場合がありますが、そのような時はすかさず冷やすようにしましょう。

氷水の入った水枕やビニール袋を痛みのある場所に当ててアイシングします。10分間隔ぐらいで当てたり外したりを繰り返すうちに痛みがなくなってくるまで続けます。寝る際に痛みが気になる場合には、湿布を貼ってアイシングすると効果的です。

まとめ:ぎっくり腰にお風呂はよくない理由と対処

ぎっくり腰の時にお風呂に入ってはいけないとされる理由とどうしてもお風呂に入りたい時の対処法を見てきましたが、その中で大切なポイントをまとめてみました。

  • 温めると悪化したり慢性化しやすい
  • なるべく入浴は避け、必要があるなら冷水を絞ったタオルで拭く
  • 入浴はストレッチができるようになってから
  • 入浴で痛みが再発したらアイシングする
  • きちんと完治させて再発を防ぐ

これらのポイントを守って、たとえぎっくり腰になってしまってもなるべく早く治して、健康で楽しい毎日を過ごせる様に心がけましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment